By ゆき / 最後の更新 2020年07月14日

事例

  • 「Windows 7がリリースされた直後に、私はそれを古いHDDにインストールしました。それに、必要なアプリケーション、プログラム、ソフトウェアなどをすべてインストールしました。

    でも、数日前に私は新しいパソコンを買いました。新しいHDDにOSを再インストールしたり、諸々のソフトやアプリを改めてインストールするのは時間がかかるし、面倒臭くて、大変なイメージがあります。

    その時、私はデータを古いHDDから新しいHDDへ移行しようと思います。しかし、HDDからHDDへの移行はコピー&貼り付けという簡単な操作で完了できることではありません。大量のデータまたはシステムやボリュームをコピーおよび貼り付けできません。

    そのため、優れたディスクコピー・複製・クローンソフトが必要とされます。」

HDDからHDDへコピーする理由

多くの人々はHDDからHDDへコピー、クローンして、データをHDDから別のHDDに移行する理由は次のとおりです:

❶●時間を節約するために:HDDからHDDへ直接コピーするのに費やす労力と時間は、OSやアプリの再インストールよりもずっと少ないです。

❷●データの消失を防ぐために:お使いのHDDを空のHDDに丸ごとクローンしておくと、重要なデータを誤って削除してしまっても、コピーがあるので、データの紛失を心配する必要はありません。

❸●起動失敗を回避するために:Cドライブだけをコピーし、システムで予約済みのパーティションEFIシステムパーティションなどをコピーしない場合、新しいHDDからの起動に失敗することがあります。OSが正常に起動することを保証するために、HDD全体からHDDへコピーした方がいいです。

❹●新しい/大容量HDDにアップグレードまたは交換するために:HDDを使っている期間が長くなれば、当然パソコンの動作が遅く、重くなってきて、ディスクの空き容量も少なくなってきます。そのため、より良い性能を得たり、より多くの空き領域を使うために、古くて小さなHDDを新しくて大きなHDDにコピーして交換することができます。

ディスクコピーソフト:AOMEI Backupper

データをHDDから別のHDDに丸ごと移行するために、まずは強力なディスクコピーソフトが必要です。

❤おすすめ~AOMEI Backupper Standardは誰でも簡単に使えるディスク&パーティション管理フリーソフトです。Windows10、8.1/8、7、XP、Vistaに対応し、完全無料です。「ディスククローン」機能で簡単かつ安全にMBRシステムディスクからMBRディスクに丸ごとダビングできます。こちらからダウンロード
そのほか、ディスク/システム/パーティション/ファイルバックアップ、復元、同期、パーティションクローン、ブータブルメディアの作成などの機能も提供しています。

※補足:GPTシステムディスクのクローンやシステムのみクローンなど、もっと高度な機能を使用したい場合、割引でAB StandardをProfessional版にアップグレードしてください。企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。

AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

データを失うことなく、HDDからHDDへコピー

✍MBRシステムディスクからMBRディスクにコピー・クローンすることを例として、AOMEI Backupperを使ったコピー操作手順を見てみましょう~

  • step 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロード、インストール、起動します。

  • step 2. ホーム画面で「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします。ディスククローン

  • step 3. コピーしたいMBRシステムディスクをソースディスク(クローン元)として選択します。ソースディスクを選択

  • step 4. 次の画面でターゲットディスク(クローン先)を選択します。ターゲットディスクを選択

  • もし、ターゲットディスクにパーティションがある(未割り当て領域ではない)なら、以下のような画面が表示されます。その上のデータを全て削除、上書きしても構わない場合、「はい」を直接クリックしてください。もし、重要なデータがあれば、「キャンセル」をクリックして、まずはAOMEI Backupper Standardでバックアップを取っておいてください。CDP(継続的データ保護)製品で大切なデータを守る!確認

  • step 5. 操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。開始

★ヒント

▶パーティションを編集:小容量のディスクから大容量のディスクへクローンする時、このオプションを使用して、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを好きなように調整できます。(有料)

▶セクター単位のクローン:このオプションは、使用済みか未使用かに関わらず、ソースディスク上のすべてのセクタをクローンすることです。しかし、大容量HDDから小容量HDDへコピーする時、このオプションが使用できません。

大容量HDDから小容量HDD/SSDへクローンするフリーソフト

▶SSD 4Kアライメント:ディスクをSSDにクローンする場合、このオプションを選択してください。SSDの読み書き速度を向上されたり、寿命を延ばしたりすることができます。

▶MBR形式とGPT形式の間でのディスククローン:MBR形式とGPT形式の間でディスクをクローンする場合、クローンしたHDDからWindows 10/8/7が正常に起動するように、BIOS設定でブートモードを変更する必要があります。

Windows 10/8/7でLegacy BIOSをUEFIブートモードに変更する方法