By Akira / 最後の更新 2022年11月17日

事例:M2 SSDをSATA SSDにクローンして、成功に起動する方法は?

 

Western Digital SN750 M.2 NVME SSDを持っています。このSSDにはWindows 10がインストールされており、データパーティションもあります。最近、Samsung 960 EvoのSATA SSDを購入しました。Samsung Data Migration Toolを使って、起動ドライブをSamsungドライブにクローンしましたが、それが終わると、コンピューターの起動に失敗しました。クローンしたドライブからパソコンを正常に起動するにはどうすればよいですか?または、別のソフトウェアで再クローンする必要がありますか?ありがとうございます!

--あるユーザーからの質問

M2 SSD

なぜM2 SSDからSATA SSDにクローンする?

NVMe M.2ドライブはSSD(ソリッドステートドライブ)の一種であり、主にUltrabookやラップトップで使用されます。M.2 SSDは、mSATA SSDの代わりに一般的に使用され、サイズが小さく、速度が速くなります。ほとんどのmSATA SSD(50mm * 30mm*4mmまたは30*30 * 4mm)と比較すると、M.2 SSDの方が高速です。

SATAは、ソリッドステートドライブ(SSD)、ハードディスクドライブ(HDD)、および光学ドライブを接続するために使用されるインターフェイスです。SATAはその前身PATAを大幅に改善し、読み取り速度は理想的な条件下で最大600 MB/Sに達する可能性があります。

M2 SSDをSATA SSDにクローンする必要がある理由について、この記事では、最も一般的な理由を以下にまとめしました:

より多くのストレージ容量を取得:NVMe M.2ドライブに十分な容量がない場合は、より大きなドライブにアップグレードする必要があります。
ドライブの故障を回避:数年間使用したハードディスク・ドライブは、簡単に消耗します。古いM2 SSDを新しいSATA SSDに交換することで、ハードドライブの故障を回避することができます。
お金を節約:M.2 SSDはSATA SSDよりも高価なため、すでにNVMe M.2 SSDをお持ちの場合は、新しいSATA SSDの購入を選択することができます。

M2 SSDからSATA SSDへのクローン作成準備

M2 SSDをSATA SSDにクローンして、正常に起動するために、まず次の準備作業を完成する必要があります:

重要なファイルをバックアップ:クローン作成後、ターゲットディスクが消去されるため、ターゲットSSDが新しくないし、いくつかの重要なファイルが含まれている場合、事前にファイルをバックアップすることをお勧めします。
互換性を確認:ターゲットSATA SSDがマザーボードと互換性があることを確認し、或いはコンピュータメーカーに相談します。
SATAケーブルがあるかどうかを確認:ターゲットディスクはSATA SSDなので、コンピューターにSATAケーブルがあるかどうかを確認する必要があります。もしあれば、SATA SSDを正常に接続することができます。
SATA SSDを正しくインストール:インストールする前に、バッテリーを取り外すか、または電源を切断する必要があります。
SATA SSDをGPTディスクに変換:NVMeディスクはUEFIブートモードをサポートするので、クローンした後、クローンしたSATA SSDからコンピューターを正常に起動したい場合、NVMeと同じようにSATA SSDをGPTディスクに変換する必要があります。

M2 SSDからSATA SSDにクローンする最適なソフト

M2 SSDをSATA SSDに正常にクローンするには、信頼性が高く安全なディスククローン作成ソフトウェアAOMEI Backupper Professionalが最適です。GPTディスクであろうとMBRディスクであろうと、Windowsを再インストールせずに、M.2 SSDからSATA SSDへのすべてのデータのクローンを作成できます。

クローン作成後、クローン作成されたディスクからコンピューターを正常に起動できます。また、以下のような利点もあります:

複数のブランドのSSDおよびSSDタイプ:さまざまなディスクタイプ(SATA SSD、NVMe SSD、M.2 SSDなど)と、さまざまなブランドのSSD(WD、Crucial、Kingston、Samsungなど)をサポートします。SSDに加えて、USBフラッシュドライブやSDカードなどの他のハードディスクもサポートしています。
SSD 4Kアライメント:この機能により、ターゲットSSDディスクの読み取りおよび書き込み速度を高速化できます。
インテリジェントクローン:デフォルトでは、使用済みセクターのみがクローンされるため、大容量のNVMe M2 SSDを小容量のSATA SSDにクローンする場合、この機能は簡単にそれを実現するのに役立ちます。不良セクタのあるディスクのクローンを作成すると、不良セクタを自動的にスキップできます。
複数のシステム:Windows 11、10、8.1、8、7、XPなどの複数のWindowsオペレーティングシステムをサポートします。

M2 SSDをSATA SSDにクローンする手順

次に、この記事は専門的なディスククローンソフトウェアを使って、簡単にM2 SSDをSATA SSDにクローンする方法を紹介します。以下の図解のチュートリアルに従って、M2 SSDをSATA SSDにクローンしましょう~

1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、インストールしてから、「クローン」>「ディスククローン」をクリックします。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスククローン

2. M2 SSDをソースディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

3. SATA SSDをターゲットディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

4. 「パーティションを編集」をクリックし、「ターゲットディスクをMBRからGPTに変換する」のチェックボックスをオンにしてから、「はい」>「開始」をクリックしてM2 SSDをSATA SSDにクローンします。

パーディションを編集

ヒント:
SSD 4Kアライメント:この機能にチェックを入れると、SATA SSDの読み込みと書き込みの速度が速くなります。
セクター単位のクローン:ターゲットディスクがソースディスクと同じかそれ以上の場合、この機能を利用して、使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンすることができます。

まとめ

この文章は、最高の信頼性と専門的なディスククローンソフトウェアAOMEI Backupper Professionalとそれを使用して、Windows 11/10/8.1/8/7でM2 SSDからSATA SSDに簡単にクローンする方法を説明しました。クローンした後、クローンしたディスクからコンピューターを正常に起動することができます。

ディスククローンのほかに、このソフトはシステムクローン、パーティションクローンもサポートし、異なるニーズを満足させることができます。興味のある方は、ぜひダウンロードして試してみましょう~