By Akira / 最後の更新 2022年02月28日

ファイルを外付けHDDにバックアップする理由

重要なファイルをバックアップしておいた場合はいつでもデータを復元できます。バックアップによってファイルをコピーを持っています。そうすると、PCはウイルスに感染し、HDDが故障し、または単にファイルを誤って削除した場合でもバックアップイメージから自分のPCにファイルを復元できます。ディスクバックアップと異なり、ディスク上の全てのファイルをバックアップする必要はありませんが、写真、書類や音楽など重要なファイルまたはかけがえのないファイルだけをバックアップする必要があります。

CD/DVD、外付けハードドライブ、NASデバイス、オンラインストレージなど、コンピュータファイルをバックアップする場所はたくさんあります。パソコンファイルのバックアップ場所を選択するにはどうすればよいですか?以下にいくつかのアドバイスがあります。

パソコンとは別に:上記のように、システムクラッシュなどのパソコン関連の問題は、データの損失につながります。したがって、パソコンの外部にあるストレージデバイスを選択することをお勧めします。
手頃な価格:今日、外付けHDDは非常に信頼性が高く、かなり安価です。CD/DVDの価格も許容範囲内ですが、そのストレージスペースは十分な大きさではありません。
持ち運びが容易:デバイスはポータブルで、どこにでも持ち運びできます。これは、自宅、オフィスなど、さまざまな場所でバックアップファイルを使用する必要があるユーザーにとって非常に重要です。
時間の節約:NASやオンラインストレージと比較して、ファイルを外付けハードドライブにバックアップするために、良好なインターネット接続は必要ありません。したがって、バックアップ時間は短くなります。

以上のことから、外付けHDDはパソコンのファイルをバックアップするのに最適な選択であることが容易に理解できます。バックアップしたファイルの安全性を高めるために、ファイルのスケジュールバックアップを作成し、外付けハードディスクを2台用意し、1台をオフィスに、もう1台を自宅に置くことをお勧めします。

ファイルを外付けHDDにバックアップする方法

Windows 11、10、8.1、8、7やそれ以前のバージョンで外付けハードドライブにすべてのファイルをバックアップする方法といえば、バックアップと復元、ファイル履歴など、Windowsの内蔵ツールを使用することを考えるかもしれません。これらのツールの使い方は後ほど紹介します。でも、その前に、一番簡単な方法を紹介します。

方法 1. AOMEI Backupper Standardでファイルをバックアップ

AOMEI Backupper StandardはWindows 11、10、8.1、8、7、Vista、XP用の外付けハードドライブにファイルをバックアップするフリーソフトです。そして、バックアッププロセス中に、より高度な機能を提供します。では、詳しく紹介します。

スケジュールバックアップをサポート:データ損失を防ぎ、継続的にファイルを保護することができます。毎日バックアップ、毎週バックアップ、毎月バックアップ、または増分バックアップで変更されたファイルのみをバックアップするように選択することができます。
電子メールによる通知をサポート:この機能は、特にバックアップタスクが完了するまで待ちたくない場合に、非常に便利です。最終結果や処理中のエラーメッセージをお知らせします。
バックアップの圧縮をサポート:ファイルが非常に大きい場合、または多くのファイルやフォルダがある場合、ディスクスペースを節約するためにバックアップイメージファイルを圧縮できます。

ファイルを外付けHDDにバックアップするには、以下の手順に従ってください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして開きます。外付けHDDを接続します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

手順 3. 「ファイルの追加」または「フォルダの追加」をクリックしてから、バックアップするファイルまたはフォルダを選択します。

ファイルを追加

手順 4. 外付けHDDをバックアップ先として選択します。

「オプション」または「スケジュール」を選択して、より多くの設定を取得できます。
オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップファイルの圧縮レベルを選択し、必要な分割方法(Professional版でサポート)を選択できます。
スケジュール:ファイルのバックアップを、ディリー/ウィークリー/マンスリーで自動的に実行するように設定できます。イベントトリガーとUSB挿入を設定することができますが、Professional版などの上位エディションにアップグレードする必要があります。

