By Comnena / 最後の更新 2021年11月08日

Robocopyについて

Robocopy(Robust File Copy)は、ディレクトリとファイルをある場所から別の場所にコピーするために使用されるコマンドです。これは、Windows VistaおよびWindows Server 2008以降の組み込み機能です。Robocopyコマンドの基本的な構文は次のとおりです。

robocopy [ソース] [ターゲット] [(ファイル)( ...)] [(オプション)]

Robocopy

さまざまなニーズを満たすためにrobocopyコマンドで使用できるさまざまなオプションがあります。ここにいくつかの役立つオプションをリストしたいと思います。

コピーオプション
/s:サブディレクトリをコピーします(空のディレクトリを除く)。
/e:サブディレクトリをコピーします(空のディレクトリを含む)。
/z:再起動可能モードでファイルをコピーします。中断された場合にも大規模な転送を再開できます。
/purge:ソースに存在しなくなったターゲットファイルとディレクトリを削除します。
/mir:ディレクトリツリーをミラーリングし、ソースに存在しなくなった場合はターゲットファイルとフォルダを削除します。
/mt[:n]:「n」スレッドでマルチスレッドコピーを作成します。「n」は1〜128の整数である必要があります。「n」のデフォルト値は8です。
ファイル選択オプション
/xd [ ...]:指定された名前とパスに一致するディレクトリを除外します。
/xn:新しいファイルを除外します。ソースのファイルがターゲットのファイルよりも新しい場合、それらはコピーされません。
/xo:古いファイルを除外します。/xn:の反対です。
/maxage::指定した日付よりも古いファイルは除外します。
/minage::指定した日付よりも新しいファイルは除外します。
もっと見る >>

Robocopy双方向同期を段階的に実行する方法

Robocopyの双方向同期を実行するには、対応するコマンドラインをコマンドプロンプトウィンドウに直接入力します。

ただし、ファイルの双方向同期を定期的に実行する場合は、batファイルを作成することをお勧めします。したがって、毎回同じコマンドを再入力する必要はありません。

以下の手順に従って、Robocopyの双方向同期を実行します。

手順 1. タスクバーの検索ボックスからメモ帳を検索し、一番上の結果をクリックしてアプリを起動します。

手順 2. 次のコマンドラインを入力して、バッチファイルを作成します。

@echo OFF
echo Syncing from C drive to E drive
robocopy "C:\Users\AOMEI Technology\Documents" "E:\synced files" /e /z(ディレクトリ名にはスペースがあるため、ソースパスとターゲットパスを引用符で囲みます。)
echo Syncing from E drive to C drive
robocopy "E:\synced files" "C:\Users\AOMEI Technology\Documents" /e /z
echo Sync Complete
pause(コマンド実行後にコンソールウィンドウが閉じないようにします。)

手順 3. Ctrl + Sを押して、バッチファイルを保存します。ファイルに「.bat」拡張子を付けます。たとえば、「robocopy_sync.bat」などです。簡単に見つけられる場所にファイルを置きます。

手順 4. 「robocopy_sync.bat」ファイルをダブルクリックして、指定した2つの場所間でファイルとフォルダーを同期します。同期結果を表示するコマンドプロンプトウィンドウが表示されます。いずれかのキーを押してウィンドウを閉じます。

robocopy 同期 双方向

★ヒント:
バッチファイルを編集するには、バッチファイルを右クリックして「編集」を選択します。
Robocopyエラー5(0x00000005)アクセスが拒否されました場合は、コンピューターに管理者としてログインしてみてください。次に、バッチファイルを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

これで、Robocopy双方向同期を実行する方法がわかりました。プロセス全体は複雑ではないように見えますが、Robocopyにはいくつかの制限があります。

開いているファイルはコピーされません。
WindowsVistaより古いシステムでは正しくミラーリングされません。
タスクスケジューラを使用しない限り、ファイルを自動的に同期することはできません。

幸いなことに、Robocopyの欠陥を補う強力なファイル同期ツールがあります。これからこのツールを紹介します。

Windowsで双方向同期を実行する簡単な方法

AOMEI Backupper Professionalは、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP、32ビットおよび64ビット用に設計された優れたファイル同期ソフトウェアです。同期機能を詳しく見てみましょう。

用途の広い同期モード:ベーシック同期、ミラー同期、リアルタイム同期、および双方向同期を提供します。ニーズに最適なモードを1つ選択できます。
豊富な同期場所:あるフォルダー/ディスク/コンピューターから別のフォルダー/ディスク/コンピューターにファイルを同期できます。2つの外付けハードドライブを同期したり、ローカルフォルダーをOneDrive、Googleドライブなどに同期したりすることもできます。
自動同期:一定の間隔でファイルを同期するのに役立つ「スケジュール」機能が組み込まれています。
バックグラウンド同期:開いているファイルまたは実行中のファイルをコピーできます。同期プロセスを開始するために、実行中の他のアプリケーションを閉じる必要はありません。

AOMEI Backupper Professionalで双方向の同期を実行する方法:

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロード、インストール、および起動します。メインインターフェイスで、「同期」をクリックし、「双方向同期」を選択します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

双方向同期

手順 2. タスク名を編集して、簡単に識別できるようにします。「フォルダを追加」をクリックして、同期するフォルダを選択します。

フォルダを追加

▶ヒント:双方向同期を実行する場合、1つのタスクで1つのソースフォルダーのみを選択できます。他の3つの同期モードを選択すると、一度に複数のフォルダーを同期できます。

手順 3. 2番目のバーをクリックして、同期先フォルダーとして別のフォルダーを選択します。

同期先フォルダー

手順 4. 双方向同期を自動的に実行するには、下部にある「スケジュール」をクリックし、「スケジュールオプション」ウィンドウで適切な同期頻度を選択します。

スケジュール

手順 5. 同期元ディレクトリと同期先ディレクトリを確認し、「開始」をクリックします。変更されたファイルは、ソースからターゲットに同期され、その逆も同様です。

開始

まとめ

Windows 11/10/8/7でフォルダのRobocopy双方向同期を実行する方法を学習しました。ただし、Robocopyは、開いているファイルのコピーと自動コピーの実行に関して、いくつかの制限があります。AOMEI Backupper Professionalは、このような状況で助けることができます。さらに、バックアップ、復元、クローン機能も提供します。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。