By Akira / 最後の更新 2021年09月16日

システムイメージをUSBにバックアップできない

 

組み込みのバックアップと復元を使用していますが、「システムイメージの作成」を使用してUSBスティックにバックアップできません。これは214GBの空き容量があるから、システムの合計占有容量をはるかに上回っています。ただし、ドライブが有効なバックアップメディアではないというプロンプトが表示され続けます。助けを得ることを願っています。

 

USBにバックアップできない

USBドライブが識別されなかったり、有効なバックアップ場所として認識されなかったりするために、システムをUSBにバックアップできないことは珍しいことではありません。ボリュームシャドウコピーサービスのエラーメッセージが表示される場合や、NTFSなどでフォーマットされていないためにこのドライブを使用してシステムイメージを保存できない場合もあります。

それから、システムをUSBドライブにバックアップできない一般的な状況を分析し、効果的なソリューションを提供することです。

WindowsユーティリティでUSBにバックアップする

システムをUSBドライブにバックアップすることは、Windowsの誤動作を防ぐための実行可能な方法です。重大な問題が発生した場合は、システムイメージ付きのUSBドライブを使用してコンピューターを元に復元できます。

他のデバイスと比較して、USBドライブは、システムに十分なスペースがある限り、安価で便利です。

これを行うには、2つの組み込みのWindowsユーティリティが役立ちます。

USBドライブにシステムイメージを作成する

1. Windows 10/8/7の「バックアップと復元」で、「システムイメージの作成」をクリックします。

2. ウィザードに従って「ハードディスク上」を選択し、接続されているUSBを宛先として選択できます。

システムイメージの作成

3. システムイメージには、Windowsを実行するために必要なすべてのドライブが含まれています。それはより多くのスペースを占有し、Windows回復環境でシステムイメージを使用してコンピューターを以前の日付に復元する可能性があります。

回復USBを作成する

1. タスクバーの検索ボックスで「回復ドライブの作成」を検索し、回復ツールを起動します。「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックマークを付けてから、USBドライブを回復メディアとして選択できます。

2. このような回復USBを使用すると、WinREのドライブからWindowsを再インストールできます。

回復ドライブの作成

システムをUSBにバックアップできない原因

USBでシステムイメージの作成を妨げる可能性のあるさまざまな問題やエラーがあります。考えられる原因いくつかリストしました。

USBが認識できない
ボリュームシャドウコピーサービスエラー
このドライブはNTFSでフォーマットされていない
ドライブが有効なバックアップ場所ではない
回復ドライブを作成できない

AOMEI Backupper StandardでシステムイメージをUSBにバックアップする

前述のように、Windowsの組み込みユーティリティを使用してシステムをUSBドライブにバックアップできますが、特定の制限があり、さまざまな理由で失敗する可能性があります。

だから、無料のバックアップおよび復元ソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを使用することをお勧めします。32ビットと64ビットの両方のWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPをサポートします。これには、オペレーティングシステムやその他のファイル、パーティション、さらにはディスク全体をさまざまな宛先にバックアップできる完全なバックアップオプションが含まれています。

AOMEI Backupper Standardを使用して、システムをUSBドライブにバックアップする場合、Windowsのバックアップと復元よりも制限が少なく、操作がはるかに簡単です。

こちらからダウンロード

AOMEI Backupper StandardでシステムイメージをUSBドライブにバックアップする方法:

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして起動します。USBを接続します。「バックアップ」タブに移動し、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

2. システムイメージを保存する場所(バックアップ先のドライブ)を選択します。

保存する場所

3. 下部にあるボタンでバックアップのオプションを設置します。次に、「開始」ボタンをクリックします。

ヒント:
オプション:バックアップモード、電子メール通知、コメント、圧縮、分割、暗号化などを設定することができます。(分割、暗号化は上位エディションで使用する必要があります。)
スケジュール:自動バックアップを設定します。デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入など、複数のオプションがあります。最後の2つは、上位エディションで利用できます。データをUSBに自動バックアップする場合は、ProfessionalエディションにアップグレードしてUSB挿入を選択できます。
スキーム:「差分バックアップスキーム」、「増分バックアップスキーム」(有料)を提供しています。古いバックアップを自動削除するルールを作成します。これは、ストレージスペースを節約するための高度な機能です。

開始

4. 復元する場合は、USBドライブを接続し、「復元」タブに移動してシステムの復元を実行します。

復元

そのほか:

  • システムイメージを別のコンピューターに復元する場合は、システムの復元を実行するときに「ユニバーサル復元」(Professional版などの上位エディションでサポート)にチェックマークを付けることを忘れないでください。

  • このソフトを利用して、起動可能なUSBを作成することもできます。コンピューターに障害が発生した時、起動可能なUSBからシステムを復元できます。

まとめ

十分なスペースがある限り、システムをUSBドライブにバックアップすることは実行可能です。ただし、バックアッププロセス中に予期しない問題が発生する場合があります。それらを修正するには、上記の方法を使用できます。面倒だと思ったら、もっと簡単な方法-AOMEI Backupper Standardを使ってみましょう。

このソフトはバックアップと復元に加えて、データを失わずにWindows 7 32ビットを64ビットに変更したり、mSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンしたりすることもできます。