By Akira / 最後の更新 2022年10月28日

実例:HDDをUSBドライブにクローンできますか?

 

Lenovoパソコンを使用していますが、パーティションテーブルは変更できず(リカバリがらくたのため)、すべてのパーティションが使用されています(プライマリが3つ、拡張が1つ、拡張を変更できません)。とにかく、私が知りたいのは、HDDをUSBドライブにクローンし、必要なときに起動できる方法です。

--あるユーザーからの質問

HDDをUSBドライブにクローンする理由

hddクローン

さまざまな理由で、HDDをUSB外付けハードドライブにクローンする必要がある場合があります。以下にいくつかの一般的な原因があります:

データのバックアップ:多くのユーザーは、データバックアップのためにHDDをUSBにクローンすることを選択します。ウイルス攻撃、HDDのクラッシュ、ディスクの破損からデータを効果的に保護できます。
システムの移行:システムを再インストールせずに使用できるため、システムをUSB外付けハードドライブにクローンすることを選択します。
HDDのアップグレード:HDDをSSDにアップグレードしたいが、アダプターなしの場合は、これを行うための中間媒体としてUSB外付けドライブを使用できます。最初にHDDをUSBにクローンし、次にブータブルディスクから起動してUSBをSSDにクローンします。

手動でHDDをUSBドライブにコピーする方法

HDDからUSBにデータを移行する場合、ほとんどのユーザーは最初に「コピー&貼り付け」を選択するかもしれません。これは、容量の異なるHDD間でデータを移行する従来の方法です。これを行うには、ファイルを右クリックして、「コピー」または「切り取り」オプションを選択し、USBドライブに移動して、空の領域を右クリックして「貼り付け」オプションを選択する必要があります。

コピー

これは、少量のデータをUSVに移動する場合、良い方法かもしれません。大量のデータを転送する必要がある場合、またはファイルが1つのパーティションの異なるディレクトリにある場合、どうすればいいですか?「コピー&貼り付け」が機能しない場合は、どうなりますか?そして、それらのコピーされたシステムファイルまたはプログラムファイルは正常に動作できますか?

上記のような状況が発生して、HDDをUSB外付けハードドライブにクローンしたい場合は、サードパーティの無料のクローン作成ソフトウェアが必要です。

最高の無料HDDクローン作成ソフトウェア-AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper Standardは無料のディスククローン作成ソフトウェアです。ディスククローン、パーティションクローン、システムクローンなどの機能をサポートして、さまざまなニーズを満たすことができます。HDDをUSBドライブに簡単にクローンするのに役立ちます。優れたクローン作成ソフトウェアとして、次の利点もあります。

安全な起動の確保:ディスクのクローンを作成した後、クローンしたUSBドライブを使用してコンピューターを正常に起動できます。
スマートクローン:デフォルトモードでは、使用されているセクターのみがクローンされるため、必要に応じて、大きなHDDを小さなSSDに簡単にクローンできます。
SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDの場合、この機能により、ディスクの読み取りと書き込みの速度を上げることができます。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターのクローンが作成されます。ターゲットディスクのサイズはソースディスクと同じ、あるいはソースディスクよりも大きい場合しかこれを選択できません。
複数のディスクタイプ:外付けUSBドライブ、SSD、HDDなどのディスクへクローンを作成することができます。
Windows 11/10/8/7/XP/Vistaおよびその他のシステムをサポートします。

ここで、無料のクローン作成ソフトウェア--AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI BackupperでHDDをUSBドライブにクローンする方法

最高の無料ディスククローンソフトウェアを使用してHDDをUSB外付けハードドライブにクローンする前に、最初にいくつかの準備を行う必要があります。

  • ターゲットディスク上のデータはクローン作成プロセス中に消去されるため、USBに重要なファイルがあれば、事前にバックアップを取っておいてください。

  • USBをコンピューターに接続し、認識されることを確認します。

準備が完了したら、以下の手順に従って、HDDをUSBドライブにクローンしましょう。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを開き、「クローン」>「ディスククローン」をクリックします。

注意:AOMEI Backupper Standardはデータディスクのクローンをサポートしています。システムディスク(システムを含むディスク)をクローンしたい場合、AOMEI Backupperの有料版にアップグレードする必要があります。

