By Comnena / 最後の更新 2021年11月12日

ネットワーク フォルダ 同期

フォルダ同期により、2つ以上の同一のフォルダを自動的に保存し、変更されたすべてのフォルダをソースディレクトリからターゲットディレクトリに保持できます。フォルダをネットワークドライブに同期するさまざまな理由があります。たとえば、別のコンピューターでオフラインで使用できる以前のすべてのフォルダーを表示したい場合や、データを保護したい場合などです。

次に、ローカルフォルダをネットワークドライブに同期する方法を紹介します。

ローカルフォルダをネットワークドライブに同期する方法は?

新しいフォルダ、変更したフォルダ、削除したフォルダなど、フォルダ内のすべての変更を同期したいのですが、その方法がわかりませんか?」とあるユーザーは言いました。

多くのユーザーにとって、Windows 7/8/10/11で2つのフォルダーを同期することはよくある問題ですが、適切なソフトウェアが見つかりません。一部のユーザーはMicrosoftのSync Toyを試しますが、手動でしか同期できません。他の人はDsynchronizeを試します。それはうまくいきますが、いくつかの欠点があります。例:数分で多数のフォルダーが変更された場合、正しく同期できません。

ネットワークドライブに同期

心配しないで、ローカルフォルダをネットワークドライブに同期する3つの作業方法を紹介します。最適なものを選ぶことができます。それらは同期タスクを自動的にまたはリアルタイムで完了することができるため、ファイルの変更を見逃すことはありません。

オフラインファイルをネットワークドライブに同期する場合は、同期センターを使用できます。コンピューター上のすべてのローカルファイルを同期する場合は、AOMEI Backupper Professionalの使用を検討できます。IT技術者の場合は、コマンドラインRobocopyが適しています。

同期センターでフォルダをネットワークドライブに自動同期

同期センターは組み込みの同期ツールであり、Windows 7で最初に導入され、Windows 8/8.1/10/11などの後のバージョンで継承されます。これにより、Windows 7/8/10でフォルダーをオフラインで使用できるようにし、ドライブが切断されている場合やネットワーク接続がない場合でも、ネットワークドライブ上のデータにアクセスできます。また、ローカルコンピュータとネットワークドライブ間でオフラインファイルを同期することもできます。

プロセス全体は3つの部分に分かれています。最初の部分はネットワークドライブをローカルドライブにマップすることです。次に、2番目の部分はオフラインファイルを有効にすることです。前の2つの部分は、Windows 7/8/10/11でオフラインファイルを同期するための保証です。最後に、同期センターを最大限に活用して、フォルダーをネットワークドライブにミラーリングする必要があります。ここでは、プロセス全体を示すために、例としてWindows 10を取り上げます。

パート1:ネットワークドライブをローカルコンピューターにマップ

手順 1. ネットワークドライブに共有フォルダを作成し、共有フォルダを右クリックして、コンテキストメニューから「ネットワークドライブの割り当て」を選択します。

手順 2. 次に、マップしたネットワークドライブに移動し、右クリックして「常にオフラインで使用する」を選択して、Windows 10でネットワークドライブをオフラインにします。マップしたネットワークドライブ全体をオフラインにしたくない場合は、ドライブを開いて特定のドライブを選択します。ファイルまたはフォルダをオフラインにします。

常にオフラインで使用する

手順 3. 「ファイルはオフラインで利用可能になります」というメッセージが表示されるまで、最終結果を待ちます。

ノート:フォルダーのリストがキャッシュされているため、マップしたネットワークドライブのフォルダーのリストが表示されます。ただし、ネットワークドライブがコンピューターから切断されているか、インターネットに接続されていない場合にのみオフラインファイルを表示します。オフラインで利用できないフォルダを開こうとすると、ネットワークに再度接続するまで空のように見えます。

パート2:オフラインファイルを有効化

手順 1. スタートメニューをクリックし、検索ボックスに「同期センター」と入力し、スタートメニューから選択します。

手順 2. このウィンドウの左側のパネルにある「オフラインファイルの管理」をクリックします。

手順 3. 「オフラインファイル」ウィンドウで「オフラインファイルを有効にする」をクリックし、コンピュータを再起動してオフラインファイルフォルダを有効にすることができます。

オフラインファイルを有効にする

パート3:同期センターでネットワークドライブにフォルダーを同期

手順 1. 同期センターに移動し、「オフライン ファイル」を選択して、「スケジュール」をクリックします。

スケジュール

手順 2. 「このスケジュールでどのアイテムを同期しますか?」というメッセージが表示されたら、アイテムにチェックマークを付けます。

手順 3. 「この同期をいつ開始しますか?」リンクの下にある「スケジュールした時間」をクリックします。

手順 4. 開始する時間を設定し、同期間隔として「1分ごとに繰り返す」を選択します。

手順 5. 次に、このスケジュール同期タスクに名前を付け、「スケジュールを保存」をクリックして、ファイルをネットワークドライブに自動的に同期します。

ヒント:✎...
この操作は、Windows 7/8のローカルフォルダをネットワークドライブに同期する場合にも機能します。また、すべての手順はほぼ同じですが、インターフェースにいくつかの違いがあります。
オンライン時にネットワークファイルがオフラインになっている場合は、ローカルグループポリシーエディターの「オフラインファイル機能の使用を許可または禁止する」を「未構成」に設定してから、同期センターでオフラインファイルを無効にすることができます。

