By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

  

私のラップトップには、120GBのmSATA SSDと1TBのHDDがインストールされています。オペレーティングシステムはmSATA SSDにインストールされます。120GB mSATA SSDを240GB mSATA SSDに交換し、1TB HDDを維持したいと思います。良い方法がありますか?

 

mSATA SSDを別のmSATA SSDにアップグレードする場合があります。データの損失や、Windowsの再インストールを回避するには、mSATA SSDを別のmSATA SSDに直接クローンするのが最善の方法です。しかし、この目標を達成するにはどうすればよいでしょうか?

まず、mSATA SSDに関する基本的な情報をいくつか知ってみましょう。

mSATA SSDについて

mSATA(Mini-SATA)ドライブは、mini-PCI Expressカードと同様に、薄く小さい形の基盤がむき出しのSSDです。サイズが小さいため、ラップトップやウルトラブックに最適なハードドライブです。mSATA SSDの容量は30GB、40GB、80GB、120GB、250GB、500GB、1TB、2TBなどです。通常、シンデバイスの内蔵ハードディスクまたはデスクトップコンピュータのセカンダリディスクとして使用できます。

mSATA SSD

また、mSATA SSDより新たな規格のM.2 SSDがあります。M.2 SSDはmSATA SSDよりもはるかに優れていますが、インターフェイスが異なり、mSATAをM.2に接続することはできません。M.2ドライブはSATAとPCl-Eの両方のインターフェイスオプションをサポートできますが、mSATAはSATAのみをサポートできます。

したがって、mSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンしたい場合は、どうすればよいでしょうか?

最高の無料mSATAクローニングキット-AOMEI Backupper Standard

実際、最高の無料のmSATA SSDクローン作成ツール-AOMEI Backupper Standardを使用すると、mSATAをmSATAにクローンするのは簡単です。これは、Windows XP、Vista、7、8、8.1、10などのオペレーティングシステムをサポートします。

また、mSATA SSDを小さいmSATA SSDにクローンすることができます(ソースディスクの使用済みスペースがターゲットディスクよりも少ない場合)。クローン作成後、Windowsオペレーティングシステム、インストールされているプログラム、設定、レジストリ、個人ファイルなど、すべてのデータをmSATA SSDから別のmSATA SSDに移動します。

AOMEI Backupper Standardは、データディスク間とMBR起動ディスク間のクローン作成のみをサポートしていることに注意してください。起動ディスクをGPTからGPTに、GPT起からMBRに、またはMBRからGPTにクローンする場合は、AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションにアップグレードしてください。それは使用しているオペレーティングシステムによって異なります。

AOMEI Backupper StandardでmSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンする

mSATAクローン(例として、mSATA SSDをより大きなmSATA SSDにクローン)を作成する前に、次のように準備します。
ドライバーが必要です。ノートブックからmSATA SSDを取り出したり接続したりすることができます。
クローン作成プロセスではmSATA SSDのすべてのデータが削除されるため、事前にドライブ上のファイルをバックアップしてください。
帯電防止リストストラップが必要です。
ハードドライブベイが1つしかない場合は、mSATA USBアダプターが必要です。mSATA USBアダプターを介してより大きなmSATA SSDをラップトップに接続します。
無料のmSATA SSDクローニングキット-AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてください。
無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

次に、以下を読み続けて、Windows10/8/7でアプリケーションを再インストールせずにmSATA SSDをより大きなmSATA SSDにクローンする方法を学びます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを実行し、「クローン」の「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. 小さいmSATA SSDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. より大きいmSATA SSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ご注意:ターゲットmSATA SSDのデータが、クローン作成後に削除または上書きされたことを表示します。すべてのファイルをバックアップしたら、「OK」をクリックします。

ステップ 4. 「SSD 4Kアラインメント」オプションをチェックして、より大きなmSATA SSDの読み取りおよび書き込み速度を最適化します。次に、「開始」をクリックして、mSATA SSDをより大きなmSATA SSDに簡単にクローンします。

開始

ヒント:
セクター単位のクローン:このオプションは、使用されているかどうかに関係なく、ソースSSD上のすべてのセクターをクローンします。大きいSSDを小さいSSDにクローンする場合は、このオプションを選択しないでください。
パーティションを編集:このオプションを使用すると、ターゲットディスク(クローン先または復元先)上のパーティションのサイズや場所を調整することができます。(Pro版にアップグレードして、この機能を利用することができます。)

約20分後、mSATA SSDからより大きなmSATA SSDへのクローン作成プロセスが完了します。コンピューターでWindows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)が実行されている場合は、AOMEI Backupper Serverを使用できます。

mSATA SSDクローンが終了したら、以下のステップでコンピューターを起動できます。
1. コンピューターをシャットダウンします。
2. ドライバーを使用して元のmSATA SSDを取り出します。
3. コンピュータを起動し、BIOS設定に入ります。
4. 「ブート」オプションに移動し、クローンされたmSATA SSDを最初のブートオプションとして設定します。
5. 特定のキーを押して変更を保存し、より大きなmSATA SSDから起動します。

終わり

AOMEI Backupper Standardを使用して、mSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンするのは簡単です。SATA SSD、PCIE SSD、NVMe SSDなど、あらゆる種類のSSDのクローンを作成することができます。また、システムクローン(Professional版でサポート)を利用して、Windows 10 OSをM.2 SSDに移行することができます。

さらに、クローンに加えて、バックアップと復元もサポートしています。たとえば、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、スケジュールバックアップなど、データの保護に役立ちます。