By Machi / 最後の更新 2022年05月30日

パソコンとUSBメモリの間でファイルを同期する必要性

USBメモリは、PCの間でファイルを転送するのに非常に便利なリムーバブルストレージです。そのため、ほとんどのユーザーは複数のUSBメモリを持っています。

USBメモリには重要なファイルがある場合、USBメモリからパソコンにファイルを同期することをお勧めします。なぜなら、USBメモリは故障になったり、紛失したりする可能性があるからです。ファイルをPCとUSBメモリの間でお互いに同期して、二重保護をするのはもっと安全になるでしょう。

ファイルを同期

Windows向けの最高の同期フリーソフト-AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper StandardはWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP向けのプロのファイル同期フリーソフトです。このソフトを使用して、いくつかのクリックだけで、ファイル/フォルダーをパソコンとUSBメモリの間で高速に同期できます。初心者でも気軽に使えます。

USBドライブと内蔵ハードディスクに加えて、外付けハードディスク、共有フォルダ、NAS、クラウドドライブなどほとんどのデバイスを同期先/元として選択できます。
毎日/毎週/毎月の頻度で自動同期の実行を設定できます。
ニーズに応じて、削除操作の同期も有効化できます。

今すぐダウンロードして、試してみましょう~*★,°*:.☆( ̄▽ ̄)/$:*.°★* 。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

同期フリーソフトでPCとUSBメモリの間でファイル/フォルダを同期する方法

これから、AOMEI Backupper Standardを使用してPCとUSBメモリの間でファイル/フォルダを同期する方法をご案内します。ここでは、パソコンのファイル/フォルダをUSBメモリに同期するのを例として説明します。

開始する前に、まず、USBメモリをパソコンに挿入し、検出できることを確認します。次に、AOMEI Backupper Standardをインストールして実行します。

手順 1. 「同期」→「ベーシック同期」を選択します。

同期

★ 注意:「ベーシック同期」は、ソースディレクトリからターゲットディレクトリへの単方向同期です。あなたのニーズを満たすことができない場合、AOMEI Backupper Professional(30日間無料で利用可能)へアップグレードし、3つより高度な同期モードをアンロックしましょう。
双方向同期:一方にファイルが変更されると、もう一方に同期します。
リアルタイム同期:変更されたファイルをソースディレクトリからターゲットディレクトリへリアルタイムで同期します。
ミラー同期:ターゲットディレクトリのファイルは常にソースディレクトリと同じに保持しています。ソースディレクトリにないファイルがターゲットディレクトリに追加されると、削除されます。

手順 2. 他の同期タスクを区別するには、タスク名の変更をお勧めします。

名付ける

手順 3. 「フォルダを追加」をクリックし、同期するフォルダを追加します。

フォルダを追加

手順 4. USBメモリを同期先として選択します。

ターゲット

手順 5. ニーズに応じて、下の2つのオプションをクリックし、同期をカスタイズします。すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

スケジュール:自動同期を設定できます。AB Stdは毎日/毎週/毎月の3つの自動同期モードをサポートしています。AB Proなどの上位版へのアップグレードすると、USB挿入とイベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の2つより柔軟的なモードが利用可能です。ここでは、USB挿入に設定するのをお勧めします。これで、USBをパソコンに挿入すると、同期が自動的に実行されます
オプション:削除操作の同期、ターゲットディレクトリのファイルの整合性の確認などを有効にすることができます。

まとめ

以上では、AOMEI Backupper Standardを使用して、PCとUSBメモリの間でファイル/フォルダを同期する方法です。どうでしょうか?簡単でしょう?

AOMEI Backupper Standardはプロの同期ソフトであるだけでなく、プロのクローン、バックアップ&復元、ディスク消去ソフトでもあります。データをHDDからSSDに移行する場合でも、パソコンを完全に消去する場合でも、役立ちます。

また、Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。AOMEI Backupper Serverには、「PXEブートツール」という機能が搭載されています。この機能によって、ネットワーク経由でLAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。企業ユーザーには非常に便利です。今すぐダウンロードし、データを守りましょう!