By Akira / 最後の更新 2022年04月06日

Windows 10をSSDに移動する原因

Windows 10をSSDに移動したいですか?これは確かに、より大きな容量またはより良いパフォーマンスを得るための効果的な方法です。ただし、システムを最初からインストールするのではなく、既存のすべての設定と個人用ファイルとともにWindows10をSSDに移動することをお勧めします。

これを実現するための一般的な方法の1つは、Windows 10をSSDに移動することです。つまり、古いHDDにWindows 10のシステムイメージを作成してから、Windows10イメージをSSDに復元します。このプロセスはベアメタル復元とも呼ばれ、以前にインストールされたソフトウェアやオペレーティングシステムなしでPCを復元できます。

通常、Windows 10をWindows組み込みユーティリティを使用して別のハードドライブに移動できますが、ターゲットSSDが小さい、パーティションスタイルが異なる、またはその他の理由により、障害が発生する可能性が高くなります。

問題が発生した場合は、AOMEI Backupperなどの代替ソフトウェアを使用してWindows10のイメージを作成するか、Windows 10をさらに小さなSSDに直接転送できます。読み続けてください。次のセクションで両方の方法を紹介します。

windows 10 システム移行

Windows内蔵ツールでWindows 10をSSDに移動する方法

Windows内蔵ツールでWindows 10をHDDからSSDに移動することは可能ですが、その手順は少し複雑です。このチュートリアルは3つのパートに分かれています。すべてのシステムファイルを含むWindows 10のシステムイメージを作成し、次にブータブルメディアを作成して回復オプションにアクセスし、システムイメージの復元を実行する必要があります。

パート 1. Windows 10のシステムイメージを作成

Windows 10に標準搭載されている「バックアップと復元(Windows7)」機能は、システムイメージを作成して、PC丸ごとバックアップすることができます。

次は、バックアップと復元(Windows7)によりWindows 10のシステムイメージを作成する方法をチェックしましょう~

1. 「コントロールパネル」を開き、「システムとセキュリティ」をクリックして、「バックアップと復元(Windows7)」を選択します。次は、「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

2. 「バックアップをどこに保存しますか?」と表示されるので、新しいSSDを作成するイメージの保存先として選択し、「次へ(N)」をクリックします。

保存する場所の選択

3. 「バックアップの設定を確認します」と表示されるので、保存先とバックアップに必要なディスク容量を確認してから「バックアップの開始(S)」をクリックします。

バックアップの開始

パート 2. SSDを起動するための回復ドライブを作成

新しいSSDにシステムイメージを復元するには、SSDから起動し、システムイメージの回復のためのWindows 10の回復オプションにアクセスする必要があります。そのため、インストールディスクまたは回復ドライブが必要です。以下の方法を試して回復ドライブを作成してみてください。

1. パソコンにUSBメモリを接続します。そして、検索ボックスに「回復ドライブ」と入力します。検索結果から「回復ドライブの作成」をクリックします。

2. ポップアップウィンドウで「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」チェックボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

システムファイルを回復ドライブにバックアップします

3. 準備したUSBメモリを選択して「次へ」をクリックします。

USBメモリの選択

4. 次の画面で「作成」をクリックして回復ドライブの作成を開始します。

作成

パート 3. Windows 10のイメージをSSDに復元

PCをシャットダウンし、HDDをSSDに物理的に交換してから、回復ドライブとシステムイメージを含むデバイスを挿入します。

1. 回復ドライブの正常起動後に「キーボード レイアウトの選択」が表示されます。そして、ディフォルトの「Microsoft IME」をクリックします。

Microsoft IME

2. 「オプションの選択」が表示され、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

3. 「トラブルシューティング」が表示され、「ドライブから回復する」をクリックします。

ドライブから回復する

4. 「ドライブから回復する」が表示され、「ファイルの削除のみ行う」をクリックします。

ファイルの削除のみ行う

5. 「回復処理」を開始するに当たり、削除対象となるファイルなどの注意項目が表示されます。内容を確認して、「回復」をクリックします。

回復

システムイメージの復元に失敗した場合

前述のように、Windows 10を新しいディスクに復元できない可能性があり、その原因はさまざまです。1つの可能性は、ターゲットSSDが古いHDDよりも小さいため(エラー0x80042407として発生することが多い)、システムイメージのレイアウトとほとんど一致しない可能性があります。

また、復元プロセスで、「ディスクを使用できません…」(エラー0x80042412)、「Windowsは異なるファームウェアのコンピュータにシステムイメージを復元できません」、「Windowsバックアップは起動ボリュームを判別できません」などのエラーが発生する場合があります。

これらの問題を解決するかどうかにかかわらず、トラブルシューティングには多くの時間と労力がかかる可能性があります。個人的には、操作が簡単で制限の少ない代替ソフトウェアを使用することをお勧めします。

システム復元エラー

Windows 10をSSDに簡単に移動する方法

バックアップと復元のフリーソフトAOMEI Backupper Standardを使えば、もっと手っ取り早い方法があります。

強力かつ使いやすいシステムバックアップと復元機能を搭載し、Windows 11/10/8/7を別のHDDやSSDに移行するのに役立ちます。
デフォルトのインテリジェントモードは、ファイルシステムの使用されたセクターのみをバックアップして、より小さいドライブにWindows 10のイメージを復元することができます。
インストールディスクや回復ドライブがなくても、Windows 10のイメージを接続したSSDに復元できます。Windowsシステムイメージの復元と比較して、操作は非常に簡単です。

