By Machi / 最後の更新 2022年09月26日

ユーザー事例

 

OneDriveの同期保留中についての対処法を教えてください

OneDriveを使っていますが、同期保留中というファイルがあります。同期保留中を解除しないと、せっかくの機能が生かせません。同期しているファイルとそうでないファイルが存在します。同期保留中を解除する方法を教えてください。

- YAHOO!知恵袋からの質問

同期保留中は、OneDriveを使用してファイルを同期する際に起こる問題です。クラウドストレージの普及に伴い、多くのユーザーがデータを保存するためにOneDrive(マイクロソフトのオンラインストレージサービス)を利用しています。しかし、OneDriveを使用してファイルを同期している際、様々な問題に遭遇する可能性があります。「同期保留中」もその1つです。

同期保留中

同期保留中とは?発生する原因とは?

同期保留中とは、フォルダやファイルが同期されるのを待っていることです。

この問題が発生する一般的な原因は、次の4つに要約されます。

1. 同期を待っているフォルダやファイルが大量にあります。

2. アップロードされたファイルがアップロードファイルサイズの制限を超えます。

3. ネットワーク接続が悪いです。

4. OneDriveの容量が不足しています。

では、OneDriveの「同期保留中」状態を解除するには、どうすればいいのでしょうか?心配しないでください。次に、3つの解決策をご紹介します。この問題で悩んでいる方は、ぜひ読み進めてください。

OneDrive「同期保留中」の対処法

方法1. 同期プロセスを一時停止して再開する

手順 1. タスクバーの「OneDrive」アイコンを右クリックし、「同期の一時停止」→「2時間」を選択します。

2時間

手順 2. 「OneDrive」のストレージパスを開き、「同期保留中」のままのファイル/フォルダを見つけて、デスクトップに移動します。

手順 3. また、タスクバーの「OneDrive」アイコンを右クリックします。「同期の再開」を選択します。すると、この問題が解決されるかどうかを確認してください。

同期の再開

方法2. 無料のファイル同期ソフトを使用する

上記の方法でOneDriveの「同期保留中」状態を解除できなかった場合、これからご紹介する方法を強くお勧めします。この方法は、最高の無料ファイル同期ソフト-AOMEI Backupper Standardを使用することです。このソフトは特定のファイル/フォルダを指定された場所に同期することができます。それに、同期している中に、「同期保留中」や他のOneDrive問題を回避できます。

同期機能について、このソフトは次のような利点があります:

「ベーシック同期」、「ミラー同期」、「リアルタイム同期」、「双方向同期」の4つの同期モードに対応しています(後の3つのモードはAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
OneDrive/Googleドライブ/Dropboxなどのクラウドストレージ、ローカルドライブ、NAS、USBドライブなど複数のストレージデバイスに対応しています。
頻繁に変更されるデータに対して、自動同期を設定することができます。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。

OneDriveを使用しているとき、「同期保留中」問題が発生したら、このソフトで簡単に解決することができます。

これから、AB Stdの「ベーシック同期」機能を使って、ファイル/フォルダをOneDriveに正常に同期する方法をご紹介します。まず、このソフトをダウンロードし、インストールしましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを開きます。「同期」→「ベーシック同期」をクリックします。

ベーシック同期

手順 2. 次に、「フォルダを追加」をクリックして、ハードドライブから「OneDrive」に同期したいフォルダを選択します。

フォルダを追加

✿ 注意:複数のフォルダを同時に同期したい場合、最初のソースフォルダを追加した後、ソースファルダ上の「+」アイコンをクリックします。

+アイコン

手順 3. 下図のように、逆三角形アイコンをクリックし、「クラウドドライブを選択」を選択します。

クラウドドライブを選択

手順 4. 「OneDrive」を選択し、「はい」をクリックします。

onedrive

✿ 注意:リストにOneDriveが見つからない場合は、手順3に戻り、逆三角形アイコンの左側にあるフォルダアイコンをクリックし、OneDriveのローカルフォルダを選択します。

手順 5. 問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

✬ ヒント:
オプション:現在の操作についてコメントを書いたり、同期完了後のメール通知を有効にしたりすることができます。
自動同期:毎日/毎週/毎月の間隔で自動同期を実行することを設定できます。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、イベントトリガー/USB挿入の2つより柔軟的なオプションを利用するようになります。
同期した後、ソースフォルダの名前を変更しないでください。そうしないと、ソフトウェアはそのフォルダの変更を同期しなくなります。
また、AOMEI Backupperはクラウドストレージ-AOMEI Cloudを提供しています。重要なファイル/フォルダをよりよく保護するには、「クラウドバックアップ」でそれらをAOMEI Cloudにバックアップするのをお勧めします。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ使ってみてください。

クラウドバックアップ

方法3. OneDriveをリセットする

ファイル同期にOneDriveを使い続けたいですが、1番目の方法が問題を解決できなかった場合、この方法を試してみてください。以下では、OneDriveをリセットする方法を2つ紹介します。必要に応じていずれかの方法を選択することができます。

#1. ファイル名を指定して実行を使用する

手順 1. 「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」が表示されます。「ファイル名を指定して実行」で、以下のメッセージを入力し、「Enter」キーを押します。

>> %localappdata%Microsoft-OneDrive/ja.exe /reset

リゼット

手順 2. 数分経ってもタスクバー上の「OneDrive」アイコンが表示されない場合は、「ファイル名を指定して実行」で以下のメッセージを入力して、実行します。

>> %localappdata%Microsoft FilterOneDrive.exe

リセット2

実行が完了すると、OneDriveアイコンに矢印が表示されています。これは、ファイルが同期されていることを意味します。同期が完了したら、すべてのファイルが同期されるかどうかを確認してください。

#2. OneDriveの設定を使用する

手順 1. タスクバーの「OneDrive」アイコンを右クリックし、「設定」を選択します。

設定

手順 2. 「アカウント」タブをクリックし、「このPCのリンク解除」をクリックします。

このPCのリンク解除

手順 3. 解除の確認ウィンドウで、「アカウントのリンク解除」をクリックします。

アカウントのリンク解除

手順 4. 「OneDriveを設定」が表示され、画面の指示に従って、改めてOneDriveを設定します。

OneDriveを設定

まとめ

OneDriveの「同期保留中」問題で困っている方は、ぜひ上記の3つの方法を試してみてください。1番目と3番目の方法と比較すると、2番目の方法は最良の解決策です。なぜなら、1番目と3番目の方法で「同期保留中」問題を解決しても、以後はOneDriveを使用している時、他の問題が発生する可能性があるからです。これらの問題を解決するには、時間と手間がかかります。直接AOMEI Backupper Standardを使用すると、問題を回避することができます。手間を省けます。

また、AOMEI Backupperはプロの同期ソフトである以外、プロのバックアップ、復元、クローン、ディスク消去ソフトでもあります。このソフトをダウンロードすると、データを万全に保護することができます。データセキュリティのため、今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速