By Akira / 最後の更新 2022年07月19日

実例:要求されたデバイスが接続されていないか、アクセスできません

 

PCを再起動するたびに、「要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません」というエラーとエラーコード0xc000000fが表示されます。これを修正する方法がありますか?

- あるユーザーからの質問

コンピューターにブルースクリーンが突然表示されて、次のエラーメッセージが表示された場合:

要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません(0xc00000f)。

たぶんBCDの欠落、システムファイルの破損、またはデータケーブルの損傷の原因です。理由が何であれ、数回試行しても左下隅の提案は機能しない可能性があります。また、Windowsを起動して一般的な対策を講じることもできません。この場合、次の方法でトラブルシューティングを行うことができます。また、システムを復元し、関連するすべての問題を解決するための最終的な対策を講じることもできます。

エラーコード0xc000000f

エラーコード0xc000000fの修正方法

0xc00000fの特定の原因によると、要求されたデバイスが接続されていないか、Windows10でアクセスできないという問題を解決するいくつかの方法があります。

*方法2から方法6まで、高度な起動オプションにアクセスする必要があります。ここに2つの一般的な方法があります(詳細ガイドは「Windows 10リカバリモード」でも確認できます)。

インストールディスクまたはリカバリドライブを挿入し、しばらく待って、Windowsセットアップで言語、地域などを選択し、「次へ」⇒「コンピューターの修復」をクリックします。
電源ボタンを押したままにして、PCをシャットダウンします。電源を入れて、メーカーのロゴが表示されたら電源を切ります。もう一度、電源を入れたり切ったりします。3回目の起動時に、WinREに入ります。

以上の修正方法がPCで実行できない場合は、次のセクションを参照してください。

方法 1. 外部デバイスを取り外して確認する

他の作業を行う前に、接続されているすべてのデバイスをコンピューターから削除し、再起動して、問題の原因が最近追加されたデバイスである可能性を排除してください。

コンピュータがこのように正常に起動する場合は、これらのデバイスを1つずつ再接続し、それぞれの後にコンピュータを起動できます。そうすれば、どのデバイスがエラーコード0xc000000fの原因であるかを見つけることができます。

方法 2. スタートアップ修復を実行する

スタートアップ修復は、Windowsのいくつかの一般的なスタートアップの問題を解決できます。PCを正常に起動できない場合は、WinREでこの機能を試すことができます。

ステップ 1. 「トラブルシューティング」⇒「詳細オプション」をクリックします。

ステップ 2. 「スタートアップ修復」を選択します。修理が完了するまで少し時間がかかります。

ステップ 3. PCを再起動して、「要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません」というエラーがまだ存在するかどうかを確認します。

スタートアップ修復

方法 3. システムの復元を実行する

そのようなエラーがないときにWindows10で復元ポイントを作成した場合は、システムを通常の状態に復元することで簡単に修正できます。

ステップ 1. 「トラブルシューティング」⇒「詳細オプション」をクリックします。

ステップ 2. 「システムの復元」を選択し、準備が完了するのを待ちます。

システムの復元

ステップ 3. 必要に応じてアカウントにログインします。次に、システムの復元ウィザードが表示されます。

ステップ 4. 「次へ」をクリックして復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ステップ 5. 「完了」をクリックして復元を開始します。その後、コンピュータを再起動して、PC /デバイスをまだ修復する必要があるかどうかを確認します。

Windows11/10/8/7でシステムを復元する方法の詳細な手順を確認できます。

方法 4. コマンドプロンプトでBCDを再構築する

BCDは、Windowsを正しく起動できるかどうかを主に決定する起動構成データを参照します。だから、BCDエラーが発生した場合は「要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません」の問題を引き起す可能性があります。コマンドプロンプトを使用してBCDを再構築するのが効果的な方法でPCを修復することができます。

ステップ 1. WinREで、「トラブルシューティング」⇒「詳細オプション」⇒「コマンドプロンプト」をクリックします。

ステップ 2. 最初にアカウントにログインするように求められる場合があります。次に、次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。Bootrec /fixmbr⇒Bootrec /fixboot⇒Bootrec /scanos⇒Bootrec /rebuildbcd

ステップ 3. Aと入力してインストールをブートリストに追加し、Enterキーを押します。

ステップ 4. コマンドプロンプトを終了し、「次へ」をクリックしてWindows10を起動します。

ご注意:bootrec /scanosを実行した後、「Windowsのインストールとして識別された合計数」というプロンプトが表示された場合は、BCDを再構築する前に次のコマンドを入力してください。

bcdedit /export C:\bcdbackup

C:

cd boot

attrib bcd -s -h –r

ren C:\boot\bcd bcd.old

bootrec /scanos

方法 5. ディスクとシステムファイルを確認する

コマンドプロンプトを実行して、ディスクとシステムファイルの破損するかどうかを検出できます。また、WinREに入ることが必要です。

ステップ 1. 「トラブルシューティング」⇒「詳細オプション」⇒「コマンドプロンプト」をクリックします。

ステップ 2. コマンドsfc / scannowを入力してシステムファイルを確認し、Enterキーを押して、プロセスが終了するのを待ちます。

ステップ 3. CHKDSK C:/ f / rと入力し、Enterキーを押して実行します。

ステップ 4. プロセスが完了したら、コンピューターを再起動します。

sfc / scannow

方法 6. コマンドプロンプトでアクティブパーティションを設定する

エラーコード0xc000000fは、アクティブパーティションの設定が間違っていることが原因である可能性があります。修正するには、WinREで次の手順を試すことができます。

