By Comnena / 最後の更新 2020年11月06日

Windows Server間でファイルを同期させたい

私は複数のサーバーベースのコンピューターを持っていますが、それらは異なる場所にあります。他のコンピューターのファイルを頻繁に使用する必要があります。Windows Server間でファイルを同期したいと思います。しかし、どういうようにすることはわかりません。教えていただきたいです。

--実例

ファイル サーバ 同期

確かに、Windows Server間でファイル同期を実行できます。サーバーユーザーの場合、組み込みの役割サービスであるDFSレプリケーションを使用できます。でも、操作が複雑です。幸いなことに、ファイル同期ソフトウェアAOMEI Backupper Serverを使用して、フォルダーを簡単かつ迅速に同期できます。そして、後で両方の方法を紹介します。

Windows Server間でファイルを同期するのはなぜ?

Windows Server 2012(R2)/2016/2019または以前のすべてのバージョン間でフォルダーの同期を開始する前に、3つの主な理由を理解しましょう。

  • チームファイルを簡単にアクセス:これは最も一般的な状況です。作業チームがある場合、またはチームと協力している場合は、チームのファイルまたはフォルダーを確認する必要があります。したがって、すべてのチームメンバーが必要な情報を取得し、より適切に作業できます。

  • 最新の変更を追跡:チームでは、すべてのメンバーがファイルを変更、削除、または追加できるため、変更に対応する必要があります。不必要なトラブルを減らし、作業をスムーズにすることができるからです。

  • 他の理由:データ損失防止(つまり、顧客情報)、ファイル転送、一元化されたファイル管理は、2つ以上のWindows Server間でファイルを同期する必要がある理由です。

次に、さらに面倒なことをせずに、Windows Server間でフォルダーの同期を開始しましょう。ここにあなたのための2つの方法があります。 最初にそれらを読んでから、必要に応じて1つを選択できます。

方法1:AOMEI Backupper Serverを使用してWindows Server間でファイルを同期する

AOMEI Backupper Serverは、Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019およびWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP用の信頼できるファイル同期ソフトウェアです。「ベーシック同期」、「リアルタイム同期」、「ミラー同期」、「双方向同期」など、さまざまなニーズに対応する4つの同期モードをサポートしています。その直感的なインターフェースのおかげで、ほとんどのユーザーは障害なく2つのサーバー間でフォルダー同期を行うことができます。

すべての手順は簡単に実行できます。バンドルされたソフトウェアがないため、わずかです。試しにダウンロードしてください。

Server版の無料体験

Win サーバ&PC向け

安全かつ高速ダウンロード

ファイルを同期するための詳細な手順

ここでは、Windows Server 2012を例として取り上げ、詳細な手順を示します。また、他のオペレーティングシステムでも実行できます。

手順 1. 共有フォルダーを作成し、サーバーの共有アクセス許可を設定します。

共有アクセス許可を設定

手順 2. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。次に、「同期」と「ベーシック同期」をクリックします。

ベーシック同期

✎補足:他の選択できる同期モードは3つあり、それらはさまざまな目的のために設計されています。
>>リアルタイム同期:この機能は、同期されたファイルまたはフォルダーをリアルタイムで監視し、検出されたらすぐに変更を同期する場合に役立ちます。
>>ミラー同期:この機能は、新しく追加されたファイルを削除し、ターゲットの変更または削除を元に戻すことにより、ターゲットディレクトリ内のファイルをソースとまったく同じに保つことです。
>>双方向同期この機能は、送信元ディレクトリと同期先の両方の変更を追跡し、それらを反対側に同期します。

手順 3. 「フォルダを追加」をクリックして、同期したいファイルまたはフォルダを選択します。

フォルダを追加

手順 4. 次に、ドロップダウンメニューをクリックし、「ネットワーク共有またはNASを選択」を選択して、必要な情報を入力します。その後、ネットワークの場所が一覧表示されます。作成した共有フォルダーを同期先として選択するだけです。

ネットワーク共有またはNASを選択

✎補足:ファイルサーバーをGoogleドライブ、Dropbox、OneDriveと同期して、簡単にアクセスすることもできます。これらの「クラウドドライブを選択」を使用すると、ネットワーク接続があれば、どのデバイスからでもファイルやフォルダーにアクセスできます。

手順 5. 「オプション」をクリックして、カスタマイズされた同期設定を設定します。「スケジュール」をクリックして、Windows Server 2012間でフォルダーを自動的に同期します。次に、すべてがOKであることを確認し、「開始」をクリックします。

  • デイリー/ウィークリー/マンスリー:これらの機能は、いつでもどこでも柔軟にアクセスできるように、ファイルをOneDriveに継続的に同期するのに役立ちます。

  • イベントトリガー:操作を妨げることなくファイルをバックアップまたは同期するには、イベントトリガーで「システムシャットダウン」を使用することを検討してください。

