By Akira / 最後の更新 2022年11月07日

Acronis True Imageでクローンディスク作成に失敗する事例

Acronis True Image

フォーラムでAcronis True Image for Crucialのクローン作成のエラーをいくつか見たことがあるかもしれませんが、次の2つをリストします。

 

ラップトップに250GBのHDDがあり、新しい500GB SSDと交換することを計画していました。そのため、Acronis True Imageを使用して250GB HDDをSSDにクローンしましたが、「ディスクのクローンを作成できませんでした。」というエラーメッセージが表示されました。2回試しましたが、それでもエラーが表示されます。それを解決する方法はありますか?

- 実例1

 

2台目のWD 160GB HDDをDellデスクトップに追加しました。Acronis True Imageを使用して一部のデータをクローンしたいと思います。クローンプロセスが約20%完了して、「タスクを実行できません」というエラーが発生しました。WD 160GBドライブのCHKDSKを確認しましたが、問題は見つかりませんでした。ただし、このクローン作成操作を完了できません。どうしたらいいですか?

- 実例2

これらの2つのエラーを除いて、「タスクスクリプトの実行に失敗しました。」のエラーメッセージも表示されます。

クローンディスク作成に失敗する原因

では、なぜAcronis True Image for Crucialクローンが失敗したのでしょうか?

Acronis TrueImageは最新バージョンではありません。最新バージョンにアップグレードして、問題が解決したかどうかを確認できます。
Acronisが通常の状況で一部の非表示パーティションのクローンを作成できないことが原因である可能性もあります。これらのパーティションは通常、ドライブの最後の部分にあるため、クローン作成が80〜95%で停止し、Acronisのディスククローンが失敗する場合があります。
クローン(コピー)元、あるいはクローン先のSSD/HDDに、Crucialの製品を利用している必要があります(厳密には、クローン元・クローン先でなくとも、PCにCrucialのSSD/HDDを接続していれば OK)。
Crucialの製品を利用していない場合には、OSクローンは機能しません。

Acronis True Imageでクローンディスクの操作に作成した問題を修正する方法は?

Acronis True Imageでクローンディスクの操作に失敗しました。この問題を解決する最善の方法は、AOMEI Backupper Professionalを使用してHDD/OSをSSDにクローンすることです。Windows XP、Vista、7、8、8.1、10、11などのWindowsシステムをサポートします。

ここで、AOMEI Backupper Professionalの無料体験版をダウンロードし、インストールして起動してください。(無料体験版のクローン機能はデモンストレーションのみ可能です。アップグレードしてお楽しみください。)

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. 「クローン」の「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. クローンしたいHDDをソースディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックマークを付け、「開始」をクリックして、Acronis True Imageでクローンディスク操作の失敗エラーを回避します。

開始

ヒント:
データディスクのクローン作成をする場合は、無料のAOMEI Backupper Standardが十分です。起動ディスク(システムディスク)をクローンする場合は、AOMEI Backupper Professionalを利用してください。
「SSD 4Kアライメント」を使用すると、SSDのパフォーマンスを高速化し、寿命を延ばすことができます。
セクター単位のクローン」オプションもあります。使用しているセクタや未使用のセクター、不良セクターなど、すべてのセクタをコピーすることができます。「パーティションを編集」と同時に使えません。
パーティションを編集」を使用すると、ディスクをより大きなディスクにクローンするときにパーティションのサイズと場所を調整して、ターゲットディスクのスペースを完全に使用することができます。クローン完了後、SSDに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。また、SSDとHDDのパーテイションスタイルが異なる場合、ここでの「ターゲットデイスクをGPTからMBRに変換する」または「ターゲットデイスクをMBRからGPTに変換する」にチェックを入れる必要があります。
  • パーティションのサイズを変更せずコピー:クローン元/バックアップ元のパーティションをそっくりそのままターゲットディスクにコピーします。パーティションのサイズや場所を変更せず、コピー元もコピー先も全く同じです。
  • 各パーティションに未使用領域を追加:ターゲットディスクの容量を十分に活用するために、ターゲットディスク全体に合わせて各パーティションのサイズを自動的に調整します。
  • パーティションのサイズを手動で変更:スクロールバーをドラッグすることによって、手動でパーティションのサイズと場所を調整します。

パーティションを編集

まとめ

クローン作成後、Acronis True Imageでクローンディスク作成に失敗する問題は簡単に解決されました。また、オペレーティングシステムをSSDに移行する場合は、オペレーティングシステムをSSDにクローンしてみてください。

さらに、AOMEI Backupper Professionalを使用すると、ディスクを外付けHDD、USBメモリー、ネットワーク、クラウドディスクなどにバックアップし、バックアップイメージを復元することができます。また、ユニバーサル復元、リアルタイム同期、双方向同期などを行うことができます。

Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを使用してデータとOSを移行できます。