AOMEI Backupperでフォルダをネットワークドライブに自動同期

同期センターはオフラインファイルを同期するための良い方法ですが、これに限定されています。簡単な手順でローカルフォルダを同期したい場合は、ファイル同期ソフトウェアAOMEI Backupper Professionalの方が適しています。以下にいくつかの利点があります。

直感的なインターフェースを備えているため、ユーザーは操作を簡単かつ迅速に理解できます。
Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Windows 11、Windows XP、Windows Vistaを含むすべてのWindowsオペレーティングシステムと互換性があります。
内蔵HDD、外付けHDD、ネットワークドライブ、Microsoft OneDriveなどのクラウドストレージなどの複数の同期ストレージをサポートします。
ベーシック同期、リアルタイム同期、ミラー同期など、さまざまなファイル同期タイプをサポートします。
デイリー/ウィークリー/マンスリー、イベントトリガー、USB挿入を含む同期スケジュールをサポートします。

それでは、Windowsのネットワークドライブへのフォルダ同期方法を詳しく見てみましょう。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロード、インストール、起動し、「同期」タブの「ベーシック同期」をクリックします。変更を逃さずにリアルタイムでファイルを同期したい場合は、代わりに「リアルタイム同期」をクリックしてください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

ベーシック同期

手順 2. このウィンドウでは、2つのステップを順番に実行する必要があります。まず、「フォルダを追加」をクリックして、同期したいフォルダを選択する必要があります。次に、同期先パスとしてネットワークドライブを選択することになっています。

フォルダを追加

ノート:✎...
ネットワークドライブを選択するには、「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックし、「共有またはNASデバイスの追加」を選択してから、表示名、Share/NASのパスなどの必要な情報を入力します。最後に、ダブルクリックしてネットワークドライブを開き、同期フォルダを選択します。
ネットワークドライブ上の共有フォルダへのアクセスのみが許可されています。ネットワークドライブに共有フォルダがない場合、フォルダは表示されません。
選択したフォルダの右側に、ファンネルシャップに表示される「フィルタオプション」と呼ばれる機能が表示されます。これは、同期する特定のファイルタイプを除外または含めるのに役立ちます。

手順 3. 下部にある「スケジュール」をクリックして、必要な同期スケジュールを選択します。次に、「開始」をクリックします。

スケジュール

✎ヒント:
① ファイル同期の過程で、手動で「作業が完了した時」にチェックを入れ、「PCをシャットダウン」などの操作を選択できます。その後、タスクが終了すると、コンピューターは自動的にシャットダウンします。
② コンピュータとフラッシュドライブ間でファイルを同期したい場合は、「USB挿入」機能を使用することをお勧めします。このソフトウェアを開かなくても、コンピューターに接続すると、ファイルをUSBとの間で同期します。

✎ノート:
① このPro版はWindows 7/8/10/XP/Vistaでのみ利用可能であるため、サーバーコンピューターを使用している場合は、AOMEI Backupper Serverを使用してローカルフォルダーを同期することを検討できます。
② このソフトウェアは、同じコンピューター上の2つのフォルダーの同期、ドライブ間のWindows同期フォルダー、コンピューター間のWindows 10同期フォルダー、外部HDDへのフォルダーの同期、Windows10の2つの外付けハードドライブの同期などにも適用できます。

Robocopyでフォルダをネットワークドライブに自動同期

Robocopy syncは、Windowsフォルダーをミラーリングするために新しく追加されたソリューションであり、コマンドプロンプトに精通しているIT技術者に適しています。以下では、robocopyで/MIRを使用します。これは/e/purgeの組み合わせであり、すべてのサブディレクトリ(空のサブディレクトリを含む)をコピーし、ソースディレクトリに存在しなくなったファイルとディレクトリを削除します。/MIRは、ディレクトリがすでに存在する場合、(/eとは異なり)ディレクトリセキュリティ設定も上書きします。

次に、これ以上面倒なことはせずに、Windows 7/8/10/11でRobocopyを使用する方法を学び始めましょう。

手順 1. 検索ボックスにcmdと入力し、cmdを開きます。

手順 2. c:\robocopyからk:\robocopy_mirrorにファイルをコピーするには、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。次のパスを自分で置き換える必要があります。パスにスペースがある場合は、引用符を追加することを忘れないでください。

robocopy c:\robocopy k:robocopy_mirror /MIR

ネットワーク フォルダ 同期

ネットワーク フォルダ 同期

手順 3. コマンドを繰り返し入力しないようにするには、コマンドをコピーしてメモ帳に貼り付け、.bat拡張子として保存します。次に、ファイルをダブルクリックして、ファイル同期プロセスを実行できます。

まとめ

ここを読んで、Windows 7/8/10/11でフォルダーをネットワークドライブに同期する方法をすでに理解しているかもしれません。ここにテストされた3つの方法があります。ローカルコンピュータとネットワークドライブ間でオフラインファイルを同期するには、「同期センター」を使用できます。すべてのローカルファイルを同期するには、AOMEI Backupper Professionalを使用できます。コマンドを使用してファイルを同期するには、「Robocopy」コマンドラインを使用できます。

その中で、AOMEI Backupperが最も簡単な方法です。それはシンプルで直感的なインターフェースを備えており、数回クリックするだけで操作を完了できます。さまざまなユーザーのニーズを満たすために、さまざまな同期ソリューション、スケジュール設定、およびバックアップストレージをサポートします。さらに、それはまだWindowsバックアップおよび復元ソフトウェアとディスククローン作成ソフトウェアであるため、完全なシステムバックアップ、ファイルバックアップ、増分/差分バックアップ、Windows 10でNVMeへのクローン作成、MBR/GPTディスクのクローン作成などに使用できます。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@