By Machi / 最後の更新 2022年05月06日

ユーザー事例:外付けHDDへのデータ転送をより高速に行う方法はあるのか?

 

週に一度、コピー&ペーストを使って、すべてのライブラリを内蔵SSDから外付けSSDにバックアップしています。データ量は40GB程度で、転送速度は50Mb/sから140Mb/sまで変化し、長い時間(10~20分)かかるようです。もっと高速な方法はありますか?

 

上記のケースのユーザーのように、1つのハードディスクから別のハードディスクにデータをより速く転送する方法を探していますか?日常生活では、ディスクのアップグレード、古いディスクの交換、他の人とのファイルの共有など多くの場合に、ファイルを別のディスクに転送する必要があります。

多くのユーザーはコピー&ペーストを使って、この作業を行うでしょうね。しかし、大量のファイルを転送する必要がある場合、この方法は時間がかかります。そこで、多くのユーザーは、ファイルを転送するために、より速く、より簡単な方法を探しています。この記事では、その方法をご案内します。興味のある方、ぜひご覧ください。

ファイル転送

ハードディスク間でファイルを転送するための最高のフリーソフト

ファイルを同期することは、2つの外付けHDDの間、またはPC(内蔵HDD)から外付けHDDにファイルを転送する最速の方法です。ここでは、PCからHDDにファイルを転送するための最高のファイル同期フリーソフト-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

このソフトを使って、いくつかのクリックだけで、メール、写真、音楽、動画などのファイルやフォルダを元のディスクから別のディスクに自動同期できます。UIデザインがシンプルでわかりやすいので、初心者でも気軽に使えます。また、このソフトは:

Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。
内蔵/外付けハードドライブ、共有フォルダ、NAS、USBドライブ、CD/DVD、クラウドなど様々なストレージデバイスに対応しています。
同期完了後のメール通知、削除操作の同期など、様々な同期オプションをサポートしています。

ファイル同期フリーソフトでPCから外付けHDDにファイルを転送する方法

これから、AOMEI BackupperでファイルをPCから外付けHDDに転送する方法をご案内します。開始する前に、まずAOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールします。外付けHDDをPCに接続して、検出できることを確認します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを起動し、「同期」タブ→「ベーシック同期」をクリックします。

ベーシック同期

AOMEI Backupper Professionalへアップグレートすると、他の3つのより高度な同期モードが利用可能です:
リアルタイム同期変更されたファイルをソースディレクトリからターゲットディレクトリへリアルタイムで同期します。
ミラー同期ターゲットディレクトリは常にソースディレクトリと同じファイルを保存します。
双方向同期一方でファイルを変更すると、もう一方のディレクトリで同期を取ります。

ステップ 2. 「フォルダを追加」をクリックして、同期したいファイル/フォルダを選択します。複数のフォルダ/ファイルを選択したい場合、1つのフォルダ/ファイルを選択した後、ソースパスの上の「+」アイコンをクリックして、他のフォルダ/ファイルを追加します。

フォルダを追加

ステップ 3. 外付けHDDをファイルの転送先として選択します。

転送先

下部の2つのオプションをクリックし、同期をカスタマイズできます:
オプション同期完了後のメール通知、削除操作の同期、ターゲットディレクトリのファイルの整合性の確認などを設定できます。
スケジュール自動同期を設定できます。AB Stdは、毎日/毎週/毎月の3つの自動同期モードに対応しています。AB Proなどの上位版へアップグレートすると、USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン)の2つのより柔軟的なモードが利用可能です。同期先は外付けHDDであるので、自動同期モードを「USB挿入」に設定するのをお勧めします。これで、毎回外付けHDDをPCに接続すると、PCのファイルは自動的に外付けHDDに同期されます。

ステップ 4. すべての設定を確認し、「開始」をクリックします。

この操作はわずか4ステップで完了し、PCから外付けHDDへファイルを転送するための最速の方法だと言えるでしょう。

外付けHDDへのファイル転送を高速化する方法

上記の方法で、PCからHDDにファイルを高速転送することができます。もちろん、転送速度に影響を与える可能性がある他の要因もあります。この部分では、HDDの転送速度をより高速化するためにいくつかの方法をご紹介します。

方法1. HDDをFAT32パーティションからNTFSにフォーマットする

外付けHDDのファイルシステムは、ファイルの転送速度に大きく影響します。FAT32とNTFSを比較すると、NTFSを搭載したストレージデバイスは、ファイルのコピー/転送がより速く、より効率的です。ハードディスクのファイルシステムがNTFSでない場合、以下の手順で変換することができます。

▶ 注意:ハードドライブをフォーマットすると、すべてのデータが消去されるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしておいてください。

ステップ 1. 外付けHDDをPCに接続します。「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。

ステップ 2. 外付けHDDを右クリックし、メニューから「フォーマット」を選択します。

ステップ 3. ファイルシステムを「NTFS」に選択し、「クイックフォーマットする」にチェックを入れます。その後、「OK」をクリックして実行します。

クイックフォーマットする

方法2. 書き込みキャッシュを有効にする

HDDの転送速度を向上させるために、ファイルシステムを変更することに加えて、書き込みキャッシュを有効にしてみることも可能です。

ステップ 1. 外付けHDDをPCに接続します。エクスプローラーを開き、外付けHDDを探して右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ 2. 「ハードウェア」タブで「プロパティ」をクリックし、「全般」タブで「設定の変更」ボタンをクリックします。

ステップ 3. 「ポリシー」タブをクリックし、「高パフォーマンス」を選択し、「OK」をクリックして変更を確認します。

高パフォーマンス

方法3. 一時ファイルやジャンクファイルをクリーンアップする

ファイル転送の速度を低下させる原因となる、ハードディスク上の無駄なジャンクファイルや一時ファイルを整理・削除することができます。PCを長時間使用すると、多くの無用なジャンクファイルがハードディスクの容量を占有するようになります。以下の手順でディスクのクリーンアップを行い、ハードディスクの転送速度を高速化することができます。

ステップ 1. 外付けHDDをPCに接続します。「PC」をクリックし、外付けHDDを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ 2. 「全般」タブをクリックし、「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックします。

ディスクのクリーンアップ

ステップ 3. 一時ファイルを含む削除したいファイルを選択し、「OK」をクリックして削除します。

一時ファイル

まとめ

この記事では、プロのファイル同期ソフト-AOMEI BackupperでPCから外付けHDDにファイルを高速に転送する方法をご紹介しました。AOMEI Backupper StandardはPCと外付けHDDの間でファイルを転送できるだけでなく、1つのPCから別のPCへ、またはすべてのネットワーク場所の間でファイルを転送することもできます。ソースディレクトリでデータが変更された場合、設定されたスケジュールに基づいて、ターゲットディレクトリでのデータも自動的に変更されます。

会社内の台数無制限のPCを保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianをご利用ください。AOMEI Backupper Technicianには、イメージ展開ツールが搭載されています。このツールによって、ネットワーク経由でLAN内の複数台のPCにイメージを展開できます。企業ユーザーには非常に便利です。今すぐダウンロードし、体験しましょう!