By Akira / 最後の更新 2022年05月16日

ケース:外付けHDDのファイルをクラウドに同期する方法がありますか?

 

外付けHDDをクラウドドライブに同期しようとしているときに問題が発生しました。簡単に言うと、古いPCには、ファイルをクラウドストレージに同期するために使用されるフォルダーがあります。しかし今、古いPCは壊れていて、新しいPCを使用してすべてのデータをクラウドに同期したいです。
ただし、新しいPCのバックアップおよび同期ツールは古いHDDを認識できず、同期されたファイルの正確なパスを覚えていません。外付けHDDのファイルやフォルダをクライドストレージに同期する方法がありますか?ありがどうございます。

- ユーザーからの質問

同期

外付けHDDのファイルをクラウドに同期する理由

外付けHDDはますますコンピュータに適用されています。外付けHDDは、人々の日常的なコンピューティングのために余分なディスクストレージを追加するために使用される追加のデバイスの一種です。ほとんどの場合、外付けHDDは、ドキュメント、写真、ビデオ、イメージ、プロジェクトなどのファイルを格納するために使用されます。たとえば、コンピュータから外付けHDDにファイルを自動バックアップして、保存します。クラウドに外付けHDDを同期させる必要があるのはなぜですか?ここでは主に3つの理由を要約します。

ほとんどのクラウドデバイスは、ユーザーに無料のストレージスペースを提供します。たとえば、Googleドライブには15GBの空き容量があり、OneDriveには5GBが用意されていますが、365アカウントに登録するとさらに多くの情報を得ることができます。さまざまなクラウドの中で、MEGAは最先端の50GBの無料ストレージを提供しています。
ローカルの内部ディスク領域を節約することができます。フラウドにファイルが格納されている場合は、コンピュータの内部デスクにコピーする必要がありません。
災害復旧のために重要なファイルのコピーを保持することもできます。前述のように、外付けHDDには重要なデータが保存されます。PCを格納ドライブにバックアップした、或いは外付けHDDにバックアップする場合は重要なバックアップがあります。外部ドライブは周辺攻撃の影響を受け易いため、これらのバックアップを1つ以上の場所に保持すると、保護が強化されます。

外付けHDDファイルをクラウドに同期させるためのベストソフトウェア

ファイルやフォルダを外付けハードドライブからクラウドストレージに同期するには、同期ツールが重要なポイントです。AOMEI Backupper Professionalは、Windows 11/10/8/7/XP/Vistaの強力で信頼性の高い同期ソフトウェアであり、ファイルとフォルダーを内部/外部ハードドライブからクラウドストレージデスクトップアプリケーションに同期できます。

また、このソフトは以下のいくつかの機能もあります。

スケジュール:スケジュール設定を使用すると、ディリー/ウィークリー/マンスリーなどの固定時間にファイルを同期できます。
リアルタイム同期:この機能は、特にファイルを頻繁に変更するビジネスユーザーにとって非常に便利です。ファイルが変更されているかどうかを監視し、すぐに同期できます。
双方向同期:この機能を利用して、一方でファイルを変更すると、もう一方のディレクトリで同期を取ります。
ミラー同期:これにより、宛先ディレクトリ内のファイルをソースディレクトリとまったく同じに保つことができます。
複数のクラウドストレージデバイスのサポート:このソフトは、ファイルとフォルダーをGoogleドライブ、OneDrive、Dropboxなどに同期できます。

外付けまたは外付けHDDをクラウドドライブにバックアップしたかどうかにかかわらず、AOMEI Backupper Professionalの助けを借りてこれらのイメージを適切に保護できます。サーバーユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを利用することができます。毎回すべてのファイルをドラッグアンドドロップまたは選択する必要がないため、時間と労力を節約できます。

ここでは、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、以下の手順に従って、外付けHDDのファイルやフォルダをクライドストレージに同期しましょう~

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Backupperを介して外付けHDDをOneDriveに同期する手順

1. コンピュータでマイクロソフト公式サイトからOneDriveデスクトップアプリケーションをダウンロードして、インストールします。外付けHDDをコンピュータにも接続します。そして、AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールして起動します。

2. 左側の「同期」タブをクリックして「リアルタイム同期」を選択します。

リアルタイム同期

3. 他の同期タスクと区別するために「リアルタイム同期」というタスク名を変更できます。「フォルダを追加」をクリックして同期したいフォルダを選択します。「プラス」アイコンをクリックして、複数のフォルダを追加できます。「フォルダオプション」で同期しないファイルやフォルダは除外することができます。

フォルダを追加

4. 逆三角アイコンをクリックして、OneDriveフォルダをバックアップを保存する保存先の場所として指定します。

クラウドドライブの選択

5. 「開始」をクリックしてリアルタイム同期を実行します。リアルタイム同期が完了したあと、「完了」をクリックしてください。

完了

ヒント:上記の手順で、外付けHDDをGoogleドライブまたはXBOX Oneに同期することもできます。Googleドライブに複数のフォルダを同期することもできます。

結論

外部HDDを予定または瞬時にクラウドに同期させるには、同期ツールが非常に重要です。これにより、同期プロセスが簡単かつ効率的になります。同期ツールと言えば、AOMEI Backupper Professionalは外付けHDDバックアップおよび同期ソフトウェアとしても優れています。システムがクラッシュした場合に備えて、このソフトウェアを使用して起動可能なUSBドライブを作成することができます。今すぐダウンロードしてお試しください~