By ゆき / 最後の更新 2020年01月07日

この記事では、Windows Server 2012リカバリディスクを作成して、OSを修復する方法をご紹介します。

Windows Serverリカバリディスクとは

Windows Serverのリカバリディスクは、Windows Server 2008/2012/2016/2019(R2)のトラブルシューティングを行うことができる起動可能なメディア(USBフラッシュドライブ、CD、DVD、フロッピーディスクなど)です。

通常、インストールディスクがコンピューターに付属している場合は、それをリカバリディスクとして使用できます。そうでない場合は、MicrosoftストアからISOファイルをダウンロードしてUSBドライブに書き込むことができます。しかし、Windows Server 2008 (R2) リカバリディスクを使用してserver 2012 (R2) を復元することができません。つまり、Windows Server 2012 (R2) のリカバリディスクを使用してserver 2012 (R2) を復元するしかできません。

この問題を回避するには、サーバーバックアップソフトウェアを使用して、server 2008/2012/2012 R2/2016を含むすべてのコンピューターに適用できるリカバリディスクを作成できます。

Windows Server 2012修復ディスクを作成する理由

ほとんどの場合は、ユーザーはサーバーベースのコンピューターを直接購入して使用できます。そして、大多数のユーザーが予期しないことを考慮に入れることは決してありません。しかし、誰もが将来的にコンピュータがうまく機能すると約束することはできません。お使いのコンピュータはシステムクラッシュ、ハードドライブの故障、ウイルス攻撃などのために問題に遭遇する可能性があります

コンピューターが起動できない場合は、問題があるコンピューターのトラブルシューティングを行う必要があります。インストールディスクかリカバリディスクかに関わらず、ブータブルメディアを作成することが重要です。

Windows Server 2012のリカバリディスクを 作成してPCを修復する

すべてのOSにリカバリディスクが必要です。Windows Serverも例外ではありません。下記は、リカバリディスクを作成して、コンピューターを修復する方法を説明します。

Windows Server 2012のリカバリディスクを作成する

リカバリディスクを作成することになると、多くのユーザーは最初にWindows 10/8/7用のリカバリディスクを作成することを考えます。サーバー用のリカバリディスクを作成することは考えません。しかし、Windows Serverにとって本当に重要です。オリジナルのインストールディスクをお持ちの場合は、それを使用できます。これはリカバリディスクそのものです。

しかし、オリジナルのインストールディスクがない場合は、詳細な手順に従うことができます。ISOファイルがない場合はMicrosoftストアから Windows Server 2012 ISOファイルをダウンロードする必要があります。もう持っている場合は、次へ続きます。

手順 1. Windows 7 USB DVD download toolをダウンロードします。これはWindows Server 2012に最適です。Windowsで使用されているインストールシステムは、Windows 7/2008 R2以降、実際には変更されています。

手順 2. それを起動し、ISOファイルをみつけます。

バックアップ

手順 3. USBデバイスとDVDの間でメディアの種類を選択します。USBデバイスを選択して、リカバリディスクの作成方法を紹介します。

手順 4. ISOファイルをコピーしてUSBデバイスを起動可能にします。メディアをコンピューターに接続して選択し、「開始」をクリックすることができます。その後、USBデバイスをフォーマットし、次にUSBデバイスにISOファイルをコピーしてそれを起動可能にします。

手順 5. すべての終了後、リカバリディスクの内容を見ることができて、ISOファイルと全く同じであることを確認します。

これでリカバリディスクができました。復元したい場合は、まだシステムイメージのバックアップが必要です。システムイメージのバックアップがない場合は、最初にシステムイメージのバックアップを作成する必要があります。Windows Server 2012を復元する場合は、Windows Server 2012でシステムイメージのバックアップを作成する必要があります。

