By Akira / 最後の更新 2022年11月09日

Windows 10/11でHDDのクローンを作成する原因

ご存知のように、長く使っているHDDは、ディスク容量が不足したり、動作が重くなったり、自然劣化が進んだりすることがあります。このような状況において、特にハードウェアへの要求が高いユーザーにとって、ディスク交換はよい選択肢となっています。

まとめると、いくつかのシナリオが考えられます:
より多くの容量を得るには、HDDをより大きなHDDに交換します。
HDDをSSDにアップグレードして、読み書きの速度を向上させます。
単純に新しいドライブを導入して、ディスク障害のジレンマから脱出します。

本当の問題は、古いディスク上のシステムとファイルをどうするかです。ゼロから始めたくない場合は、それらを新しいドライブに直接移行するのが便利なオプションです。

ディスクバックアップを作成して新しいドライブに復元する従来の方法をおそらくご存知でしょう。これは非常に面倒でエラーが発生しやすい方法です。対照的に、Windows 10/11のHDDのクローンを作成すると、操作が大幅に簡素化され、移行にかかる時間が短縮されます。

したがって、HDDをSSDまたは別のHDDに転送する場合は、ディスククローンを実行することをお勧めします。また、Windowsにはこの機能がないため、Windows 10、11などで動作する無料のHDDクローン作成ソフトウェアを選択する必要があります。

ディスククローン

最高なWindows 10/11HDDクローンフリーソフト

HDDクローンソフトの安全性、使いやすさ、簡便性を重視する人が多いです。AOMEI Backupper Standardは強力かつ無料のディスククローンソフトウェアで、あなたのベストチョイスの一つです。

AOMEI Backupper StandardはHDDをSSD或いは別のHDDにクローンでき、インストールされたアプリケーション及びその他の紛失したくないデータも含まれます。
インテリジェントクローンの技術により、大容量のドライブから小容量のドライブにクローンすることができ、使用する部分のみを別のドライブにクローンすることができます。
セクター単位のクローン」の機能により、ハードディスクの1:1コピーを作成することができます。
「SSD 4Kアライメント」の機能により、SSDディスクの全体的な性能を最適化することができます。
Windows 11、10、8.1、8、7、Vista、XP(すべてのエディション、32/64ビット)、Samsung、Crucial、WDなどの様々なディスクブランドとSATA/M.2/NVMeなどのディスクタイプをサポートします。

さらに、クリックベースのインターフェイスとシンプルな操作により、このWindows 11のHDDクローン作成ソフトウェアは世界中のユーザーから高く評価されています。それがどのように機能するかを知るために、以下のフリーソフトウェアをダウンロードしてインストールすることができます:

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 10/11でディスクのクローンを作成する手順(フリーソフト使用)

AOMEI Backupper Standardの助けを借りて、初心者でも簡単にHDDクローンを作成することができます。しかし、開始する前に、まだいくつかの準備をする必要があります。

ターゲットドライブをインストールします。コンピュータに1つのスロットしかない場合、それを接続するために、SATA-to-USBアダプタまたはエンクロージャが必要な場合があります。
重要なデータをバックアップしてください。クローン作成はターゲットディスクのすべてを上書きします。重要なファイルがある場合、先にバックアップを取ることが必要です。
いくつかのプログラムやファイルを削除してください(オプション)。HDDをより小さいSSDにクローンする場合、ソースHDDをクリーンアップして、より小さいドライブに適合しやすくすることができます。
そして、Windows 11でHDDのクローンを無料で作成する手順を実行します。Windows 10、8、7などにも同じ手順が適用されます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを起動すると、シンプルなインターフェースが表示されます。「クローン」タブをクリックすることができます。そして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ヒント:
AOMEI Backupper Standardはすべてのデータディスク間のクローンをサポートしています。システム(システムイメージを含むディスク)ディスクのクローンを作成したい場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。
ターゲットドライブが空白のドライブ(未割り当てのスペースとして表示)である場合、ソースHDDのパーティションスタイルはターゲットHDDまたはSSDにも移行されます。

ステップ 2. HDDをソースディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 新しいHDDまたはSSDを保存先ディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. HDDをSSDにクローンする場合は、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、読み取りと書き込みの速度を上げることができます。操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

開始

Windows 10/11が搭載されたHDDを別のディスクにクローンした後、起動順序を変更(クローンしたドライブを1番目のオプションに設定)するか、古いHDDを新しいHDDに物理的に交換します。

便利なオプション:
パーティションを編集:ターゲットディスクのパーティションサイズを調整できます。「パーティションのサイズを変更せずにコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」、「パーティションのサイズを手動で調整」を選択でき、最後の2つのオプションはProfessional版で利用可能です。3つのオプションのうち、最後のオプションだけがディスクの各パーティションのサイズを編集することができます。
セクター単位のクローン:古いHDDの全セクタをクローンできます。ターゲットディスクがソースディスクと同じかそれ以上の大きさであることが必要です。
システムクローン:Pro以上のエディションで利用でき、Windows 11/10/8/7でOSだけをSSDに移行できます。

まとめ

上記から、Windows 11用の最高な無料のHDDクローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardを利用して、HDDのクローン作成を簡単に完了できます。

また、このソフトは異なるブランドのHDDをサポートするため、SSDから新しいSSDへのクローン、SATA SSDのクローン、NVMeからより大きなNVMe SSDへのクローンなどにも同様に使用することが可能です。クローン機能に加えて、AOMEI Backupper Standardにはバックアップと復元機能が組み込まれています。今すぐダウンロードしてお試しください。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@