By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

USBドライブは有効なバックアップの場所ではありませんについて

通常、ユーザーはUSBドライブにWindowsシステムイメージを作成したいと考えています。Windowsオペレーティングシステムが破損している場合は、このイメージでシステムを通常の状態に復元できます。ただし、「USBドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という問題が発生する場合は、迷惑にならないでしょうか?

具体的に、保存パスとしてUSBストレージデバイスを選択した後、「このドライブはNTFSでフォーマットされていないため、システムイメージを保存することはできません」というメッセージが表示されました。すると、ドライブをNTFSにフォーマットしましたが、「このドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という別のエラーが表示されました。

このメッセージが表示された理由は、Windows 7のバックアップと復元、Windows 8のファイルの回復で、どちらもUSB ドライブを宛先として使用することを許可しておらず、Windows 10も同じです。USBドライブの容量が非常に小さいため、スペースはすぐにいっぱいになります。また、USBドライブを失くしやすいし、他の人にアクセスされた可能性があります。そのため、USBドライブにシステムバックアップを作成することは、Windows 7/8/10ユーザーにとって推奨されるオプションではありません。

システムイメージの作成

「USBドライブは有効なバックアップの場所ではありません」の解決策

「USBドライブはシステムイメージの有効なバックアップの場所ではありません」という問題を修正するために、ここは2つの方法があります。

方法 1. システムを他のHDDにバックアップする

システムを外付けHDDにバックアップします。または、内蔵ハードディスクのパーティションにバックアップすることができます。この場合は、ハードディスクがフォーマットされていなくても、オペレーティングシステムが破損していても、イメージファイルからWindowsオペレーティングシステムを復元することができます。

方法 2. サードパーティのバックアップソフトウェアを使用する

問題を分析した結果、この問題を解決する最高の方法は、サードパーティのバックアップソフトウェアを使用することです。

強い機能と直感的なインターフェイスを備えたAOMEI Backupper Standardは、Windowsユーザーに強く推奨されておます。ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、システムの復元、起動可能なメディアの作成などの主な機能を提供します。ちなみに、これはシステムをバックアップするためのフリーウェアです。

また、システムバックアップ作成のもう一つの方法(より簡単、より便利)があります。AOMEI OneKey Recovery(OKR)を利用して、回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることができます。その回復パーティションを利用して、簡単かつ高速にシステムを復元することができます。

AOMEI Backupper StandardでシステムイメージをUSBドライブに作成する

AOMEI Backupperは、Windowsに組み込まれたバックアッププログラムよりも便利です。NTFS形式のUSBディスクへのシステムイメージの作成などに対応します。AOMEI Backupper Standardをダウンロードして起動してください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード→インストール→実行します。「バックアップ」の「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. システムイメージファイルを保存するターゲットの場所としてUSBフラッシュドライブを選択します(ここではFパーティションです)。このステップでは、NASデバイス、ネットワーク共有、外付けHDD、および内蔵HDDをターゲットとして選択できます。

ターゲットの場所

ご注意
必要に応じて、「タスク名」ボックスに名前を入力します。
AOMEI Backupperプログラムは、システムファイルに関するパーティションを自動的に選択して、Windowsオペレーティングシステムを正しく復元できるようにします。手動で選択する必要はありません。

ステップ 3. 「開始」をクリックして、Windowsシステムのイメージを作成します。

開始

バックアップソフトウェアとして他に何を期待するか:
オプション:システムバックアップのコメント、圧縮、分割、暗号化(有料)、電子メールまたはSMS通知の有効化などを行うことができます。
スケジュール:デイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入があります(AOMEI Backupper Professionalなどの高等版にアップグレードしてください)。
スキーム:古いバックアップを自動削除し、ストレージスペースを節約するルールを設定します(上位エディション)。

まとめ

バックアップ後、「USBドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という問題は最終的に修正されます。ミラーイメージはUSBフラッシュドライブに保存できます。紛失した場合に備えて、USBフラッシュドライブをお手入れしてください。次に、システムが破損したときに、イメージファイルを使用してUSBドライブからWindowsオペレーティングシステムを復元できます。