Windows Server 2008/2012 (R2) を復元する手順

手順 1. インストールディスク/USBブータブルディスクを光学式ドライブに接続します。

手順 2. インストールディスク/USBブータブルディスクから起動します。

手順 3. Windowsセットアップ画面で、「コンピューターを修復する」をクリックします。

バックアップ

手順 4. トラブルシューティング」を選択します。

手順 5. システムイメージの復元」を選択します。

手順 6. Windows Server 2019/2016/2012/2012 R2/2008のような「Windowsシステム」を選択します。

手順 7. コンピューターの再イメージ画面で、前に作成してイメージを選択します。

手順 8.次へ」をクリックして、最後のステップまで指示に従ってください。

ほとんどの場合は、リカバリディスクは付属のコンピューターにロックされています。したがって、Windows Server 2008のインストールディスクとシステムイメージのバックアップを使用してWindows Server 2012を復元すると、失敗します。

そのような場合は、サーバーバックアップソフトウェアを使用してリカバリディスクを作成し、それを使ってコンピューターを復元することができます。

Windows Serverを保護する方法|絶対にお見逃しなく!

人気のおすすめのバックアップソフトAOMEI Backupper Serverは、Windows Server向けの強力なバックアップ&復元できるサードパーティ製ソフトウェアです。これは柔軟なオプションでシステム/ディスク/パーティション/ファイルのバックアップを行うことを可能にし、Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011などのすべてのWindows ServerエディションおよびWindows PCシステムに対応します。

AOMEI Bakupperによって作成されたリカバリディスクは、R2を含むWindows Server 2008/2012/2016/2019に適用できます。つまり、各オペレーティングシステムでリカバリディスクを作成し、1つずつ復元する必要はありません。

AOMEI Backupper Serverは素晴らしい選択だと思います。有料版だけど、購入前にその無料体験版をダウンロードして30日間試用することができます。お買い求め90日間無条件返金保証30日間無料体験Windows PC&Serverをサポート
また、企業は台数無制限のサーバーでこのバックアップソフトを使用したい場合、AOMEI Backupper Technician Plus版を選んでください。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードして開けます。

手順 2. メインページで「ユーティリティ」>「ブータブルメディアの作成」の順にクリックします。

バックアップ

手順 3. 必要に応じて「ブータブルディスクの種類」を選択します。LinuxベースのブータブルメディアではAOMEI Backupperの基本機能しか使用できませんが、Windows PEベースのブータブルメディアではすべての機能を使用できます。

バックアップ

手順 4. このウィンドウで、ブータブルメディアを選択してください。CD/DVD、USB起動デバイス、エキスパートISOファイルでブータブルメディアを作成することを選択できます。

バックアップ

手順 5. UEFIとレガシBIOSの間のブートモードを選択します 。一般に、推奨されるオプションはコンピュータの起動モードです。このソフトウェアはコンピュータの起動モードを検出することができるからです。

注:
その他、ここではコンピューターを起動するためのもう2つの方法があります。

1.AOMEI PXEツールから起動します。

2. Windows 10の修復環境で起動します(最初にAOMEI BackupperをWindowsの修復環境に統合する必要があります)。

Windows Server 2008(R2)/ 2012(R2)/2016リカバリディスクの使用方法

手順 1. リカバリディスクを使用してコンピュータを起動します。

手順 2. バックアップイメージが保存されている外付けハードドライブをコンピュータに接続します。

手順 3. AOMEIBackupperのメインページをロードした後「復元」をクリックしてください。

手順 4. システムバックアップタスクを選択して下さい。

手順 5. 前のバックアップからバックアップポイントを選択します。

手順 6. ソースパーティションとデスティネーションパーティションをプレビューしてから、「開始」をクリックします。

注:
Windows Serverバックアップのベアメタルリカバリを別のハードウェアに進める場合は、「ユニバーサル復元を有効にする」を選択する必要があります。

まとめ

いつのまにコンピューターが起動できなくなる可能性があるため、Windows Server 2008/2012(R2)のリカバリディスクを作成することが不可欠です。リカバリディスクがあれば、起動できなくてもコンピューターを復元できます。インストールディスクと比べると、AOMEI Backupperによって作成されたリカバリディスクは優れています。リカバリディスクを1つ作成するだけで、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019に適用できます。サーバー上の重要なデータをよりよく保護するために、バックアップ計画もお勧めします。