つまり、Windows 10をSSDに移動するプロセス全体を、単一のツールですべて完了することができます。さっそくダウンロードしてインストールしてみましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

*Windows 10を異なるハードウェアを搭載したPCに移動する場合は、Professional版にアップグレードして 「ユニバーサル復元」の機能を使用することができます。

*AOMEI BackupperはSSDクローンソフトウェアでもあります。WindowsがインストールされたHDDをSSDにクローンしたり、システムクローン機能(Pro版でサポート)を使ってWindows 10だけをSSDに転送したりすることをサポートします。

方法 1. 「復元」の機能でWindows 10をSSDに移動

この方法は、システムのバックアップと復元によって実行されます。完全に無料のStandard版をダウンロードしてから、HDDとSSDをインストールして開始できます。PCにスロットが1つしかない場合は、USB-SATAアダプタを使用して接続してください。

☛ Windows 10のシステムイメージを作成

1. 「バックアップ」タブに移動し、「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

2. 別のタスクから区別できるように「タスク名」を変更することができます。この例では、ドライブCはデフォルトでバックアップ元として選択されます。システムイメージを保存する場所を選択し、「開始」をクリックします。

ヒント:日常的な使用では、「スケジュール」をクリックして自動バックアップを設定し、継続的にシステムを保護することも可能です。

開始

☛ Windows 10のシステムイメージをSSDに復元

1. Windows 10のシステムイメージをSSDに復元するには、「復元」タブに切り替え、「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」を選択して、復元したいシステムバックアップを見つけます。

イメージファイルを選択

2. ここでは、「このシステムイメージを復元」を選択して「システムを他の場所に復元」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを選択

3. 新しいSSDを復元先として選択して「次へ」をクリックします。そして、操作概要を確認して、問題なければ「開始」をクリックします。

ヒント:システムイメージを別の新しいPCに復元したい場合、復元後に正しく起動できることを確認するために、このステップで「ユニバーサル復元」(Pro版でサポート)にチェックを入れてください。また、ターゲットPCが正常に起動できない場合は、ブータブルメディアを作成して、WinPEで起動することもできます。

開始

次に、PCを再起動して、SSDからWindows 10を起動できます。PCにスロットが1つしかない場合は、HDDをSSDと交換してください。それ以外の場合は、BIOSに入って、最初の起動オプションとしてSSDを選択できます。

また、システムバックアップの復元やその他のバックアップの復元操作を行うための回復環境の作成を選択することができます。AOMEI Backupperで作成したイメージを新しいハードドライブに復元するために、直接復元環境からシステムを起動することを選択できるように、システム起動メニューページに「AOMEI Backupper回復環境」オプションを追加することができます。

Enter into AOMEI

方法 2. 「システムクローン」の機能でWindows 10をSSDに移動

バックアップと復元のほかに、AOMEI Backupper Standardのディスククローン機能を使って、無料でHDDをSSDにクローンすることができます。もし新しいSSDに十分なディスク容量がなくて、Windows 10のシステムだけを新しいSSDに移行したい場合は、Pro版にアップグレードして、「システムクローン」の機能を利用してください。

では、Windows 10のシステムクローンを実行する方法を例として紹介します。

1. まず、ターゲットSSDをPCに接続します。PCにスロットが1つしかない場合は、USB-SATAアダプタを使用して接続してください。AOMEI Backupper Professionalを起動し、「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

2. このソフトウェアは、ソースパーティションとしてWindows10システムを自動的に選択します。したがって、ターゲットとして新しいSSDを選択し、「次へ」をクリックするだけです。

ターゲットディスクの選択

3. SSDのパフォーマンスを最適化するため、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックマークを付けます。次に、「開始」をクリックします。

クローンは、デフォルトでインテリジェントモードで実行されます。ターゲットSSDに十分なスペースがあり、使用されているかどうかに関係なくすべてのセクターのクローンを作成する場合は、「セクター単位のクローン」にチェックマークを付けることができます。それ以外の場合はそのままにしておきます。
「SSD 4Kアライメント」は、SSDの書き込みと読み取りの速度を加速し、その耐用年数を延ばします。

開始

クローンした後、PCを再起動し、対応するキーを押してBIOSに移動します。セットアップ画面に入ったら、「ブート」タブを探し、クローンしたSSDをBIOSのブートドライブとして設定します。F10キーを押して変更を保存し、セットアップ画面を終了します。これで、クローンしたSSDドライブからコンピューターを正常に起動できるはずです。

bios

まとめ

Windows 10の組み込みツールを使用してWindows10をSSDに移動するには、システムイメージのバックアップの作成、回復メディアの作成、およびシステムイメージの回復の実行という3つの主要な手順を完了する必要があります。このプロセスは、代替のソフトAOMEI Backupperを使用して大幅に簡素化できます。

Windows 10をバックアップと復元する代わりに、システムだけを別のディスクに直接にクローンすることができます。AOMEI Backupperの強力な機能を使用すると、大きなHDDを小さなSSDにクローンしたり、OSのみを新しいディスクに移行したりできます。

オプションで、AOMEI Image Deployを使用して、ネットワーク経由で台数無制限のPCにシステムイメージを展開することもできます。