ディスククローン

手順 2. 元のHDDをソースディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. USBドライブを宛先ディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 4. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
パーティションを編集:このオプションを使うと、「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。最後の二つの機能を利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

パーディションスタイルの確認

クローンしたUSBドライブからパソコンを起動する方法

Windowsシステムを新しいUSBドライブに移行後、2つのドライブがコンピューターに接続しているので、その新たな1つをブートドライブとして設定しないといけないです。

手順 1. コンピューターの電源を入れ、最初の画面が表示されたら、キーボードでファンクションキー(F2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して、「BIOSセットアップ」に入ります。

手順 2. 「ブート」と「ブート順序」を選択し、クローンされた新しいハードディスクを優先起動に設定します。

詳細手順:
システムの電源を入れます。最初のロゴが表示されたら、F2 キーF2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して BIOS環境に入ります。
右矢印キーを押して、「ブート」を選択します。
下向矢印キーを押して「ブート順序」を選択します。
F5またはF6キーを使用して、順序を変更します。
F10キーを押して、「OK」を選択後、Enterキーを押して変更内容を保存してシステムを再起動します。

起動ディスク

ヒント:BIOSセットアップを起動する用のファンクションキーはコンピューターによって異なります。通常、ファンクションキーは、コンピューターの起動時に最初の画面の下部に表示されます。または、コンピューターブランドをグーグルで検索します。

補足:AOMEI Backupperで起動可能なUSBを作成

以下の場合にはブータブルUSBは必要であるかもしれません:

サイバー攻撃、ウイルス感染、システム破損、ハードディスク故障などの原因でパソコンは起動しなくなってしまった場合は、ブータブルUSBを使用してパソコンを起動させて、トラブルシューティング(システム修復)を実行したり、システムを再インストールしたりすることができます。
OSを上書きインストールしたいか、ゼロからインストールしたい場合は、Windowsを起動したままではいけないため、ブータブルUSBを使用する必要があります。
内蔵ドライブ上のOSをロードできない場合は、ブータブルUSBを使用して、破壊されたシステムまたは失われたデータを復元することができます。
OSを読み込まずにバックアップまたはクローンの操作を行いたい場合は、ブータブルUSBを使用する必要があります。

ブータブルUSBを作成する理由は上記の通りです。では、AOMEI Backupperで起動可能なUSBを作成する方法をご紹介しましょう。

 手順 1. USBメモリをお使いのパソコンに接続します。AOMEI Backupperを起動します。「ツール」タブをクリックしてから「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

手順 2. ポップアップウィンドウで「Linux」または「Windows PE」を選択してから「次へ」をクリックします。

☆注: Windows PEブータブルディスクの作成をお勧めします。そうすると、AOMEI Backupperのすべての機能を使用できます。

Win PE

手順 3.「レガシーブータブルディスクの作成」(ブータブルディスクをMBR/レガシーBIOSモードで起動)または「UEFIブータブルディスクの作成」(ブータブルディスクをGPT/UEFIモードで起動)を選択してから「次へ」をクリックします。

☆注:PC起動時にブートモードを選択する方法についてはユーザーマニュアルを参考にしてください。

レガシー

手順 4. USBブートデバイスを選択してから「次へ」をクリックします。USBメモリをフォーマットするように求められます。重要なファイルが既にバックアップされている場合は、「はい」をクリックしてブータブルUSBの作成を開始します。

USB

★ヒント:左下にある「ドライバーを追加」をクリックして、ブータブルディスクにカスタムドライバを手動で追加できます。Windows PEブータブルディスクを選択した場合のみ、このオプションは利用可能です。

まとめ

AOMEI Backupperを使用すると、HDDからUSBドライブへのクローン作成は4回クリックするだけで済み、BIOSモードで起動順序を変更することで、クローン化したUSBドライブを使用してパソコンを起動できます。

さらに、AOMEI Backupperを使用すると、ディスククローンソフトウェアであるだけでなく、バックアップシステム、システム修復ディスクの作成、以前の日付へのシステム復元、HDDのSSDへの交換なども実行できます。Windows Serverユーザーの場合は、Server版を利用してください。