By Akira / 最後の更新 2021年12月28日

回復パーティションについて

回復パーティションはHDDの一部です。PCメーカーはそれを設定しておき、工場出荷時のシステムイメージを保持します。多くのラップトップに回復パーティションが付属しています。Acer eRecovery Management、ASUS Recovery Partition、Dell Factory Image Restore、Gateway Recovery Management、HP PC System Recovery、Sony VAIO Recovery Wizardなどの特定のユーティリティを使用してコンピューターを元の状態に戻すことができます。

これらの回復ツールを見つけるのは難しくないです。通常、起動時にCtrl+F11を押すのは回復手順の始めです。

回復パーティション

なぜ回復パーティションをUSBにコピーしますか?

回復パーティションをHDDからUSBドライブに移動するにはどうすればよいですか?

HPの回復パーティションをUSBドライブにクローンし、この低速HDDを高速SSDにアップグレードしたいと思います。では、回復パーティションをHDDからUSBドライブに移動するにはどうすればよいですか?

-Yahooからの質問

こんな状況に遭ったことがありますか?例えば、以後のシステム復元のために、ASUS回復パーティションをUSBにクローンしようとする場合、USBにこのパーティションをバックアップします。HDDを新しいディスクに置き換え、USBと起動可能なデバイスを挿入してPCを起動し、そしてUSBから回復を実行します。実は、回復パーティションで復元する結果はクリーンインストールとほとんど同じです。

回復パーティションをクローン

実際、回復パーティションをコピーする理由は他にもいくつかあります:

  • PCのHDDの空き容量を増やします。回復パーティションは元のPCの状態のイメージのみを保持しますが、容量が小さいディスクの場合、数GBのスペースも重要です。回復パーティションをUSBにクローンするなら、この余分の容量を使用して他のパーティションを拡張できます。回復パーティションの削除は1つの未割り当て領域を生成できます。そしてこの未割り当て領域をCドライブに移動してシステム容量を拡大できます。

  • 回復パーティションから起動可能なUSBを作成すると、システムがクラッシュした場合やHDDを交換したい場合に、システムの復元を実行することができます。

  • パーティションクローンは回復ドライブのバックアップとみなされます。例えば、USBにAcer回復パーティションをコピーしておきます。障害が発生する時、いつも対策があります。

Windows 7/8/10/11で回復パーティションをUSBにコピーする方法

Windowsの組み込みツールはクローン機能を持っていません。それにWindowsの内蔵ツールを使用して回復パーティションをUSBドライブにバックアップできません。それは回復パーティションがシステムプログラムを含むためです。「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」というエラーが表示される可能性があります。

幸いなことに、AOMEI Backupper Professionalはこの問題を解決できます。「パーティションクローン」の機能は、NTFSとFAT32ファイルシステム間のクローンだけでなく、隠し回復パーティションをUSBにコピーすることをサポートします。そのソフト(Windows 11/10/8/7/Vista/XPをサポート)をダウンロードして回復パーティションをクローンする方法を学びましょう。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動します。USBドライブを挿入し、Windowsはそれを検出できることを確認してください。「クローン」タブで「パーティションクローン」をクリックします。

パーティションクローン

2. 回復パーティションをソースパーティションとして選択します。

ソースパーティション

3. USBドライブをターゲットパーティションとして選択します。

ご注意:このUSBドライブ上のすべてのデータは削除されます。そのため、事前に重要なファイルをバックアップしたほうがいいです。

ターゲットパーティション

4. 操作概要画面で情報を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

操作概要

5. 最後はパーティションクローンが完了した後、「完了」をクリックしてプログラムを終了します。

ヒント:
セクター単位のクローン」チェックボックスにチェックを入れたら、ソースディスク上のすべてのセクタがコピーされます。
回復パーティションをSSDにクローンしたら、「SSD 4Kアライメント」ボックスをチェックするのは読み込みと書き込み速度を向上させます。

まとめ

このように、AOMEI Backupper Professionalを利用して、回復パーティションをUSBにコピーできます。

また、このソフトはシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップの機能をサポートします。不良セクターあるHDDをクローンするだけでなく、ブータブルUSBドライブをHDDにクローンすることもできます。今すぐダウンロードしてお試しください。