By ゆき / 最後の更新 2020年08月04日

フォルダ間の同期が必要

フォルダ間の同期は、2つ以上のフォルダにある同じファイルが同じ内容になるようにする処理です。例えば、あるフォルダにあるファイルに何らかの変更を加えたとき、同期処理によって別のフォルダにある同じファイルにも同じ変更がなされます。

  • 今、ますます多くの人々は1つ以上のコンピュータを使用して仕事をやります。つまり、重要なデータが複数のデバイスに格納されることになるかもしれません。そのため、2つのフォルダの内容を同期させ、ファイルやフォルダの内容を同じ状態に保つことは大切です。また、時には、同一コンピュータ上のフォルダ間の同期を取る必要がある場合もあるでしょう。

フォルダ間の同期を行う方法

フォルダ間の同期を取ることは様々な問題を解決できます。でも、どうやって実現しますか?

♪推奨~フォルダ同期フリーソフトフォルダ同期ソフトがたくさんありますが、価格と性能を考えると、ここでは、AOMEI Backupper Standardというフォルダ同期フリーソフトを強くお勧めします。こちらからダウンロード

このフリーソフトはファイル/フォルダー同期機能を提供するだけでなく、新しいPCへシステムイメージを作成&復元し、特定の拡張子を持つファイルだけを自動でバックアップするなどもできます。とにかく、無料でパソコンの安全をうまく守ることができます。
フリーソフトで新しいHDDへWindows10イメージを復元します自動的に特定のファイル拡張子でファイルをバックアップします

AOMEI Backupper Standardでフォルダ間の同期を実行するには3つのステップだけが必要です。しかし、その前に知っておくべきことがいくつかあります。

※ヒント:

●現在のAOMEI Backupperは一方向同期のみをサポートします。これは、ファイルがソース場所からターゲット場所に片方向でコピーされ、ターゲット側からソース側に書き戻されないことを指します。

●CD-ROM、DVDやブルーレイ上のフォルダを同期先として指定することができません。

●FAT/FAT 32ファイルシステムの場合、1ファイルあたり4GBまでのものしか保存できないので、同期が必要なファイルのサイズは4GBを超える時、FAT/FAT 32パーティションを同期先として指定することができません。

  • ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。「同期」タブをクリックして「ベーシック同期」を選択します。同期

  • ステップ 2. 次は、同期する2つのフォルダを設定します。すると、指定した2つのフォルダ内のファイルを常に一致させることができます。

    • (1)まずは「フォルダを追加」をクリックします。フォルダを追加

      (2)同期したいフォルダ(同期元、ソース側)を選択してから、ファイルをフィルタすることができます。
      フィルタオプション
      ヒント:ここでは「フィルタオプション」をクリックして、特定の拡張子を持つファイルを自動的に同期することができます(特定のファイル拡張子をドロップダウンリストから選択するか、または直接入力することができる)。この機能はアドバンスト版のみで利用可能なので、Standard版をアップグレードしてください。特定の拡張子


      (3)同期の画面に戻ったら別フォルダを同期先(ターゲット側)として選択します。別フォルダ
  • ステップ 3. 最後は、「開始」をクリックして操作を実行します。完了するまでしばらくお待ちください。


自動ファイル同期を設定したい場合、 画面底にある「スケジュール」をクリックできます。

「スケジュール」の「普通」タブでデイリー、マンスリー、ウイークリー、イベントトリガー(有料)、USB挿入(有料)の自動同期を設定できます。また、「スケジュール」の「詳細」タブでサービスをインストールしてタスクを実行するか、または次回システム起動時にスケジュール通りに行っていなかった同期タスクを実行する(有料)か選択できます。

必要に応じて「ミラー同期」(有料)または「リアルタイム同期」(有料)を選択することも可能です。「リアルタイム同期」で一つのフォルダ(同期元)内のデータを変更すると、もう一つのフォルダ(同期先)内のデータもすぐに自動変更されます。

【補足】:「オプション」をクリックすると、同期タスクについてのコメントを追加し、電子メール通知を有効化することができます。また、削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期するか、同期中にターゲットディレクトリのファイルの整合性を確認するかも選択可能です。ホームタブでいろんなタスクをまとめて一括管理することもできます。

同期オプション