By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

Windows 7 32bitから64bitにアップグレードする必要性

多くのランダムアクセスメモリ(RAM、通常4GB以上)をコンピューターにインストールすると、64ビットオペレーティングシステムを使用するメリットが明らかに出てきて、ますます多くの人が64ビットオペレーティングシステムに変更したいでしょう。ただし、Windowsのすべてのバージョン(XP/Vista/7/8/10、Home/Pro/Ultimate/Enterprise)には、64ビットに直接変更するための「アップグレード」オプションはありません。

Windows

でもご心配なく、お使いのコンピューターが64ビットオペレーティングシステムと互換性があることを確認するだけで、Windows 7 32ビットを64ビットに変更できます。64ビットに変更する最良の方法は64ビットオペレーティングシステムをインストールすることです。このプロセス中に、既存のオペレーティングシステムを削除して、新しいオペレーティングシステムに置き換えるオプションがあります。

Windows 7 32ビットを64ビットに変更する方法

ステップ 1. 現在のハードウェアの互換性を確認する

64ビットを正常にクリーンインストールできるようにするには、まず、コンピューターのシステムタイプを確認してください。システムタイプがx64ベースのPCの場合、Windows 7 32ビットを64ビットに変更できます。システムがx84ベースのPCの場合、OSを32ビットから64ビットにを変更できません。

また、Windows 7 32ビットをフォーマットすることなく64ビットに変更できることをさらに判断するには、CPUの互換性とドライバーの互換性を確認する必要があります。

1. デスクトップで「コンピューター」を右クリックして、システムのタイプをチェックします。

64ビット

2. MicrosoftからCoreinfoをダウンロードし、プロセッサーに物理アドレス拡張(PAE)、No-eXecute(NX)、ストリーミングSIMD拡張命令2(SSE2)、CMPXCHG16b(CX16)が含まれているかどうかを確認します。そして、コマンドラインを開き、コア情報を入力してEnterキーを押し、「Ctrl+F」を押して、PAE、NX、SSE2、CX16を一つずつ入力します。CPUの互換性を確認します。

3. デバイスの製造元のウェブサイトにアクセスして、ドライバーの64ビットバージョンが見つかるかどうかを確認します。

ステップ 2. コンピューターをバックアップする

コンピューターの互換性を確認した後、コンピューターをバックアップする必要があります。この方法で、データを失うことなくWindows 7 32ビットを64ビットに変更できます。

システムをバックアップするには、無料のAOMEI Backupper Standardをお勧めします。これにより、システム、ディスク、パーティション、およびファイルもバックアップできます。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動してください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 「バックアップ」の「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

3. AOMEI Backupperは、オペレーティングシステムとブートファイルを自動的に選択しますので、バックアップのターゲットパスを選択するだけでいいです。

ターゲットパス

4. 「開始」をクリックして、コンピューターをバックアップします。

開始

ご注意:ターゲットパスについては、外付けHDD、USBメモリ、クラウドドライブ、NASなどにバックアップすることができます。簡単に言えば、コンピューターがデバイスを検出できる限り、バックアップのターゲットパスとして使用することができます。

ステップ 3. 32ビットを64ビットにアップグレードする

32ビットを64ビットに確実にアップグレードするには、インストールメディアが必要です。Windows用のインストールメディアを作成してから、以下の手順に従って64ビットオペレーティングシステムをクリーンインストールしてください。

Windows 7インストールメディアを作成する

最初に3つのことを準備する:
64ビットISOイメージファイルが必要です。お持ちしていない場合は、Microsoft Storeからダウンロードできます。
5GB以上のフラッシュドライブが必要です。ISOイメージファイルを保存するために使用されて、持ち運びも可能です。
Windows 7 USB DVDダウンロードツールが必要です。このツールは、ISOイメージファイルをUSBフラッシュドライブに書き込むために使用されます。

その後、ISOイメージファイルをUSBフラッシュドライブに書き込むことができます。

1. Windows 7 USB DVDダウンロードツールを開き、「参照」をクリックしてISOイメージファイルを見つけ、「次へ」をクリックしてください。

参照

2. メディアタイプとしてUSBを選択してください。

3. USBフラッシュドライブを挿入して選択し、「コピーの開始」をクリックしてください。このツールは、最初にUSBフラッシュドライブをフォーマットしてから、起動可能なUSBデバイスを作成します。したがって、何か重要なことがある場合は、最初にバックアップを作成する必要があります。

USBを使用してWindows 7 32bitから64bitに変更する

1. USBフラッシュドライブを挿入して、BIOS経由でUSBフラッシュドライブの起動優先度を設定し、コンピューターを再起動し、任意のキーを押してUSBフラッシュドライブから起動してください。

2. Windows 7インストールファイルがロードされます。完成するまでお待ちしてください。

3. 言語およびその他の設定をセットアップしたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。ライセンス条項に同意して、「次へ」をクリックしてください。

4. 「カスタム」をWindows 7インストールタイプとして選択してください。「ドライブオプション」をクリックします。

ドライブオプション

5. システムパーティションおよびその他のオペレーティングシステム関連のパーティションを削除し、未割り当て領域を選択してWindowsをインストールしてください。

ご注意:システムパーティションが64ビットをインストールするのに十分な容量がある場合、システムパーティションおよびその他のオペレーティングシステム関連のパーティションを削除する必要はなく、既存のシステムパーティションを使用して、Windowsをクリーンインストールできます。最後に、「Windows.old」というフォルダが見つかります。それは以前のWindowsを保存するために使用され、そこからシステムとプログラムを復元します。

必要に応じてファイルを復元する

データが失われた場合は、バックアップイメージを使用して復元することができます。より高級なバージョン-AOMEI Backupper Professionalアップグレードして、「イメージをマウント」と呼ばれる機能を提供します。システムイメージバックアップのファイルをコピーして、コンピューターに貼り付けることができます。AOMEI Backupper Professionalの無料試用版をダウンロードして使用しましょう。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールし、起動します。「ツール」の「イメージをマウント」をクリックしてください。

イメージをマウント

ステップ 2. 対象のバックアップイメージを選択して、「次へ」をクリックしてください。

バックアップイメージ

ステップ 3. バックアップパスを選択し、「次へ」をクリックしてください。

バックアップパス

ステップ 4. マウントしたいバックアップイメージのドライブ文字を選択し、「次へ」をクリックしてください。次に、コンピューター上のいくつかの仮想パーティションを見ることができます。これらのパーティションには、バックアップイメージのすべてのコンテンツが含まれています。

バックアップイメージ

ステップ 5. 「コンピューター」に移動し、仮想パーティション「F:」および「G:」からファイルをコピーして、安全な場所に貼り付けてください。

まとめ

クリーンインストールは、OSを32ビットから64ビットに変更する最適な方法です。ただし、データ損失のリスクがあります。データの損失を防ぐには、AOMEI Backupperを使用してコンピューターをバックアップする必要があります。また、AOMEI Backupperはシステムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップなど、さまざまなデータ保護ソリューションを提供します。

社内の台数無制限のコンピューターを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technicianを選ぶのをお勧めします。ぜひ、お試し下さい。