By Comnena / 最後の更新 2021年08月03日

HDDからHDDへコピーする事例

HDDからHDDへコピー

Windows 7がリリースされた直後に、それを古いHDDにインストールしました。それに、必要なアプリケーション、プログラム、ソフトウェアなどをすべてインストールしました。でも、数日前に新しいパソコンを買いました。新しいHDDにOSを再インストールしたり、諸々のソフトやアプリを改めてインストールするのは時間がかかるし、面倒臭くて、大変なイメージがあります。

その時、データを古いHDDから新しいHDDへ移行しようと思います。しかし、HDDからHDDへの移行はコピー&貼り付けという簡単な操作で完了できることではありません。大量のデータまたはシステムやボリュームをコピーおよび貼り付けできません。何をすべきか?

-あるユーザーからの質問

HDDからHDDへコピーする理由

多くの人々はHDDからHDDへコピー、クローンして、データをHDDから別のHDDに移行する理由は次のとおりです:

時間を節約するために:HDDからHDDへ直接コピーするのに費やす労力と時間は、OSやアプリの再インストールよりもずっと少ないです。
データの消失を防ぐために:お使いのHDDを空のHDDに丸ごとクローンしておくと、重要なデータを誤って削除してしまっても、コピーがあるので、データの紛失を心配する必要はありません。
起動失敗を回避するために:Cドライブだけをコピーし、システムで予約済みのパーティションEFIシステムパーティションなどをコピーしない場合、新しいHDDからの起動に失敗することがあります。OSが正常に起動することを保証するために、HDD全体からHDDへコピーした方がいいです。
新しい/大容量HDDにアップグレードまたは交換するために:HDDを使っている期間が長くなれば、当然パソコンの動作が遅く、重くなってきて、ディスクの空き容量も少なくなってきます。そのため、より良い性能を得たり、より多くの空き領域を使うために、古くて小さなHDDを新しくて大きなHDDにコピーして交換することができます。

ディスクコピーソフト:AOMEI Backupper

データをHDDから別のHDDに丸ごと移行するために、まずは強力なディスクコピーソフトが必要です。ここでは、AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。

ディスククローン&パーティションクローン:2つの機能はどちらも、Windows 10/8/7で1つのハードドライブから別のハードドライブにデータを移行するのに役立ちます。OSとデータを含むハードドライブ全体のクローンを作成するには、「ディスククローン」機能を使用できます。
SSD 4Kアライメント:HDDをSSDにクローンする時、SSDの読み取りおよび書き込み速度を最適化するためにパーティションを整列できます。
セクター単位のクローン:新しいディスクに古いディスク上のすべてのものを保持するのに十分なスペースがある限り、ハードドライブのすべてのセクターのクローンを作成するのに役立ちます。
無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
※補足:GPTシステムディスクのクローンやシステムのみクローンなど、もっと高度な機能を使用したい場合、割引でAB StandardをProfessional版にアップグレードしてください。企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。

AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

データを失うことなく、HDDからHDDへコピー

✍MBRシステムディスクからMBRディスクにコピー・クローンすることを例として、AOMEI Backupperを使ったコピー操作手順を見てみましょう~

手順 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロード、インストール、起動します。

手順 2. ホーム画面で「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

手順 3. コピーしたいMBRシステムディスクをソースディスク(クローン元)として選択します。

ソースディスクを選択

手順 4. 次の画面でターゲットディスク(クローン先)を選択します。

ターゲットディスクを選択

注意:もし、ターゲットディスクにパーティションがある(未割り当て領域ではない)なら、以下のような画面が表示されます。その上のデータを全て削除、上書きしても構わない場合、「はい」を直接クリックしてください。もし、重要なデータがあれば、「キャンセル」をクリックして、まずはAOMEI Backupper Standardでバックアップを取っておいてください。

CDP(継続的データ保護)製品で大切なデータを守る!

確認

手順 5. 操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

開始

★ヒント
パーティションを編集:小容量のディスクから大容量のディスクへクローンする時、このオプションを使用して、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを好きなように調整できます。(有料)
セクター単位のクローン:このオプションは、使用済みか未使用かに関わらず、ソースディスク上のすべてのセクタをクローンすることです。しかし、大容量HDDから小容量HDDへコピーする時、このオプションが使用できません。

大容量HDDから小容量HDD/SSDへクローンするフリーソフト

SSD 4Kアライメント:ディスクをSSDにクローンする場合、このオプションを選択してください。SSDの読み書き速度を向上されたり、寿命を延ばしたりすることができます。
MBR形式とGPT形式の間でのディスククローン:MBR形式とGPT形式の間でディスクをクローンする場合、クローンしたHDDからWindows 10/8/7が正常に起動するように、BIOS設定でブートモードを変更する必要があります。

Windows 10/8/7でLegacy BIOSをUEFIブートモードに変更する方法

まとめ

Windows7 / 8/10でHDDからHDDへコピーする方法は以上です。「ディスククローン」を使用して、ハードドライブ上のすべてのデータを含むハードドライブ全体のクローンを作成できます。また、個人データを移行するだけの場合は、ファイル同期ソリューションの1つを使用できます。今すぐ試してみるためにフリーウェアをダウンロードしてください。