By Comnena / 最後の更新 2020年08月10日

Onedriveとは

豆知識Microsoft OneDriveは、個人用のファイルやフォルダーをクラウドに保存できるクラウドストレージです。ファイルをPCに同期して、Webブラウザーまたはモバイルデバイスからアクセスしたり、これらのデータを一般ユーザーや特定の人と共有したりできます。Windows ServerをOneDriveと同期することもできます。

Windows ServerをOnedriveに同期する理由

主に、2つの理由があります。

✦ データのセキュリティを確保:サーバーからクラウドストレージへのファイルの同期は、データを安全に保護するための最良の方法の1つです。システムバックアップとして使用できます。システムに問題が発生した場合は、システム回復計画として使用できます。
✦ 任意のデバイス上からファイルにアクセス可能:OneDriveはWindows、Mac、Android、iOSで利用できるため、ほとんどすべてのガジェットからファイルを表示および管理できるようになります。他のデバイスでOneDriveファイルにアクセスするには、お使いのプラットフォーム用のOneDriveアプリをダウンロードするだけです。

PCのOneDriveフォルダーを使用してWindows Serverを同期します

OneDriveをダウンロードしたら、Microsoftアカウントでサインインします。OneDriveフォルダーを開きます。OneDriveフォルダーには双方向の同期機能があり、ファイルとフォルダーをOneDriveクラウドストレージアカウントに簡単に同期できます。OneDriveフォルダーからファイルを削除すると、それらもクラウドストレージアカウントから削除されます。

開始するには、ファイルをこのフォルダーにドラッグアンドドロップするだけです。完了すると、この青いアイコンが緑色のチェックマークに変わります。クラウドに正常に同期されたファイルは、OneDriveがインストールされている他のデバイスから非常に簡単にアクセスできます。

Windows Serverを自動的に同期するようにOneDriveをセットアップできますか?

OneDriveフォルダーにファイルをドラッグするのは簡単ですが、データが頻繁に変更されるときに手動でファイルを配置することは依然として多くの問題です。OneDrive for Businessの同期を使用する場合、データが頻繁に変更されるため、さらに厄介です。OneDriveをセットアップしてServer 2012、2016、2019を自動的に同期する方法はありますか?

実際、PCの「ドキュメント」フォルダーの場所をOneDriveの場所に設定すると、このフォルダーに保存されているすべてのものがクラウドと同期されます。方法は次のとおりです:

手順 1. PCにOneDriveが既にインストールされているとします。ファイルエクスプローラーのドキュメントフォルダーを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

手順 2. 「場所」タブを選択してから、「移動」を選択します。

手順 3. 表示されるボックスで、「OneDrive」をダブルクリックし、内部のドキュメントフォルダーを選択して、「フォルダーの選択」をクリックします。

手順 4. 完了したら、「OK」をクリックします。これで、「ドキュメント」フォルダー内のすべてのファイルがOneDriveに保存されるため、ドキュメントを失う心配はありません。

この方法は、個人用のファイルとフォルダに対しては正常に機能します。ただし、この方法をCドライブのフォルダーに適用すると、「プロパティ」をクリックした後に「場所」オプションが表示されなくなります。つまり、Windows Serverを自動的に同期するようにOneDriveをセットアップできません。OneDriveと手動で同期する必要があります。この場合、AOMEI Backupper Serverのようなサードパーティのソフトウェアを使用する必要があります。

AOMEI BackupperでWindows ServerをOnedriveに自動的に同期します

1つのファイルの場合は、OneDriveフォルダーにドラッグアンドドロップできます。ただし、大量のファイルと長期計画の場合は、専門のOneDrive同期ツールを使用することをお勧めします。また、毎日新しいファイルが作成され、元のファイルが頻繁に変更される可能性があるため、OneDriveクラウドへのバックアップをスケジュールすることをお勧めします。

