By ゆき / 最後の更新 2020年08月04日

ネットワーク越しにサイズの大きいファイルをコピーしたい

  • ※事例:私は、いくつかの大きな動画ファイルをWindows 7の64ビット版から、LEDテレビに接続された別のコンピュータへ移動したいです。この2つのマシンはLANの同一セグメント内にあります。適切な外部ストレージがないため、手動でファイルの移動を完成できません。ネットワーク越しにファイルを移動できますが、その速度が本当に遅いです。何かより良い方法はありませんか?

「画像解像度は高い方が美しい」「収録時間が長い方がいい」といった原因により、写真やビデオファイルのサイズはますます大きくなります。今の時代、サイズの大きいファイルを1つの場所から別の場所へ移行することはよくあります。

ネットワーク技術の発展に伴い、各デバイスを接続することはより簡単になります。上述したように、私たちの日常生活ではネットワークでサイズの大きいファイルをあるPCから別のPCへ移行することは珍しくありません。とは言っても、ネットワーク越しにサイズの大きいファイルをコピーする時、色々な問題が発生することについて文句を言うユーザーも少なくありません。

ネットワーク越しにファイルをコピーする時の問題

ネットワーク経由でサイズの大きなファイルをコピーする時に最もよく発生する2つの問題は、操作失敗速度低下です。一般的に、これらの問題を起こす原因は以下のとおりです。

●インターネット接続が不良です。これはネットワーク越しにサイズの大きなファイルをコピーする時の速度低下の一番の原因になります。

●4GB以上の大きなファイルをコピーできないかもしれません。FAT32ファイルシステムでフォーマットされたパーティションには、1ファイルの容量は最大4GBまでという制限があります。そのため、保存場所(コピー先)がFAT32の形式である場合、「コピーできませんでした」が表示されるかもしれません。ターゲットストレージをFAT32からexFAT、もしくはNTFSへフォーマットする事によりこの問題を解決することをお勧めします。

FAT32からNTFSへ変換する方法!トップ3位!

●ファイルが既に占有されているか、または破損しています。壊れたファイルはWindows転送ツールによって認識されていません。そのため、コピー処理が途中で止まり、進まないことになります。

●ファイルの競合があります。バージョンの異なるファイルまたは複数のフォルダを1つのファイルやフォルダにコピーする時、この競合エラーが発生します。

もちろん、ネットワーク越しにファイルをコピーする時に他の問題とそれに対する原因が多くありますが、ここにいちいち書くのもめんどくさいので、主な問題と原因だけを述べました。

さて、次はネットワーク経由でサイズの大きいファイルをコピーするよりいい方法についてご紹介しましょう。

ネットワーク経由でサイズの大きいファイルをコピーする方法

このタスクを簡単に実行するために、AOMEI Backupper Standardを使うことができます。この強力なファイル同期ソフトは無料ですし、サイズの大きいファイルをネットワーク越しの共有フォルダと同期させてから、別のパソコンからこれらのファイルにアクセスできます。

こちらからダウンロード

手順 1. 共有フォルダを作成

コマンドプロンプトエクスプローラ、2つの方法でネットワーク上の共有フォルダを作成できます。

コマンドプロンプトで共有フォルダを作成するには、net share<共有名>=<ドライブ>:<ディレクトリ> /remark="<説明>"と入力してEnterキーを押します。※例えば、net share Teresa=c:\data\johndrv /remark="Teresa’s drive"と入力してEnterキーを押します。

エクスプローラで共有フォルダを作成するには、

  • まずエクスプローラを起動し、共有したいフォルダを右クリックし、メニューの中から「アクセスを許可する(または共有)」⇒「特定のユーザー」を選択します。

  • そして、ネットワークアクセスが開き、共有する相手を選択します。誰でも見れるようにするには「Evryone」を選んで「追加」ボタンをクリックします。(補足:特定の人だけにアクセスさせたい場合は、そのユーザーを選択して「追加」ボタンをクリックします。)

  • 次にアクセス許可のレベルを設定します。ここでは、ファイルを作ったり、変更したり、削除することもできる読み取り/書き込みを選択します。アクセス許可のレベルの設定が完了したら、「共有」ボタンをクリックします。(補足:読み取りは表示専用で、ファイルを作ったり、変更することはできません。)

  • 最後は、他のパソコンから共有できるかどうか確認してみましょう!エクスプローラから共有先のパソコンをクリックします。認証画面が起動します。ユーザー名とパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。共有フォルダにアクセスできたら、これで共有フォルダの作成が完了します。

手順 2. ファイルを共有フォルダと同期


コピーしたい大きなファイルがすべて共有フォルダに含まれている場合、別のデバイスからフォルダにアクセスし、ファイルを直接コピーすることができます。さもないと、以下の手順に従って対象ファイルを共有フォルダに移動してから再試行してください。

  • 1. Windows 7、8、10のコンピュータでAOMEI Backupper Standardを無料ダウンロードし、インストールし、起動します。

  • 2. 「同期」タブ⇒「ベーシック同期」をクリックします。※必要に応じて「ミラー同期」または「リアルタイム同期」を選択することも可能です。同期

  • 3. 「フォルダを追加」をクリックし、コピーしたい大きなファイルが入っているフォルダを選択します。フォルダを追加

  • 4. 「ネットワーク共有またはNASを選択」⇒「ネットワーク場所を追加」をクリックし、共有フォルダを作成したパソコンのネットワークIDを入力し、ネットワークパスを追加します(ユーザー名およびパスワードを入力する必要がある場合もある)。次にはこのネットワーク上の共有フォルダを選択し、「はい」をクリックします。Share/NASデバイスを追加

  • 5. 操作をプレビューし、問題なければ「開始」をクリックします。処理の完了を待っています。開始

ヒント:ファイルをリアルタイムで同期させたい場合、やフィルタオプションを設定したい場合、Professional版まはたそれ以上のバージョンにアップグレードしてください。

手順 3. 別のコンピュータからファイルにアクセス

前は「Evryone」を選択して共有フォルダへのアクセスを許可するので、同一LAN内にあるコンピュータはこの共有フォルダにアクセスできます。

Windowsキー + Rキーを同時に押し、実行ボックスを起動します。共有フォルダのパスを入力し、そしてサイズの大きなファイルをローカルディスクにコピーできます。また、ターゲットパーティションはNTFSファイルシステムでフォーマットされていることを確認してください。

結論

Windowsでネットワーク越しにサイズの大きいファイルをコピーできない場合、Windowsに内蔵されたツールの代わりにAOMEI Backupperを使用することができます。これはすべての種類のファイル同期に役立ちます。Windowsの保護や古いHDDのアップグレードに関するバックアップ&クローン機能を備えています。