By Comnena / 最後の更新 2021年09月23日

Windows Server 2016のWindows Serverバックアップ

Windows Serverバックアップ

Windows Serverバックアップ(WSB)はWindows Server 2016/2012 R2/2012/2008 R2/2008の内蔵バックアップツールです。いつでも必要がある時、それは基本的なバックアップを作成し、回復タスクを実行するウイザードを提供します。新しいWindows Server 2016は問題がある可能性が高いのでWindows Server 2016のシステムイメージバックアップの作成はより重要そうです。

WSBを使用して、フルサーバーバックアップ(すべてのボリュームを含む)、指定されたボリュームやパーティションバックアップ、システム状態バックアップ、指定されたファイルやフォルダバックアップを実行できます。Windows Server 2012以降、WSBは4Kセクター高度なフォーマットのHDDと2TB以上のパーティションをサポートします。そのため、フルサーバーバックアップをより簡単に作成できます。

もし、ディスク障害、システムクラッシュのような悪いことが発生する場合、ベアメタル回復を実行してデータ損失を心配せずにすべてのことを回復できます。

WSBでWindows 2016システムイメージバックアップを作成します

Windows Serverバックアップを使用する前にまずそれをインストールする必要があります。
「サーバーマネージャー」>「役割ベースまたは機能ベースのインストール」>「Windows Serverバックアップ」に移動します。
「機能」ウィザードで、「Windows Serverバックアップ」をオンにして、「インストール」をクリックします。
時間はかからないインストールが完了したら、「スタート」、「管理ツール」の順にクリックし、「Windows Serverバックアップ」を選択します。

ここでは、Windows Serverバックアップを使用してWindows Server 2016をバックアップする方法の詳細な手順を説明します。

手順 1. 操作タブで1回限りのバックアップのために「単発バックアップ」をクリックします。「次へ」をクリックして単発バックアップウィザードを続けます。スケジュールバックアップを作成したい場合、「バックアップスケジュール」を選択できます。

Windows Serverバックアップ

手順 2. バックアップの構成のために「カスタム」をチェックして「次へ」をクリックします。

手順 3. 「項目の追加」オプションをクリックします。次のスクリーンで「ベアメタル回復」をチェックします。ベアメタル回復のために要求された項目を自動的にチェックします。「OK」をクリックします。

バックアップする項目選択

手順 4. イメージバックアップを保存する宛先場所を指定します。「ローカルドライブ」または「リモート共有フォルダ」を選択できます。

手順 5. WSBは「確認」スクリーンを表示します。問題がないなら、「バックアップ」をクリックしてWindows Server 2016のためにイメージバックアップを実行します。

確認

Windows Serverイメージのバックアップが完了するまでには、しばらく時間がかかります。Windows Server 2016システムバックアップをNASまたはネットワーク共有フォルダーに保存すると、新しいバックアップによって以前のバックアップが上書きされるため、他の場所を宛先として指定する必要があります。

スケジュールされたバックアップタスクを作成した場合、ターゲットの保存場所がいっぱいになると、Windows Serverバックアップは古いバックアップイメージを自動的に削除して領域を解放します。ただし、Windows Serverバックアップがシャドウコピーの記憶域をターゲットボリュームサイズの1/8に縮小できなかったため、Windows Serverバックアップのバックアップが失敗し、古いバックアップが削除されない場合があります。

より多くのバックアップを作成するにはどうすればよいですか?他の強力なWindows Serverバックアップソフトウェアを探す時が来ました。

Windows Serverバックアップの代替 - AOMEI Backupper

強力なWindows ServerバックアップソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverを使用すると、数回クリックするだけでWindows Server 2016のシステムイメージバックアップを作成できます。

システムイメージを完全バックアップ、増分バックアップ、または差分バックアップでバックアップできます。
保存するバックアップの数を設定でき、ストレージスペースを簡単に管理できます。ローカルディスク、外付けHDD、USBドライブ、CD/DVD、ネットワークまたはNAS、クラウドにバックアップを保存できます。
NTFSに加えて、またFAT32、FAT16、EXT2、EXT3などをサポートしています。
直感的なメインインターフェイスにより、Windows Server 2016を簡単にバックアップできます。

30日間の無料体験版をダウンロードしてインストールし、試してみてください。

無料ダウンロード ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

★より安い方法ーAOMEI OneKey Recovery
Lenovo Onekey Recovery(レノボワンキーリカバリー)の代替品としてAOMEI OneKey RecoveryはWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビット版または64ビット版)およびWindows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019、SBS 2003、2008、2011に対応し、すべてのパソコンで使用可能です。システムを回復パーティションまたは別の場所にバックアップしたら、パソコン起動時にF11(デフォルト)またはAキーを押して、システムをバックアップ時点までの状態に回復することができます。

Windows Server 2016をバックアップする方法

手順 1. Windows Serverバックアップソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。

手順 2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」を選択します。スクリーンショットから見るようにユーザーのニーズを満たすために4つのバックアップ種類を提供します。

バックアップタブ

手順 3. システムイメージを保存する場所(バックアップ先)を選択します。このプログラムは自動的にシステムバックアップに要求されたパーティションを選択します。

バックアップ先

手順 4. スケジュールバックアップを作成する必要がある場合、「スケジュール」ボタンをクリックしてバックアップスケジュールを設定できます。後に、「開始」をクリックしてシステムイメージバックアップを始めます。

開始

Windows Server 2016バックアップの前に、スケジュール、スキーム、およびオプションに関するいくつかの詳細があります。
1. オプションには、バックアップタスクに関するコメント、Server 2016バックアップファイルの暗号化、分割、圧縮、電子メールまたはSMS通知の有効化、VSSの使用などを行うことができます。
2. スケジュールには、デーリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入の5つのモードとフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの3つのバックアップタイプがあります。
> イベントトリガーを使用すると、ユーザーサインイン/サインインアウト、システム起動/シャットダウンの4つのイベントを介してバックアップタスクをトリガーできます。
> また、USB挿入は、関連するUSBが接続されているときにWindows Server 2016を自動的にバックアップすることができます。
>増分および差分バックアップは、最後の増分バックアップまたは完全バックアップ以降に変更された部分をバックアップします。
3. スキームには、バックアップディスクがいっぱいになるエラーを回避するために、指定した数を超えるバックアップが保持されている間、古いバックアップイメージを自動的に削除する機能です。

まとめ

要するに、AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2016のシステムイメージバックアップを作成します。バックアップタスクが完了すると、それを使用して同じハードウェアサーバーまたは異なるハードウェアに復元できます。ブータブルメディアまたはAOMEI PXE Toolを作成する機能で、コンピューターが起動できない場合、サーバーを簡単に復元できます。

社内で無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択できます。無限のユーザーに有料な技術サポートを提供します。