Windows Server用のOneDrive同期ツール

AOMEI Backupper Serverは、Server 2008/2012/2016/2019とそのR2バージョン用のプロフェッショナルなOneDriveフォルダー同期ツールです。また、OneDrive for Businessの同期もサポートしています。さらに、このソフトウェアにはいくつかの便利な機能があります。同期中にそれらのいくつかを使用できます。

リアルタイム同期」をサポート:この機能は、同期するフォルダ(対象となるファイル)を監視します。いかなる変更を検出すると、ターゲットフォルダも同じく自動更新されます。
「ミラー同期」をサポートターゲットディレクトリは常にソースディレクトリと同じファイルを保存します。ターゲットディレクトリでソースディレクトリと一致していないファイルは、削除または上書きされます。
複数のオペレーティングシステムをサポート:Windows Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016に加えて、AOMEI Backupper ServerはWindows 7/8/8.1/10、Windows VistaおよびXPもサポートしています。
さまざまなバックアップデバイスをサポート:OneDrive以外にも、外付けHDD、別のコンピューター、リムーバブルUSBフラッシュドライブ、NAS、ネットワークなどの他の場所にファイルを同期できます。

これらの機能を使用してWindows ServerをOneDriveに自動で同期すると、時間と労力を節約できます。Windows Serverを自動的に同期するようにOneDriveをセットアップする方法を見てみましょう。

Windows ServerをOneDriveに自動的に同期する方法

ファイルの同期を開始する前に、アカウントがない場合はOneDriveにサインアップする必要があります。すでに持っている場合は、サインインする必要があります。

Windows Serverを同期する詳細な手順:

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードして、ソフトウェアを起動します。次に、AOMEI Backupperのインターフェースに移動します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP

手順 2. 左側から「同期」を選択します。次に、「ベーシック同期」を選択します。

▶ 注意:デフォルトでは、新しく追加&更新されたファイルのみ同期され、削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期するか選択可能です。

同期

手順 3. 「フォルダを追加」をクリックして、同期したいフォルダをマウントします。

フォルダを追加

手順 4. ドロップダウンメニューをクリックし、「クラウドドライブを選択」を選択して、OneDriveをターゲットパスとして選択します。

クラウドドライブを選択

手順 5. 下部にある「スケジュール」をクリックして、同期モードをセットアップします。その後、「開始」をクリックします。

  • デイリー/ウィークリー/マンスリー:これらの機能は、いつでもどこでも柔軟にアクセスできるように、ファイルをOneDriveに継続的に同期するのに役立ちます。

  • イベントトリガー:操作を妨げることなくファイルをバックアップまたは同期するには、イベントトリガーで「システムシャットダウン」を使用することを検討してください。

  • USB挿入:データをUSBフラッシュドライブに自動的に同期してどこにでも持っていくには、「USB挿入」を使用できます。人間の介入は必要ありません。

✎ノート:
◆ この同期タスクと別のタスクと区別したい場合は、「オプション」をクリックして固有のコメントを作成できます。電子メール通知を有効にすることもできます
このソフトウェアは、Windows Server間でのファイルの同期、2つのServer間でのデータの自動同期、ネットワークドライブとOneDriveの同期などにも適用されます。
さらに、AOMEI Backupper ServerはOneDrive同期ツールであるだけでなく、サーバーのバックアップと復元ツールでもあります。これを使用して、システム、ディスク、パーティションをバックアップし、復元することができます。OSを新しいサーバーに移行する場合は、「ユニバーサル復元」機能を使用できます。

結論

Windows ServerをOneDriveと同期することは、データを安全に保つための良い方法です。APMEI Backupperを使用してWindows ServerをOneDriveに自動的に同期することはさらに優れています。「スケジュール同期」または「リアルタイム同期」により、人間の介入なしにファイルを同期できます。また、すべてのデータを最新の状態に保ちます。これは、特にOneDrive for businessをサーバーのファイルバックアップとして使用するユーザーにとって非常に重要です。

社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択できます。それはクライアントに無制限の請求可能な技術サービスを提供します。また、ポータブルバージョンを作成するためにインストールディレクトリをコピーすることもできます。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@