バックアップ先

手順 5. すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

開始

ヒント:複数のバックアップイメージの原因でディスク容量が不足することに悩まされたくない場合は、「スキーム」(Professional版でサポート)を使用して古いバックアップを削除できます。

方法 2. ファイル履歴でファイルをバックアップ

ファイル履歴は、Windows 8から発売された無料の内蔵ファイルバックアップツールです。このツールでは、デフォルトとカスタムのすべてのライブラリ(パブリックフォルダを含む)、さらに連絡先、デスクトップ、お気に入りフォルダをバックアップすることができます。そして、WindowsはWindows 10で「フォルダの追加」という新機能を追加し、特定のフォルダのバックアップができるようになりました。

ファイルを外付けHDDにバックアップするには、以下の手順に従ってください。

手順 1. 最初に外付けHDDをパソコンに接続します。次に、設定>更新とセキュリティ>バックアップの順にクリックします。次に、「ファイル履歴を使用してバックアップ」の下の「ドライブの追加」オプションをクリックします。

ドライブの追加

手順 2. 「ファイルのバックアップを自動的に実行」オプションの下にある「オン」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。

その他のオプション

手順 3. 次に、ファイルをバックアップする頻度、これらのバックアップイメージを保持する期間、およびバックアップするファイルの構成を設定することができます。

バックアップファイルの設定

手順 4. 完了したら、保存して終了します。次に、「今すぐバックアップ」をクリックしして、ファイルを外付けHDDに自動的にバックアップします。

方法 3. バックアップと復元でファイルをバックアップ

Windows 7では、まだ「バックアップと復元」という無料のバックアップソフトがあり、個別のファイルやシステム全体のバックアップを自由に行うことができます。そして、このツールはWindows 8以降のバージョンでも維持されています。

「バックアップと復元」を使ってファイルをバックアップするには、以下の詳細な手順に従います。

手順 1. 設定>更新とセキュリティ>バックアップに移動します。バックアップと復元(Windows 7)をクリックします。「バックアップ」セクションで「バックアップの設定」オプションを選択します。

バックアップの設定

手順 2. 「バックアップを保存する場所の選択」画面が表示されます。バックアップ先(外付けHDD)を指定し、「次へ」をクリックします。

バックアップを保存する場所の選択

手順 3. 「バックアップの対象」画面が表示されます。「自動選択」オプションを選択しを選択して「次へ」をクリックします。ライブラリに保存されているファイル、デスクトップ上のファイル、デフォルトのWindowsフォルダなど、ユーザーに関するすべてのファイルをバックアップすることができます。

自動選択

手順 4. 「設定を保存してバックアップを実行する」ボタンをクリックします。

設定を保存してバックアップを実行

ファイルを失うことになった場合は、以下の手順に従ってファイルとデータを復元できます。

手順 1. 設定>更新とセキュリティ>バックアップ>バックアップと復元(Windows 7)に移動します。

ファイルの復元

手順 2. 「フォルダーの参照」ボタンをクリックして、バックアップイメージから復元するフォルダを選択します。フォルダを選択したら、「次へ」をクリックして復元するプロセスを開始します。

フォルダーの参照

まとめ

Windows 11、10、8、7で外付けハードディスクにファイルをバックアップする方法については、バックアップと復元、ファイル履歴など、Windowsの内蔵ツールを使用することができます。また、AOMEI Backupper Standardのような無料かつ専門的なバックアップソフトを使用することもできます。

比較すると、AOMEI Backupperでファイルをバックアップすることは最も簡単な方法です。それは、ユーザーが簡単かつ迅速に操作を理解できるように、直感的なインターフェイスを持っています。そして、バックアッププロセスには何の障害もありません。さらに、毎日のバックアップ、増分バックアップ、電子メール通知など、より便利な機能を提供します。ぜひダウンロードして試してみましょう~