  • USB挿入:データをUSBフラッシュドライブに自動的に同期してどこにでも持っていくには、「USB挿入」を使用できます。人間の介入は必要ありません。

オプション

✎注意事項
◆ ソースフォルダ名を変更しないでください。変更すると、同期タスクが失敗します。
◆ 「ホーム」タブですべての同期タスクを管理できます。
◆ 共有フォルダー内のデータにアクセスするには、検索ボックスにコンピューターのIPアドレスを入力し、Enterキーを押してから、共有フォルダーをダブルクリックしてデータを表示します。

方法2:DFSレプリケーションを使用してWindows Server間でファイルを同期する

DFS レプリケーションは、ファイルとストレージサービスの1つです。このテクノロジは、Windows Server 2003 R2で初めて導入されました。Windows Server 2008/2008 R2/2012で、継続的に改善されています。したがって、Windows Server 2003 R2/2008/2008 R2/2012間でDFSファイル/フォルダの複製を使用することができます。

DFSレプリケーションを使用すると、ファイルやフォルダを複数のServerやサイトに効率的にレプリケートできます。また、リモート差分圧縮(RDC)と呼ばれます。この圧縮アルゴリズムを使用してファイル内のデータの変更を検出し、DFSレプリケーションでファイル全体ではなく変更されたファイルブロックのみをレプリケートできます。

これから、Windows Server間でファイルを同期させるための詳細な手順を紹介します。

DFSレプリケーションをインストールする

ステップ 1. サーバーマネージャーのメインページに入り、左側のパネルで「役割」をクリックして、右側のパネルで「役割の追加」にタグを付けます。

役割の追加

ステップ 2. 「サーバーの役割の選択」をクリックし、「ファイルサービス」の前にあるチェックボックスをオンにして、「次へ」をタップします。

サーバーの役割の選択

ステップ 3. 「役割サービス」をクリックし、「DFSレプリケーション」の前にチェックボックスをオンにして、「次へ」をタグ付けします。

DFSレプリケーション

ステップ 4. 役割、役割サービス、または機能をインストールすることを確認して、インストールをクリックします。

インストールをクリック

ステップ 5. インストールが完了するのを確認したら、インストールプロセスを待ってから「閉じる」をクリックします。

インストールが完了

DFSレプリケーションを構成し、最初のファイルレプリケーションを実行する

ステップ 1. 「開始」>「管理ツール」>「DFSの管理」をクリック続けて、「DFSの管理」>「レプリケーション」をクリックして「新しいレプリケーショングループ」を選択します。

新しいレプリケーショングループ

ステップ 2. 以下のように「レプリケーショングループの種類」を選択します。

レプリケーショングループの種類

ステップ 3. 「レプリケーショングループの名前およびドメイン」を設定し、「次へ」をクリックします。

レプリケーショングループの名前およびドメイン

ステップ 4. 「追加」をクリックし、Active Directoryでサーバーを検索し、「ファイルまたはフォルダを共有する」サーバーを選択して「次へ」をクリックします。

ステップ 5. Topology Selectionで「Full Mesh」を選択します。この機能を使用すると、ファイルが更新された場所に関係なく、共有したファイルをすべてのサーバー間で同期させることができます。

✎注意:
◆ この操作を実行するには、少なくとも3台のサーバーが必要です。
◆ ハブとスポークを使用する場合があります。しかし、ほとんどの場合、それを使用する必要はありません。

ステップ 6. いつでもファイルを同期させたい場合は、「全帯域幅」を使用するように選択します。

ステップ 7. 最初の同期でファイルが競合しないようにするには、「プライマリメンバー」を選択する必要があります。完全メッシュトポロジはすべてのサーバを等価として扱うため、最初の同期の後、すべてのファイルがほぼ即座に同期されます。

ステップ 8. 「追加」をクリックすると、新しいウィンドウが開き、複製するフォルダを選択して「次へ」をクリックします。ほとんどの場合、デフォルトの既存のアクセス許可が使用できるため、既定の既存のアクセス許可を使用できます。また、カスタムアクセス許可を設定することもできます。

ステップ 9. これで、前に選択したすべてのサーバーが表示されます。ローカルパスが設定されておらず、無効になっていることに注意してください。次に、「編集」をクリックして「有効」を選択し、リモートサーバー上の「ローカルフォルダ」を選択します。

ステップ 10. 選択した内容を確認し、すべての設定を確認して「作成」をクリックします。最終的な結果を待ちます。

✎注意:Server 2012 R2/2016/2019を使用している場合でも、複数の同期共有を行う作業フォルダーを使用して、2つのサーバー間でフォルダーを共有できます。

まとめ

Windows Server間でファイルを同期するには、DFSレプリケーションとAOMEI Backupper Serverの両方を使用できます。ただし、正直なところ、AOMEI Backupper Serverとのファイルの同期ははるかに簡単です。すべてのステップは、数回のクリックで完了することができます。ファイルを同期するの他に、差分バックアップ、システムイメージバックアップを作成、ファイルバックアップなど、他のバックアップ機能を実現することができます。

会社の管理者にとって、AOMEI Backupper Technician Plus版は、AOMEI Backupperを無制限のサーバーとPCにインストールできるため、最適なエディションです。さらに、無制限クライアントに有償技術サポートをサービスとして提供し、ポータブル用のインストールディレクトリをクローンできます。