Windows Server 2016を外付けHDDにバックアップする方法

なぜWindows Server 2016を外付けHDDにバックアップするのは必要ですか

Windows Server 2016を外付けHDDにバックアップするのは沢山の利点があります。第一、それはHDD破壊の事故からデータの安全性を保護できます。HDDが壊れると、ディスク上のすべてのデータが紛失します。それは大きなダメージをもたらします。でも、外付けHDD上のデータは安全かつ完全です。そのため、バックアップイメージがあるこの外付けHDDを使用して、破壊されたディスクを代替できます。第二、新しいコンピューターをWindows Server 2016でインストールするつもりなら、この外付けHDDを使用してユニバーサル復元を実行できます。それは新しいブランドのシステムとアプリケーションをインストールすることを代わります。沢山の時間を節約できます。第三、ビジネスの秘密は会社にとって重要です。それを直接にコンピューターに保存するなら、ハッカーにダメージ、盗難されるかもしれません。そのため、Windows Server 2016を外付けHDDに維持するのは完全な方法です。

Windows Server 2016のWindows Serverバックアップ

Windows Server 2016はWindows Serverバックアップと言われたバックアップツールがあります。データのローカルバックアップを行うことを許可しますが、それはデフォルトでインストールされません。それを使用してWindows Server 2016バックアップを作成するために事前にそれをインストールしなければなりません。それをインストールした後、「バックアップ」を検索して、それを開きます。あるいは、スタートメニューをクリックして、「サーバーマネージャ」を選択します。そして「ツール」の中部で「Windows Serverバックアップ」をクリックします。

Windows Serverバックアップ

そして、自分の要求によって、操作ペインで「バックアップスケジュール」または「バックアップ1回限り」を選択できます。

バックアップ種類選択

そして、ウィザードに従って、バックアップをステップバイステップ実行することができます。Windows Server 2016を外付けHDDにバックアップするために、宛先場所を選択できます。

バックアップ先

すべての設定の後に、確認が終わったら、Windows Server 2016を外付けHDDにバックアップすることができます。こんな多い操作が必要であるなら、それは複雑と思わない?次の文はより簡単な方法を紹介します。

より簡単にWindows Server 2016を外付けHDDにバックアップします

外付けHDDを使用してWindows Server 2016をバックアップするのに、AOMEI Backupper Serverを非常に推奨します。それは良いバックアップと復元のソフトウェアです。特にWindows Server 2016/2012/2008などを含むWindows Serverシステムのためです。バックアップイメージを復元するのに十分な容量がある外付けHDDを準備します。またそれを検出できることを確認します。そうではないなら、ディスクを初期化し、またはNTFSファイルシステムにそれをフォーマットするべきです。そして、このソフトウェアを使用して、Windows Server 2016を外付けHDDにバックアップできます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。その深い青色GUIを表示します。「バックアップ」をクリックして、そしてバックアップ種類を見られます。「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ 2. システムバックアップはソース部分をデフォルトで選択します。そのため、事前に挿入した外付けHDDをターゲットスペースとして選択して、C:ドライブ上のすべてのデータを保存する必要があります。

開始

ステップ 3. 「開始」をクリックして、確認した操作を提出します。

このページの下部で2つのオプションを見つけるかもしれません(実はDVD/CDにバックアップしないなら、ここでは3つのオプションがあります。多い設定を操作できます)。オプションを使用して、バックアップのためにコメントを追加できます。また、バックアップのためにパスポート保護を作成できます。