By ゆき / 最後の更新 2022年04月08日

HDDとSSDの違い

HDDからSSDへWindows10オペレーティングシステム(OS)を移行しようと思う人が少なくないでしょう。なぜHDDからSSDへWindows 10 OSを移行(転送)したいですか?Windows 10をSSDに移行するメリットは何ですか?まずは、HDDとSSDの違いを知るべきです。

  • HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶装置です。HDDの構造は、中にデータを記録するプラッタと呼ばれる磁性体が塗られた円盤が複数入っていて、磁気ヘッドで書き込み・読み出しをする仕組みになっています。
    ※注:プラッタは高速で回転しているので、回転中に大きな衝撃が加わると、プラッタとヘッドが接触するなどして破損やデータ消失等、動作不良の原因となることがあります。

    SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、HDDと同様の記憶装置です。半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)のことを指します。大容量のデータを保管しておく媒体としては長年HDDが使われてきましたが、近年、SSDの容量が大きくなってきたこともあり、急速に普及しつつあります。

Windows 10 OSをHDDからSSDへ移行するメリット

SSDは使い方や用途はHDDと全く一緒ですが、HDDと比べていくつかの利点があります。

作動音がない
読み書きの速度が非常に速い
HDDよりサイズが小さく、軽い
衝撃に強く、発熱、消費電力が少ない
形状が様々で、PCの小型化に寄与している
より厳しい環境で働くことができる(例:HDDは5~50℃で動作することができますが、SSDは-10~70℃で正常に動作することができます。)

SSDの利点からみて、Windows 10 OSをHDDからSSDへ移行した後、コンピュータの安定性やパフォーマンスを大幅に改善することができます。さて、どのように再インストールせずHDDからSSDへWindows 10 OSを移行しますか?次は、Windows 10 OSの移行方法を詳しく紹介しましょう~

HDDからSSDへWindows 10 OSを移行する方法

Win10 OSをHDDからSSDへ移行するために、一番簡単な方法はWindows 10のシステムパーティションをHDDからSSDにクローンすることです。

♛人気なクローンソフトサードパーティ製クローンソフトはたくさんありますが、その中からAOMEI Backupper Professionalという強力なバックアップ&復元ソフトをお勧めします。システムクローン機能だけでなく、パーティション/ディスククローン、バックアップ及び復元の機能も備えています。
❁もし、3台以上複数台(または社内の台数無制限)のPCでクローン操作を実行したいなら、AOMEI Backupper Technicianを使用してください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全&高速※30日間無料体験※1台の個人PC向け
★ Windows 10 OSの移行(システムのクローン)を開始する前に:

1. SSDをパソコンに直接接続するか取り付けます。*クローン先のSSDにはシステムクローン用の十分な容量を確保してください

☛ 直接接続する場合:

SSDの種類によって、SATA-USB変換ケーブル/M.2 SSD-USB変換コネクタなどを用意します。ケーブル/コネクタでSSDをパソコンに直接接続します。

直接接続

☛ 取り付ける場合:

【SSD】増設するよ。それもこれでもかってくらい細かく解説するよ。

取り付ける

2. 新しいSSDの場合:新しいSSDはパソコンに接続されても、パソコンに認識されないことがあります。この場合、SSDをフォーマットする必要があります

【Windows10】HDDを認識しない時の解決策

3. もう使ったSSDの場合:クローンした後、クローン先としてのSSDにあるすべてのデータが上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしてください

AOMEI Backupperでファイルやフォルダをバックアップする方法

4. MBRディスクからGPTディスクへWindows 10 OSを移行する場合マザーボードはEFI/UEFIに対応することを確保してください。

★ 準備作業を完了した後、クローンの作成を始めましょう:

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。「クローン」タブ→「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

ステップ 2. システムクローンなのでクローンソース(すべてのシステムパーティション)が自動で選択されます。クローン先(ターゲット)SSD上の領域を選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットを選択

ステップ 3. もし、選択したSSDの領域にデータがあれば、操作を続行するかどうかを確認するダイアログが表示されます。情報を確認して問題なければ「はい」をクリックします。

はいをクリック

ステップ 4. 次の画面で「セクター単位のクローン」にチェックを入れると、使用されているかどうかにかかわらず、システムパーティションのすべてのセクタをコピーすることができます(デフォルトでは、使用されているセクタのみクローンします)。また、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れると、SSDの性能を向上することができます。最後は「開始」をクリックしてシステムクローン操作を実行します。

開始

ステップ 5. システムクローンの進捗が100%に達すると、「完了」をクリックします。

完了

クローンしたSSDからパソコンを起動する方法

クローンしたSSDからパソコンを起動するには、あと1つの作業を行う必要があります。それは、BIOSで起動順位を変更することです。詳細については、読み続けてください。

1. パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、マザーボード/パソコンのメーカーによって特定のキーを押して、「BIOS」に入ります。

bios起動キー

2. 矢印キーで「Boot」タブに移動し、クローンしたSSDを最初に起動するドライブとして設定します。

boot

3. 「F10」キーを押して、設定を保存し、終了します。これで、パソコンはSSDから起動します。

補足:クローンしたSSDから起動できない

時々、起動順位を変更しても、クローンしたSSDから起動できない場合があります。一般的な原因は以下の通りです。

1. ソースディスクに不良セクターがあります(AOMEI Backupperのデフォルトの「インテリジェントクローン」モードでクローンを実行すると、この問題を解決できます)。

2. システムで予約済みパーティションのクローン作成に失敗しました。

3. 最初に起動するドライブを間違って設定しました。この場合、もう一度「BIOS」に入り、間違ったドライブを起動ドライブとして設定したかどうかを確認してください。

4. HDDをSSDに交換している間に、ドライブ文字が変更された可能性があります。これによって、ブートファイルが失われる可能性があります。

5. ディスクタイプと起動モードが一致しません。GPT/MBR競合エラーが発生しました。

原因を特定した後、次の記事を参照し、問題を解決しましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

Windows 7でクローンされたHDDが起動しない時の対処法

代替方法

上述のようにAOMEI Backupperはバックアップと復元の機能もあります。「システムバックアップ」機能でWindows10のシステムイメージを作成してから「復元」機能でSSDに復元することでWindows 10 OSをHDDからSSDへ移行することができます。しかも、この方法がバックアップフリーソフト - AOMEI Backupper Standard(無料)だけが必要です。

▶詳しい手順は以下の記事を参考にしてください。

HDDからSSDに換装・交換【デスクトップとノートの場合】