By AOMEI / 最後の更新 2020年08月10日

サーバー間でデータを同期する方法は?

この記事では合わせて四つの方法を提供しますから、ニーズに応じて選択してください。

#1:外部ストレージメディアを使用して同期する

USBフラッシュなどの外部ストレージが持ちやすいので、よくデータを保存するために使用されています。Windows Serverでファイルやフォルダを同期するには、まずUSBフラッシュまたはその他のメディアを準備しておいて、それを転送ステーションとして使用し、データを移行します。

手順 1. USBフラッシュドライブを一つのサーバーに接続し、同期するファイルまたはフォルダをコピーして、USBに貼り付けます。そして、USBフラッシュドライブを安全に取り外します。

手順 2. USBフラッシュドライブを別のサーバーに接続し、同期するファイルをコピーしてサーバーに貼り付けます。

#2:ネットワークを介してデータを同期する

Windows Serverが同じネットワーク上にある場合、ローカルネットワークを使用してサーバー間でデータを転送することができます。

手順 1. サーバーに共有フォルダを作成します。共有フォルダを作成するには、共有したいフォルダに移動し、右クリックします。そして「プロパティ」、「共有」の順にクリックして、共有するユーザーを選択してアクセス許可を設定します。

手順 2. 二つのサーバーでファイルを同期します。ファイルをコピーして共有フォルダに貼り付け、別のサーバー経由で共有フォルダにアクセスできます。

#3:Windows組み込みツールを使用して同期する

DFSレプリケーションというツールが役立ちますが、Windowsにはデフォルトでインストールされません。サーバーマネージャーを使用して手動でインストールする必要があります。

手順 1. DFSレプリケーションを起動します。「サーバーマネージャー」、「サーバーの役割」の順に移動し、役割を追加します。

手順 2. 二つのサーバー間でデータを同期します。「スタート」、「管理ツール」、「DFSの管理」、「レプリケーション」の順に移動し、右クリックして「新しいレプリケーショングループ」を選択します。すべての手順を完了したら、データ同期が終わります。

サーバー間でデータを自動的に同期する方法は?

以上の方法で同期できますが、手順が難しいしか、毎回同期する時面倒くさい手順を繰り返すか、不便なところがあります。プロのファイル同期ソフトウェアを利用して、毎回データが自動的に同期するようにするのはいいじゃないですか。

プロのファイル同期ソフトウェアに関しては、Windows Server専用のAOMEI Backupper Serverは強くオススメします。このソフトウェアを使用すると、Windows Serverでファイルやフォルダを簡単の手順で自動的に同期することができます。それが紹介したいと思っている四つ目の方法です。では早速、その手順を見てください。

無料体験 Win サーバ&PC向け

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。

手順 2. ホームページで「同期」、「ベーシック同期」に移動してください。

同期

手順 3. 「フォルダを追加」をクリックしてください。

フォルダを追加

手順 4. 「ファイルを開く」というウインドウが開かれ、「Share/NAS」をクリックしてください。

ネットワーク場所を追加

手順 5. 「ネットワーク場所を追加」をクリックしてから、表示名とShare/NASのパスを入力し、「はい」をクリックしてください。必要に応じて、匿名をオフしてユーザー名とパスワードを入力してください。

ネットワーク場所を入力

手順 6. 左下隅の「スケジュール」をクリックして、毎日、毎週、毎月の同期またはイベントトリガー同期を設定します。

スケジュール

手順 7. 「開始」をクリックして、同期を始めます。

開始

それでは、自動的にファイル同期を設定する操作が完成しました。AOMEI Backupper Serverは安全且つシンプルなインフォメーションライフを与えます。

もし、社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択することができます。クライアントに無制限の請求可能な技術サービスを提供することができます。また、ポータブルバージョンを作成するためにインストールディレクトリをコピーすることもできます。

最後までありがとうございます。