バックアップをパスワードで暗号化する方法【Windows PC】

他人に見られたくない重要なデータをバックアップする時に、不正アクセスを防ぐにはパスワードでバックアップイメージを暗号化するのは大事なことです。こうすると、大切なデータを安全に保つことができます。次は、シンプルな方法でバックアップの暗号化を設定して一緒にデータを保護しましょう!

Machi

By Machi 最後の更新 2024年05月14日

共有: instagram reddit

ユーザー事例:バックアップをパスワードで暗号化することが可能か?

 

Windows 10の最新バージョン(バージョン1809)に更新した後、一部ファイルが消失しました。こういう問題が発生したため、バックアップの必要性を身をもって感じました。何事も、良い面と悪い面両方が存在します。現在、システムをよりよく保護するために、Windows 10をバックアップする方法を探しています。それに、作成したバックアップイメージをパスワードで暗号化することが可能でしょうか?お教え願います。

 

バックアップをパスワードで暗号化

このユーザーは、Windows 10をバックアップしてそのバックアップをパスワードで暗号化することで、重要なデータを二重で保護するつもりです。暗号化すると、他者からバックアップへの不正アクセスを防ぐことができます。

なら、これは可能ですか?答えはもちろん可能です。本記事では、その方法をご案内します。ぜひ読み進めてください。

Windows 10でバックアップを暗号化する最も簡単な方法

AOMEI Backupper Professionalは包括的なPCバックアップソフトで、バックアップの作成だけでなく、バックアップファイルをパスワードで保護する機能も提供しています。バックアップを暗号化する手順はかなり簡単で、初心者でも分かりやすいです。また、このソフトは次のようなメリットがあります:

システム、ファイル、パーティション、ディスク、Outlookメールをバックアップすることができます。も利用可能になります。
毎日、毎週、毎月、USB挿入、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の5つのモードから自動バックアップを設定することができます。
増分/差分バックアップを設定して、1回のフルバックアップした後、これから数回のバックアップは変更されるデータのみをバックアップします。保存先の容量を節約することができます。
バックアップの暗号化に加えて、バックアップモード(使用しているセクターのみをバックアップ/完全なバックアップを作成)、圧縮レベル(高レベル/普通/なし)、バックアップサービス(Microsoft VSSバックアップサービス/AOMEIバックアップサービス)など多くの高度なバックアップオプションをサポートしています。
内蔵/外付けHDD/SSD、USBメモリ、NAS、CD/DVD、クラウドストレージ(Googleドライブ、OneDrive、Dropboxなど)、共有フォルダーなどのほとんどのストレージデバイスをバックアップ先として選択することができます。
また、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。

次に、AOMEI Backupperでシステムバックアップを作成してパスワードで暗号化する方法をご案内します。開始する前に、まずAOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールしてください~30日間無料試用できるので、費用を心配する必要がありません。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupperを開きます。「バックアップ」タブ→「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

▶ 注意:ニーズに応じて「システムバックアップ」「ディスクバックアップ」「パーティションバックアップ」「Outlookバックアップ」を選択することもできます。

2. Windowsの起動に必要なドライブが既に選択されているので、矢印下のボックスまたは逆三角形アイコンをクリックして、バックアップの保存先を選択します。

バックアップの保存先を選択

3. 下部にある「オプション」をクリックし、「設定」タブの「バックアップの暗号化を有効にする」のスイッチをオンにします。そして、パスワードを入力し、パスワードを確認するため、「パスワードの確認」でパスワードをもう一度入力します。「はい」をクリックして確認します。64文字までのパスワードを設定できます

バックアップの暗号化

▶ 他の2つオプション:
スケジュール:データをよりよく保護するために、毎日/毎週/毎月/USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の5つのモードから自動バックアップの実行を設定できます。バックアップ先がUSBメモリであるので、USB挿入を設定することをお勧めします。こうすれば、USBをコンピュータに挿入するたびに、バックアップが自動的に作成されます。
バックアップスキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動削除を設定できます。バックアップ先に空き容量があることを確保したい場合、古いバックアップの自動削除の設定をお勧めします。

4. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

▶ ヒント:
バックアップを復元したい場合、「復元」タブをクリックし、画面の指示に従って復元を完了すればよいです。
パソコンが正常に起動できない場合に、作成されたシステムバックアップを復元できるように、あらかじめブータブルUSB/CD/DVDを作成しておくことをお勧めします。
また、「ユニバーサル復元」機能によって、システムイメージをハードウェアの異なる別のPCに復元することができます。

内蔵ツールでWindows 10バックアップを暗号化する

実は、Windows 10で標準の機能を使用して暗号化を行う方法もあります。例えば、BitLockerでイメージバックアップを暗号化できます。しかし、この方法は一般ユーザーにとって複雑すぎます。それに、Windows 10のProエディションより上位エディションのみにこのドライブ暗号化機能が搭載されています。

具体的に言うと、BitLockerを使ってイメージバックアップを暗号化するには、仮想ハードディスク(VHD)ファイルを作成し、VHDのサイズを調整し、VHDをフォーマットし、仮想ドライブをマウントし、「BitLockerを有効にする」必要があります。

BitLockerについてもっと情報が知りたい

BitLockerでWindows 10のドライブを暗号化するには?

ちなみに、Windows 10のファイル履歴もファイルの暗号化に対応しており、バックアップされるファイルも暗号化できます。

🍎補足・豆知識:

Windows 10暗号化を実行するもう一つの方法はEFSを使うことです。

Encrypting File System(暗号化ファイルシステム、EFS)とはMicrosoft WindowsにおいてNTFSバージョン3.0で追加された機能で、ファイルシステムレベルでの暗号化を提供します。この技術はコンピュータに物理的にアクセスする攻撃者から機密データを保護するために、ファイルの透過的暗号化を実現します。暗号化されたファイルは、暗号化した本人または回復エージェント権限を持つユーザーしか復号できません。

Windows 10でファイルやフォルダ暗号化オプション、または「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」がグレーアウトする場合、「Windows 10でファイルの暗号化ができない時の最も良い解決策」をご参照ください。

まとめ

Windows 10でバックアップをパスワードで暗号化方法はたくさんありますが、最も便利な方法はAOMEI Backupper Professionalを使用することです。このソフトを使用して、ディスク/システム/パーティション/ファイル/Outlookメールバックアップを簡単に暗号化することができます。また、増分/差分バックアップ、自動バックアップ、古いバックアップの自動削除など多くの高度なバックアップ機能をサポートしています。楽にバックアップを取ることができます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Machi
Machi· 編集者
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。