By Comnena / 最後の更新 2021年07月29日

Windows10で自動バックアップをスケジュールする理由

Windows 10(ウィンドウズ テン)は、マイクロソフトが開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよび8インチ以上のタブレット用のオペレーティングシステム (OS) である。

ー出典:ウィキペディア

自動バックアップ windows10

Windows10は、比較的新しいWindowsシステムとして、広く使用されています。Windows10上の個人データは大切な資産の一つです。ほとんどのユーザーは、データバックアップの重要性を知っていますが、バックアップの習慣がないようです。データの損失を回避するために、Windows 10で自動バックアップをスケジュールすることをお勧めします。

一般に、Windows10の自動バックアップをスケジュールすることにはいくつかのメリットがあります。

継続的データ保護:Windows 10の自動バックアップは、効果的なバックアップイメージの作成に役立ちます。Windows 10を外付けHDDにバックアップすると、ハードドライブの障害、システムクラッシュ、ブルースクリーン、ウイルス感染、および他の災害が発生した場合に、すべての重要なデータを短時間で回復できます。
Windowsを簡単に復元:仕事上の理由またはシステムの停滞により、一部のユーザーはWindows10バックアップからファイルと設定を復元することがよくあります。バックアップをスケジュールすると、仕事がより便利になり、データがより安全になります。

つまり、さまざまな理由により、重要なデータをスケジュールバックアップしておくのは、なくてはならないこと・不可欠なことです。

Windows10で自動バックアップ(スケジュール)を設定

自動バックアップを作成する前に、バックアップ対象と保存場所を確認:
まずは定期的にバックアップするデータの種類を確認する必要があります。システム(OS)全体、個別のパーティション、個々のフォルダやファイル、アプリケーションやプログラム、或いは他の特定のデータ?
次はバックアップを保存する場所を確認する必要があります。NAS/共有フォルダ、外付けHDD、内蔵ハードディスク或いはクラウド?

バックアップ元とバックアップ先を確認した後、Windows10で自動バックアップをスケジュールすることができます。ここでは、USBメモリへのファイルバックアップを例とします。

方法1:ファイル履歴によってWindows10の自動バックアップを設定

ファイルバックアップの作成というと、Windows10に標準搭載されている「ファイル履歴」ツールは良い選択です。

手順 1. USBメモリのような外部ドライブをパソコンに接続した後、「コントロールパネル」から「ファイル履歴」を開きます。

手順 2. 左側の「ドライブの選択」をクリックして、バックアップファイルの保存先を指定します。

※外部ドライブのほか、ネットワーク上の場所も選択できます。

ファイル履歴

手順 3. バックアップ先の選択が終わったら「オンにする」ボタンをクリックしてファイル履歴を有効にします。

オンにする

手順 4. 「ファイル履歴はオンになっています」と表示され、初回のファイルバックアップが自動実施されます。バックアップが終了すると、「詳細設定」をクリックして、バックアップ頻度や保存期間などを設定することで、ファイルバックアップを自動取得することができます。

バックアップ開始

※例えば、「バージョン」項目の「ファイルのコピーを保存する頻度」でバックアップを取得する頻度を設定できます。1時間ごとがデフォルト設定ですが、ニーズに応じて10/15/20/30分ごと、3/6/12時間ごとなどに変更できます。同じく「バージョン」項目の「保存されたバージョンを保持する期間」でバックアップを保存しておく期間を設定できます。

詳細設定

手順 5. 設定を終えたら、「変更の保存」をクリックして「詳細設定」を終了します。

この方法はあまり難しくありませんが、いくつかの制限があります。

※例えば、
ライブラリ、デスクトップ、連絡先、お気に入り、OneDriveといったフォルダ内のファイルだけをコピーできるので、前もってバックアップしたいファイルをこれらのフォルダに追加しなければなりません。Windows10そのものやインストールしたアプリのバックアップは取れません。
バックアップファイルを圧縮できないので、多くのハードディスク空き容量が必要になります。
バックアップの頻度は「〜時間ごと」のみで、「毎日何時何分」といった指定はできません。
※ヒント:ファイル履歴の設定方法についてもっと詳しい情報はこちらへ

方法2:AOMEI Backupperで自動バックアップを設定

ファイル履歴と比べて、この方法はそれほど複雑ではありません。

AOMEI Backupper Standardが無料のバックアップソフトウェアとして、世界中の人々から愛され、信頼されます。

★AOMEI Backupper Standardのメリット
直感的にわかりやすいUI、本当に使いやすい!
操作も簡単でパソコン初心者でも気軽に楽しむことができる!
Windows10、Windows8.1/8、Windows7、XPなどに対応する!
ファイル/システム/パーティション/ディスクバックアップ、フル/増分バックアップ、自動バックアップを作成できる!
もっと見る »
無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、実行します。 「バックアップ」 タブでは、「ファイルバックアップ」 を選択します。 

ファイルバックアップ

手順 2. 次はバックアップタスクを設定します。バックアップ対象とバックアップの保存先を指定します。

※ヒント:ここではタスク名を変更できます。

バックアップ設定

手順 3. 「スケジュール」オプションをクリックしてWindows10での自動ファイルバックアップを設定します。

※ヒント:ここでは、デイリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを設定できますが、イベントトリガー/USB挿入/差分バックアップを実行したい場合、有料版にアップグレードしてください。

自動バックアップ

手順 4. すべての設定を終えたら、「開始」をクリックします。

※ヒント:初回のファイルバックアップが完了したら、ホーム画面に戻ります。バックアップ作成中に自動バックアップの設定を忘れてしまった場合は、「ホーム」でファイルバックアップを選択して「スケジュール」を設定することもできます。

ホーム画面に戻り

★ヒント:
どのバックアップタイプを選択しても、最初のコピーはフルバックアップであることに注意してください。
オプション:ここでタスクにコメントできます。Windows 10バックアップ暗号化(有料バージョンで利用可能)を実行することもできます。
Professional版以上にアップグレードして、異なるハードウェアに復元することもできます。

まとめ

Windows10で自動バックアップをスケジュールする方法は以上です。バックアップ中のエクスペリエンスが向上するため、最後の無料バックアップソフトウェアをお勧めします。さらに、機能はより便利で実用的です。このソフトウェアで起動可能なUSBドライブを作成して、Windowsを起動せずに操作を実行することができます。これは、Windows 10/8/7(OS)が起動しない状態からシステムを復元する方法でもあります。それを試してみてください。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。