By Akira / 最後の更新 2022年11月01日

実例:クローンされたドライブがWindows 10で起動しない

時々、HDDのクローンを作成する必要がある場合があります。たとえば、HDDをSSDにクローンしてアップグレードしたり、HDDをより大きなドライブにクローンしてファイルを保存したり、ディスクのバックアップを作成したりします。それにもかかわらず、クローンディスクが起動しないという問題が多発しています。以下はユーザーからの例です。

 

HDDをクローンするためにSSDを購入しました。私はMacrium Reflectを使用し、試行錯誤を繰り返した後、プロセスを完了しました。USBからSATAケーブルを介して、コンピューターは新しいドライブを認識し、すべてのデータはFとして表示されます。ドライブを交換したところ、HDDがないためBIOSが起動できませんでした。古いドライブを元に戻し、ディスクの管理を確認しました。古いドライブは、プライマリパーティションに「ブート」、「ページファイル」、「クラッシュダンプ」、「プライマリ パーティション」が含まれていることを示していますが、新しいドライブのプライマリパーティションには「プライマリ パーティション」のみが表示されます。クローンを作成したドライブのスペースはより大きかったが、とにかくドライブをいっぱいにすることはできなかったので、Macriumのスペースを再割り当てしました。何らかの理由で、クローンされたドライブがWindows 10で起動しないと思います。

- あるユーザーからの質問

クローンされたSSDが起動しないのはなぜですか?

実際には、多くの要因によって、コンピューターがクローン作成されたドライブから起動しないことがあります。ここでは、よくある理由をまとめてみました:

クローン化したドライブが最初のブートオプションに設定されていない。
ブートモードがクローン化されたGPT/MBRディスクと互換性がない。
一意のSID(システム識別番号)がターゲットディスクにもクローン化されている。
移行中にブートコンフィグレーションデータ(BCD)が破損した。
その他、クローン作成中にソースドライブの不良セクタがターゲットドライブにマイグレーションされるなどのエラーが発生した。

Windows 10でクローンされたドライブを起動可能にする簡単な方法

上記のようなエラーの原因として考えられるものについては、その解決策も合わせてご紹介しています。

方法 1. クローンSSDから起動するように起動順序を変更する

コンピューターに複数のハードドライブがある場合、起動に失敗したとき、起動デバイスの間違いかどうかを検討する必要があります。

もしそうなら、特定のキー(通常F2、F8、F12、Del)を押してBIOSに入り、クローンSSDから起動するように起動順序を変更する必要があります。

boot

方法 2. BIOSモードをUEFI (GPT)またはLegacy (MBR)に切り替える

注意すべきことは、MBRディスクはLegacy BIOSで動作し、GPTディスクはUEFIで動作することです。そのため、MBR HDDをGPT SSDにクローンする必要がある場合、またはその逆の場合、それに応じてブートモードを切り替える必要があります。ブートモードを間違えると、クローンした後、SSDが起動しない原因になります。

ブートモードを変更するには、起動時にBIOSに入り、ブートモード(通常はBootタブの下)をLegacyまたはUEFIに選択する必要があります。

ブートモード

*お使いのパソコンがLegacy BIOSモードしかサポートしていない場合は、GPTをMBRに変換することができます。

方法 3. 元のドライブを消去する

多くのクローンソフトは独自のSID(System Identifier)生成ユーティリティを持っているが、例外もあります。ソフトがドライブ固有のSIDもコピーしてしまうと、どこから起動すればいいのかわからなくなり、システムを混乱させることになりかねません。

この場合、元のドライブを取り外すか消去することで、片方のドライブだけを使用できるようにすることができます。

ディスク消去

方法 4. 破損したBCDを修復する

BCDの破損が原因でクローン作成したドライブが起動しない場合、Windows回復環境にアクセスし、スタートアップ修復(詳細オプション > トラブルシューティング > 詳細オプション)を使用して修正するか、コマンドプロンプトでbootrec.exeコマンドを実行してBCDを再構築することが可能です。

Bootrec /fixmbr

Bootrec /fixboot

Bootrec /scanos

Bootrec /rebuildbcd

BCDを再構築

方法 5. クローン作成プロセスを再開してエラーを修正する

クローン作成プロセス中にエラーが発生した場合は、エラーを修正するか、クローン作成プロセスを再開するかを選択できます。これは確かに起動できない問題を修正するのに役立ちます。

したがって、最高のクローン作成ソフトウェアを使用することを強くお勧めします。AOMEI Backupper Professionalを使用すると、簡単な手順でHDDをSSDにクローンすることができます。そして、クローンされたドライブをWindows 10で正常に起動可能にすることができます。

AOMEI BackupperでWindows 10起動ドライブをクローンする方法

AOMEI Backupper Professionalは、Windows 10起動ドライブを安全かつ効率的にクローンするのに役立つ信頼性の高いソフトウェアです。このようにして、いくつかのブートの問題を回避することができます。手順に従って、Windows 10で起動ドライブを簡単にクローンします。

ご注意:
クローン作成後、ターゲットディスクの内容はすべて上書きされるため、事前にデータのバックアップを作成する必要があります。

ステップ 1. SSDをコンピューターに接続し、検出できるかどうかを確認します。次に、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「クローン」の「ディスクローン」をクリックします。

ディスクローン

ステップ 3. HDDをソースディスク(クローン元のディスク)として選択します。

ソースディスク

ステップ 4. 事前に接続したSSDをターゲットディスク(クローン先のディスク)として選択します。

ターゲットディスク

ステップ 5. 「SSD 4Kアライメント」チェックボックスにチェックを入れます。「開始」をクリックして、HDDからSSDへのディスククローン作成を実行します。

開始

ヒント:
宛先ディスクがSSDの場合は、「SSD 4Kアライメント」の前にチェックボックスをオンにすることをお勧めします。このオプションは、SSDディスクの読み取りと書き込みの速度を上げることができます。
「セクター単位のクローン」オプションも使用できます。これにより、使用されているかどうかに関係なく、ソースディスク上のすべてのセクターのクローンを作成できます。大容量HDDを小容量SSDにクローンする場合は、このオプションを選択しないでください。
容量の小さいHDDから大きいSSDへにクローンする場合は、「パーティションの編集」ボタンをクリックできます。ポップアップウィンドウでは、パーティションのドライブ文字を変更し、プライマリパーティション/論理ドライブを設定することができます。また、好きなようにターゲットパーティションのサイズを調整し、位置を移動することもできます。

パーティーションを編集

結論

クローンされたドライブが起動しないという問題が発生した場合は、上記の修復方法を試して、Windows 10でクローンされたドライブを起動可能できるようにすることができます。起動の問題を回避したい場合は、最高のディスククローンソフトウェア-AOMEI Backupper Professionalを使用してください。HDDのクローンを簡単かつ安全に作成するのに役立ちます。

さらに、Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを利用してください。