By Akira / 最後の更新 2022年09月16日

起動可能なバックアップとは何ですか?

起動可能なバックアップは、Windowsのインストール、設定、アプリケーション、およびファイルを含むシステム全体のバックアップです。これは、ハードウェア障害、アップグレードの問題、ウイルス攻撃、およびシステムに損傷を与えてファイルを破損する可能性のあるその他の重大なエラーに対する最も効果的な修復方法です。

起動可能なバックアップを使用すると、コンピュータを以前の正常に動作できる時刻に戻り、起動可能になります。コンピュータが正常に起動できない重大な状況に遭遇した場合、起動可能なバックアップイメージから復元する前に、コンピュータを起動するための起動可能なドライブが必要になります。

Windows 11/10/8/7の起動可能なバックアップツール

Windows 11の起動可能なバックアップを作成するには、信頼性の高い起動可能なバックアップツールが不可欠です。ここでは2つの起動可能なバックアップツールを推奨します。

1. Windows 11の内蔵バックアップツール

Windows 10と同様に、Windows 11はWindows 7からバックアップと復元ユーティリティを継承しています。このユーティリティを使用すると、特定のファイルやフォルダをバックアップできます。また、起動可能なシステムバックアップを作成するのに役立つ「システムイメージの作成」機能も提供します。

2. Windows 11/10/8/7用の無料のバックアップソフトウェア

Windowsの内蔵ツールとは別に、最高の無料バックアップソフトウェアであるAOMEI Backupper Standardは、Windowsで起動可能なバックアップを作成するのにも役立ちます。主な機能は次のとおりです。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップの4つのバックアップタイプを提供します。システムバックアップとディスクバックアップの両方で、起動可能なバックアップを作成できます。
ローカルディスク、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、ネットワーク共有、NASデバイス、クラウドドライブなどのさまざまな場所へのバックアップをサポートします。起動可能なメディアの作成と回復環境の機能が組み込まれています。

Windows 11で起動可能なバックアップを作成する方法

次は、上記の起動可能なバックアップツールの使用方法を一つずつ説明します。

方法 1. 内蔵ツールで起動可能なバックアップを作成する

1. Winキー+Iキーを押して「設定」を開きます。

2. Windowsの設定で、「システム」>「ストレージ」をクリックします。

記憶域

3. ストレージ設定ページで、「ストレージの詳細設定」をクリックします。次に、「バックアップオプション」を選択します。

バックアップオプション

4. バックアップオプションの設定ページで、「バックアップと復元」をクリックします。

5. ポップアップウィンドウで、左側のペインから「システムイメージの作成」オプションをクリックします。

システムイメージの作成

6. システムイメージを保存する場所を選択し、「次へ」をクリックします。システムイメージをハードディスクに保存する場合は、ディスクをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

保存する場所

7. 設定を確認し、「バックアップの開始」をクリックします。

バックアップの開始

方法 2. AOMEI Backupperで起動可能なバックアップを作成する

1. AOMEI Backupper StandardをダウンロードしてPCにインストールします。バックアップを外付けドライブまたはUSBドライブに保存する場合は、ドライブを接続します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. AOMEI Backupper Standardを開きます。「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

3. プログラムは、システム関連のパーティションをソースデータとして自動的に選択します。必要に応じて宛先パスを選択するだけです。

宛先パス

4. 操作を確認し、「開始」をクリックして、起動可能なバックアップの作成を開始します。

開始

その他のバックアップ設定:✎...
オプション:システムイメージへのコメントの追加、圧縮、暗号化(AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションでサポート)、イメージファイルの分割などのさまざまな機能をサポートします。
スケジュール:これを使用して、ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー、またはUSB挿入を設定してWindows11を自動的にバックアップできます(イベントトリガーまたはUSB挿入を利用したい場合は、Professional版にアップグレードしてください)。
スキーム:この機能(Professional版で利用可能)は、バックアップディスクスペースを節約するために古いバックアップイメージを自動的に削除することができます。

★ ヒント:

  • システムバックアップ機能は、システムドライブに保存されているWindows OSとアプリケーション、ファイルのみをバックアップする機能です。ディスク全体(Cドライブ、Dドライブ、Eドライブなど)のWindows OSとデータをバックアップしたい場合は、ディスクバックアップを選択してください。
  • ブータブルメディアの作成機能を使用して、Windows 11のブート可能なUSBドライブを作成し、ブート障害からコンピュータを復元できるようにします。または、Windows 11の回復環境を作成して、Windowsを起動せずにシステムの復元を実行することもできます。

結語

この記事では、Windows 11で起動可能なバックアップを作成する2つの方法について紹介しました。Windows11の内蔵バックアップツールと比べて、AOMEI Backupperは、さまざまなニーズに応じてバックアップできます。バックアップのほかに、AOMEI Backupperはディスククローン、OneDriveとの同期などもサポートします。ぜひダウンロードして試してみましょう~

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較