ステップ 1. 「トラブルシューティング」⇒「詳細オプション」⇒「コマンドプロンプト」をクリックします。

ステップ 2. 次のコマンドを入力します。それぞれの後にEnterキーを押すことを忘れないでください。diskpart⇒list disk⇒select disk 0(0はシステムディスクの番号を示します)⇒list partition⇒select partition 1(1はシステムパーティションの番号を示します)

ステップ 3. プロセスが完了したら、コンピューターを再起動します。

システムディスク

方法 7. 「セキュアブート」を無効にする

セキュアブートにより、PCはブートプロセス中にメーカーが信頼するファームウェアのみを使用するようになります。ただし、ハードウェア構成エラーが原因で起動時の問題が発生する場合があります。エラーコード0xc000000fを修正するには、1つの可能な方法はセキュアブートを無効にすることです。

ステップ 1. 特定のキーを押してBIOS設定を入力します。キーはDelete/F2/F10/F12などです。不明な場合は、インターネットで検索するか、ユーザーマニュアルを参照してください。

ステップ 2. 「セキュアブート」を見つけて無効にします。普通は「セキュリティ」または「起動」の中でオプションがあります。

ステップ 3. 設定を保存し、BIOSを終了します。コンピュータは自動的に再起動します。

セキュアブート

方法 8. 起動からBIOS設定をリセットする

BIOS設定が破損しているか正しくない場合、エラーコード0xc000000fが発生することがあります。この場合、BIOS設定をリセットできます。

ステップ 1. 特定のキーを押してBIOS設定を入力します。

ステップ 2. F9キーを押して工場出荷時のデフォルト設定を自動的にロードし、操作を確認します。

ステップ 3. 変更を保存してBIOSを終了します。または、F10キーを押しても実行できます。

BIOS設定

別のPCからシステムイメージを復元して、起動エラーを修正する

多くのWindowsユーザーがエラーコード0xc000000fに遭遇した可能性があり、Windowsにログインできないという事実が状況を悪化させています。もちろん、(上記のように)特定の方法を試すことはできますが、どれも機能せず、以前に作成されたバックアップ、復元ポイント、またはリカバリドライブがない場合はどうなりますか?専門家に電話したり、コンピューターを再インストールしたりしたくない場合は、Windowsで起動した別のPCからシステムイメージを復元できます。プロセスはおおまかに次のようになります。

実行中のコンピューターのオペレーティングシステムをバックアップし、外付けハードドライブ(または同様のストレージデバイス)に保存します。
また、実行中のコンピューターで起動可能なメディアを作成します。
起動可能なメディアとシステムイメージを含むデバイスを、誤動作しているコンピューターに接続します。
起動時からシステムイメージを復元してから、コンピューターを再起動します。

システムイメージを作成し、リカバリUSBを作成するためのWindows組み込みツールがありますが、異なるハードウェアに関しては、失敗する可能性が非常に高くなります。したがって、ここではAOMEI Backupper Professionalを使用して、起動可能なメディアを作成し、システムイメージを別のハードウェアに復元することができます。

また、エラーコード0xc000000fを修正しても、同様の問題が何度も発生する可能性があります。だから、必要に応じて、システムイメージのバックアップをより適切に計画できます。AOMEI Backupperは、システム/ディスク/パーティション/ファイルのバックアップ、OSの移行、ディスクのクローン作成、ファイルの同期などを実行するのに役立つツールです。

別のコンピューターからシステムイメージを復元するには、上位エディションが必要です。無料な体験版をダウンロードしてお試しください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ご注意:他の方法でエラー0xc00000fを解決でき、予防策としてシステムをバックアップするための便利なツールが必要な場合は、AOMEI Backupper Standardで十分です。

1. AOMEI Backupper Standardを使用してシステムバックアップを実行する

ステップ 1. PCにAOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。「バックアップ」の「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ 2. 宛先場合を選択します。必要に応じて、システムを外付けHDDまたはNAS、クラウドドライブなどにバックアップできます。

宛先場合

ステップ 3. 「開始」をクリックして完了するのを待ち、「完了」をクリックして終了します。

バックアップソフトウェアとして他に何を期待するか:
オプション:バックアップについてコメントしたり、バックアップモードを選択したり、イメージを圧縮したり、イメージを分割したりできます。
スケジュール:デイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入があります。(最後の2つは、上位エディションで利用できます。)
スキーム:古いバックアップを自動削除し、ストレージスペースを節約するルールを設定します(上位エディション)。

2. ブータブルメディアを作成する

「ツール」タブに切り替えて、PCに「ブータブルメディア」を作成します。サポートされているデバイスには、USB/CD/DVDが含まれます。

ブータブルメディアの作成

3. 障害のあるPCにシステムイメージを復元する

ステップ 1. 異なるハードウェアで作成されたシステムイメージを復元するには、起動可能なドライブを起動不可能なコンピューターに挿入する必要があります。AOMEI Backupper Standardがポップアップしたら、「復元」をクリックしてシステムイメージを見つけます。

復元

ステップ 2. 復元後にコンピューターを起動できるかどうかを確認するために、復元を開始する前に「ユニバーサル復元」オプション(AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする)を確認することを忘れないでください。

復元開始

ステップ 3. 問題を修正した後、毎日のデータ保護と災害復旧のためにAOMEI Backupper Standardはいつでも使用できます。

まとめ

エラーコード0xc000000fを解決するには、さまざまな解決策を試すことができます。ただし、Windowsは複雑で問題が発生しやすいため、再発しないことを保証することはできません。オペレーティングシステムを保護する最高の方法は、適切なバックアップ習慣を身に付け、定期的にシステムイメージを作成することです。

AOMEI Backupper Standardを使用すると、このプロセスを大幅に簡素化できます。Windows 10のリセットの失敗、Windows 10のBCDファイルの損失、Windows 10のエラーコード0xc000000fなど、多くのシステムエラーを防ぐことができます。