By Akira / 最後の更新 2022年09月27日

QNAPからQNAP NASへのバックアップの利点

QNAPはネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスメーカーとして知られており、QNAPからQNAPへのバックアップは、QNAP NAS内のファイルを別のQNAP NASにバックアップすることを指します。しかし、NASはすでに信頼できるストレージデバイスであるのに、それを行うためのポイントは何ですか?

まず第一に、QNAP NASは破壊不可能なものではありません。他の物理デバイスと同様に、人為的または非人為的な理由による損傷のリスクに直面します。言い換えれば、NASに保存されたデータは100%安全ではありません。QNAP NASを別のものにバックアップすることで、二重の保険となり、事故が起こったときに重要なファイルを復元する近道となり得ます。

次に、進行中の仕事を別の人が行う必要がある場合、あるいは情報の一貫性と迅速性のために2つのNAS上のデータをまったく同じに保ちたい場合、QNAPからQNAPへのバックアップはファイルを共有する良い方法となります。

さらに、NASミラーバックアップを実行したり、定期的にバックアップを実行するようにスケジュールを設定することもできます。

qnap

QNAPを他のQNAP NASに簡単にバックアップする方法

AOMEI Backupper Standardは、すべてのWindows PCで動作するバックアップフリーソフトウェアです。直感的なインターフェイスでデータ保護と災害復旧タスクを完了する簡単な方法を提供します。また、このソフトは他のメリットがあります:

内蔵/外付けドライブ、USB、NAS、クラウドなど様々なストレージをサポートします。QNAPからQNAPへのバックアップは、その実用的なケースの1つです。QNAP NASをSynology NASにバックアップしたり、Synology NASをUSBドライブにバックアップしたりすることもできます。
スケジュールバックアップのほかにも、インテリジェントバックアップや完全バックアップなどのバックアップモードの選択など、多くのバックアップオプションがあります。
QNAP NASのデータを別のQNAP NASにそのままコピーしたい場合、AOMEI Backupper Standardの同期機能はよく役に立ちます。Professional版にアップグレードすると、リアルタイムで変更されたファイルを同期することもできます。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

NASからNASへのバックアップとNASからNASへの同期の両方がStandard版でサポートされており、データ転送を簡単に完了するには、以下の手順を試すことができます。

QNAP NASを別のQNAP NASにバックアップする方法

1. AOMEI Backupper Standardをインストールして開き、「バックアップ」タブに移動して「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

2. ネットワークからバックアップする必要があるファイルまたはフォルダを追加します。次に、ポップアップウィンドウで「Share/ NASデバイス」を選択します。

フォルダを追加

NASデバイス

3. 必要なNASデバイスを追加します。

NASデバイスの追加

4. NASのIPアドレス、ユーザー名およびパスワードを入力する必要があります。

NASのIPアドレス

5. バックアップするファイルを選択します。NASからNASへバックアップする必要がある場合は、別のNASデバイスを保存先として追加することもできます。これを完了すると、ファイルやフォルダのバックアップを開始できます。

開始

下にある3つのオプションをクリックして、このバックアップタスクを設定することができます:
オプション:バックアップイメージファイルの分割/暗号化/圧縮レベル、バックアップ完了後のメール通知を設定することができます(分割と暗号化はAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
スケジュール:毎日/毎週/毎月の頻度で自動バックアップの実行を設定できます。USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の2つのより柔軟的なバックアップモードを利用したい方は、AOMEI Backupper Professionalなどの上位版へのアップグレードをご検討ください。/dd>
スキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップの自動削除を設定することができます。外付けHDDの容量を節約したい方は、このオプションの設定がおすすめです(差分バックアップとバックアップの自動削除はAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。

補足:また、AOMEI Backupper Professionalの「クラウドバックアップ」を選択してAOMEI Cloudにバックアップできます。AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。物理的な紛失や損傷を心配する必要はありません。

クラウドバックアップ

QNAP NASを別のQNAP NASに同期する方法

1. AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。「同期」タブ→「ベーシック同期」をクリックします。※ベーシック同期は、新しく追加&更新されたファイルのみソースディレクトリからターゲットディレクトリに同期します(デフォルト)。

ベーシック同期

2. 「フォルダを追加」をクリックし、ポップアップウィンドウが表示されるので「Share/NAS」→「ネットワーク場所を追加」を選択し、NASの名前とそのIPアドレスを入力し、NAS(同期元)上のファイルやフォルダを同期の対象として追加します。※ヒント:必要があれば、ユーザー名とパスワードを入力してください。

フォルダを追加

ネットワーク場所を追加

 3. 次には「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックし、同じ手順でもうひとつのNASデバイスを同期先として選択します。

ネットワーク共有またはNASを選択

4. 「開始」をクリックして、QNAPから指定したファイルやフォルダを別のQNAP NASへ同期し始めます。

開始

ヒント:同期を実行する前に「オプション」をクリックして、コメントを入力したり、電子メール通知を有効にしたりすることができます。また、削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期するか、同期中にターゲットディレクトリのファイルの整合性を確認するかも選択可能です。「スケジュール」をクリックして、NASの自動同期を作成することができます。デイリー、ウイークリー、マンスリーを無料で設定できますが、イベントトリガー、USB挿入を設定したい場合、Standard版をアップグレードする必要があります。

まとめ

AOMEI Backupperは、NASからNASへのバックアップや同期を行うための、高い互換性があり、シンプルなソリューションです。QNAPからQNAP、SynologyからSynology、または異なるブランドのNASや異なる種類のストレージデバイスの間でバックアップするために使用することができます。

AOMEI Backupperの無料版はすでにあなたの実用的なニーズのほとんどをカバーしています。より強力で便利な機能のために、あなたはより高いエディションにアップグレードすることができます。もしあなたがサーバーユーザーで、Windows ServerをNASデバイスにバックアップする必要があるなら、Server版を利用してください。