By Akira / 最後の更新 2022年05月18日

Windowsが正常に起動しない時、セーフモードでファイルを転送する必要

windows起動しない

Windowsユーザーは、システムが起動しないという問題に遭遇する可能性があります。そして、多くのことがWindowsの起動に失敗する原因となる可能性があります。

以前にシステムをバックアップしたことがある場合は、コンピューターを以前の日付に復元してWindowsを復元できます。正直なところ、システムバックアップイメージを使用してシステムを復元することは良い方法です。Windowsオペレーティングシステムを再インストールする必要はありません。

しかし、非常に重要なデータをデスクトップに保存するとどうなるでしょうか?システムを復元することを選択した場合、復元プロセス中にデータが失われる可能性があります。そして、Windowsが正常に起動しない時、セーフモードでファイルを転送する必要があります。

WBadminコマンドでファイルを転送する方法

WBadminはコマンドバックアップユーティリティです。セーフモードでコマンドプロンプトまたはPowerShell(Windows 10)を使用してデータをバックアップできます。WBadminコマンドを使用すると、システムの起動に失敗したときにセーフモードでファイルを転送することができます。以下の手順に従ってください。

ステップ 1. コンピューターを起動し、F8キーを繰り返し押します。

ステップ 2. 「詳細ブート オプション」が表示されます。矢印キーを使用して、コマンドプロンプトで「セーフ モード」を選択します。

セーフ モード

ステップ 3. 次に、コマンドプロンプトでWBadminと入力して、障害が発生したシステムのデータをバックアップします。たとえば、C:ドライブを外付けHDD(ここではF:)にバックアップする必要がある場合は、次のコマンドを入力できます。

Wbadmin start backup -backuptarget:F:-include:C:

また、HDDを交換する必要がある場合は、WBadminを使用してHDDの全体をバックアップし、すべての古いデータをHDDに保持する必要があります。

ステップ 4. その後、操作内容を表示して確認します。「Y」と入力するだけで、セーフモードでバックアップを開始できます。完了後、ファイルを転送することができます。

しかし、セーフモードから正常に起動できるとは限りません。セーフモードで起動できない場合、どうすればファイルを転送できますか?以下の内容を読み続けてください。

AOMEI Backupperでファイルを転送する方法

Windows 11/10/8/7セーフモードでファイルを転送できない場合は、起動可能なCDが必要です。これにより、そこからコンピューターを起動できます。したがって、AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。

起動可能なディスク(CD、DVD、USBドライブ)の作成に役立つだけでなく、システムを復元したり、オペレーティングシステムを再インストールしたりする前に、ファイルを外付けHDDに転送することもできます。セーフモードでファイルを転送できないという問題を修正するには、次の手順を実行します。

1. ブータブルディスクを作成する

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「ツール」をクリックしてから「ブータブルディスクの作成」を選択します。

ブータブルディスクの作成

ステップ 3. ブータブルメディアの種類を指定します。Windows PEはLinuxよりも多くの操作を提供するので、ここではWindows PEを選択することをお勧めします。

ブータブルメディアの種類

ステップ 4. ブータブルCDを作成するには、互換性を考えて、「UEFIブータブルディスクを作成します」をクリックします。次の画面で「DVDドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。

DVDドライブ

*ブータブルCDを作成するにはDVD/CD書き込みソフトが必要です。またDVD-ROMドライブに挿入CDを挿入する必要があります。さもないと「DVDドライブ」が利用できません。

ステップ 5. 最後は「開始」をクリックしてWindows PEブータブルCDの作成を実行します。ブータブルCDの作成が完了した後、コンピュータを再起動し、BIOS設定でCD-ROMドライブをBoot Orderの最優先にします。

2. ファイルを転送する

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを開きます。ファイルを別の場所に転送する場合は、ここの「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」を選択できます。

ファイルバックアップ

ご注意:HDD全体をコピーする場合は、「クローン」タブで「ディスククローン」を選択できます。

ステップ 2. 「ファイルを追加」をクリックしたあと、バックアップしたいファイルをバックアップの対象として選択して「開く」をクリックします。

ファイルを追加

ステップ 3. 次にはバックアップイメージファイルを保存する場所(バックアップ先)を指定します。すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

開始

まとめ

システムの起動に失敗した場合、Windows 11/10/8/7のセーフモードでファイルの転送を試みることができます。セーフモードでファイルを転送できない場合でも、心配しないでください。Windowsを起動しなくても、AOMEI Backupper Standardを使用してファイルを別の場所に移動することができます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較