By AOMEI / 最後の更新 2020年04月07日


ディスク領域不足で、Excelファイルが保存できない

領域不足

Excelでファイルを保存しようとすると、「ディスク領域不足」、「空き容量が不足しています」というメッセージが表示されます。その結果はファイルが保存できないです。特にそのドキュメントに多くの手間をかけた場合、本当につらくなります。でも、パニックにならないでください。次の部分では、ディスクがいっぱいになった問題がExcelで発生する理由と問題を解決する方法について説明します。

ファイル全体がディスクに保存できない

通常、Excelでディスクがいっぱいになったというエラーは、次の2つの状況で発生します。

ディスクはファイルを保存するための十分なスペースが足りません。

Excelファイルを保存するプロセスが中断されます。

ブックでファイルを作業している場合、Microsoft Excelは一時ファイル名で保存し、このファイルを元のファイルと同じフォルダに置きます。保存オプションをクリックすると、元のファイルが削除され、一時ファイルの名前が元のファイル名に変更されます。

したがって、ディスク領域は、保存するファイルサイズの2倍より大きくする必要があります。そうでない場合、「ディスクがいっぱいです」というエラーが発生する恐れがあります。

一方、Excelファイルの保存プロセスで障害が発生すると、Excelがディスクに保存されないという問題が発生します。たとえば、外付けHDDまたはネットワークドライブにファイルを保存しようとしたが、接続が切断された可能性があります。その結果、ファイルが適切に保存されないか、フォルダで1つ以上の一時ファイルが見つかったこともあります。

では、その修正方法は?

上記の部分から、Microsoft Excelのディスクがいっぱいになったエラーの原因が分かりました。引き続いて、問題の解決策を見てみましょう。

解決策1.ディスク容量を確認する

ディスクをチェックして、それが空き領域があることを確認してください。このPC /マイコンピュータを開いて、ディスクのバーを確認してください。バーが赤の場合は、ディスクがいっぱいでファイルが保存できないということです。一部のファイルを別のHDDに移動したり、古いファイルを削除したりして、ディスク領域を解放します。

解決策2.ファイルを別のHDDにコピーする

ディスクがいっぱいですので、保存されないエラーが発生するため、ファイルを別のディスクに保存したほうがいいと思います。ファイルをフロッピーディスクに保存する場合は、まずファイルをHDDに保存してから、フロッピーディスクにコピーしてください。

解決策3.ファイルを別の名前で保存する

ファイルのオプションに「名前を付けて保存」を選択して、ファイルの名前が変更できます。

解決策4.接続を確認する

上記のように、ディスクが誤ってシステムから切り離されると、「ディスクがいっぱいです」というエラーが表示されます。接続を復元するか、問題を修正する必要があります。

解決策5.保存を監視する

「ディスクがいっぱいです」というエラーは、ファイルを何度も保存した場合にも発生することがあります。ファイル共有が有効な場合、ブックを開くたびにファイルを保存する制限は60回です。この問題を避けるために、20回保存するたびにワークブックを閉じて再び開いたほうが良いです。

解決策6.ファイル共有をオフにする

ファイル共有が必要ない場合は、単にオフにすることができます。保存制限が削除されます。

ヒント:コンピューターを簡単にバックアップする方法

時々問題が修正できない場合もあり、システムの復元またはクリーンな復元を実行する必要があります。したがって、データの安全性を確保するために、コンピューターを定期的にバックアップすることをオススメします。AOMEI Backupper Professionalというソフトウェアがとてもいい選択肢です。システム、HDD全体、個々のパーティション、または選択したファイルのバックアップに役立ちます。その上、スケジュールされたバックアップタスクを設定して、バックアップを毎日、毎週、毎月実行できるようにします。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える
√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


AOMEI Backupperでバックアップしよう

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロード、インストール、起動してください。「バックアップ」をクリックし、「ファイルバックアップ」を選択してください。

ファイルバックアップ

ステップ 2. 必要に応じて「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてから、バックアップする内容を選択してください。

ファイルを追加

ステップ 3. バックアップ先のパスを選択してください。ローカルディスク、外付けHDD、NASネットワークの場所などへのバックアップがサポートされています。

ターゲットパスを選択

ステップ 4. 「開始」をクリックしてから、タスクが実行します。

ヒント:「スケジュール」をクリックして、カスタムスケジュールバックアップタスクが設定できます。 復元を実行する場合は、「ホーム」に移動し、バックアップタスクを見つけ、「追加」オプションをクリックし、「復元」をクリックしてください。

Excelファイルをディスクに保存できないエラーを修正する方法は以上です。データの安全性を確保するために、AOMEI Backupper Standardを使用してコンピューターのバックアップを作成することを忘れないでくださいね!

関連記事

Windows 10のアップグレードが途中停止?今すぐ解決!

Windows Server 2008 PC復元はなんだろう?その使用方法は?

ノートパソコンのHDD交換とOS再インストールする方法完全ガイド!