By Machi / 最後の更新 2021年12月31日

システム状態のバックアップとは?

windows server

システム状態のバックアップは、オペレーティングシステムファイルをバックアップすることです。問題が発生した場合に、このバックアップによって、サーバーをロールバックすることができます。それに、そのバックアップを使って、同じハードウェアを持つ別のサーバーを復元することもできます。

システム状態のバックアップには以下のものが含まれます:

ドメインメンバー:ブートファイル、COM+データベース、レジストリ
ドメインコントローラ:Active Directory(NTDS)、ブートファイル、COM+データベース、レジストリ、システムボリューム(SYSVOL)
クラスターサービスを実行しているコンピューター:クラスターサーバーのメタデータもバックアップします。
証明書サービスを実行しているコンピューター:証明書データもバックアップします。

Windows Server 2016でシステム状態のバックアップに失敗する原因

一部のWindows Serverユーザーから、Windows Server バックアップでシステム状態のバックアップに失敗したとの報告がありました。その代表的な原因は、次の2つに要約されます。

エラー1. システム ライターがバックアップに見つかりません

✹ ユーザー事例:
日本マイクロソフト様。Windows Serverバックアップで「バックアップを完了できませんでした。システム ライターがバックアップに見つかりません。」のエラーが発生してバックアップできません。本当に困っています。どうか、助けてください。

「%windir%\winsxs\filemaps\」または「%windir%\winsxs\temp\PendingRenames」ディレクトリのファイルに対するアクセス許可が正しくないため、このエラーが発生します。または、「COM+ Event System」サービスへのアクセス許可の問題もこのエラーにつながることがあります。

エラー2. ファイル名、ディレクトリ名またはボリュームラベルの構文が正しくありません

✹ ユーザー事例:
コマンドラインよりwindows server backupを行いたいのですが、「wbadmin start backup -backupTarget:バックアップ用ボリューム -include:C:\フォルダ1,C:\フォルダ2 -vssFull」という構文を実行すると、このエラーが発生してしまいます。

このエラーが発生する原因は、あるドライバのImagePathの情報が正しくありません。通常、各ドライバの情報は、ドライバのインストール時にレジストリに保存されており、この情報の一つである ImagePathに正しくない値が入力されていることにより、列挙に失敗して、バックアップ取得に失敗しています。

Windows Server 2016でシステム状態のバックアップの失敗を修正する方法

システム状態のバックアップが失敗する原因を知った以上、どのようにこの問題を解決すればよいでしょうか?これから、システム状態のバックアップの失敗を修正する3つの方法をご紹介します。この問題で悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

方法1. サービスを開始または再起動する

Window Server バックアップでシステム状態のバックアップに失敗した場合、まず「Windows サービス」に移動してサービスを開始または再起動することを試みます。

手順 1. 「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。「services.msc」と入力し、「Enter」キーを押します。

services.msc

手順 2. 以下のサービスを見つけて、右クリックし、「開始」または「再起動」を選択します。

COM+ Event System

COM+ System Application

Distributed Transactions Coordinator

Microsoft Software Shadow Copy Provider

Volume Shadow Copy

NetWorker Remote Exec Service

Cryptographic Service

開始/再起動

その後、もう一度Window Server バックアップでシステム状態をバックアップしてみてください。またうまくいかない場合は、次の方法を使用してください。

方法2. Winsxsフォルダのアクセス権を変更する

Winsxsフォルダ内のファイルのアクセス権が正しくない場合も、システム状態のバックアップに失敗する可能性があります。アクセス権を変更することで、この問題を解決することができます。

手順 1. スタートボタンを右クリックし、「コマンド プロンプト(管理者)」を選択します。

手順 2. 以下のコマンドを入力し、各コマンドの入力後に「Enter」キーを押します。

Takeown /f %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /a

icacls %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /grant "NT AUTHORITY\SYSTEM:(RX)"

icacls %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /grant "NT Service\trustedinstaller:(F)"

icacls %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /grant BUILTIN\Users:(RX) 

Takeown /f %windir%\winsxs\filemaps\* /a 

icacls %windir%\winsxs\filemaps\*.* /grant "NT AUTHORITY\SYSTEM:(RX)"

icacls %windir%\winsxs\filemaps\*.* /grant "NT Service\trustedinstaller:(F)"

icacls %windir%\winsxs\filemaps\*.* /grant BUILTIN\Users:(RX)

net stop cryptsvc

net start cryptsvc

コマンド

手順 3. システムライターが「vssadmin」に表示されていない場合は、以下のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します:

vssadmin list writers

v

手順 4. 「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。「regedit」と入力し、「Enter」キーを押して「レジストリ エディター」を起動します。

regedit

手順 5. 以下のキーに移動します:

☛ HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VSS\VssAccessControl

「NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE」の値を「1」に変更して、「OK」をクリックします。

1

方法3. レジストリエディターでImagePathの値を修正する

Windows Server 2016でWindow Server バックアップを使用して、システム状態のバックアップに失敗する場合、あるドライバのImagePathの情報が正しくないことが原因である可能性があります。以下の手順に従って、ImagePathの値を修正しましょう。

手順 1. ImagePathの値を修正する前に、そのImagePathの情報が正しくないドライバを見つける必要があります。スタートボタンを右クリックし、「コマンド プロンプト(管理者)」を選択します。

手順 2. 下記のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します:

DiskShadow /L writers.txt

手順 3. 次に、以下のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します:

☛ list writers detailed

しばらくすると、ライターと影響を受けるボリュームがすべて表示されます。

手順 4. メモ帳で「writers.txt」を開き、「Ctrl」キー+「F」キーを押して、「検索」が表示されます。「windows\\」と入力して、「Enter」キーを押して、以下のように表示されるはずです。

☛ File List: Path = c:\windows\\systemroot\system32\drivers, Filespec = vsock.sys

手順 5. ということで、問題の原因は「vsock.sys」です!これを解決するためには、「レジストリ エディター」に、パスを修正する必要があります。「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。「regedit」と入力し、「Enter」キーを押して「レジストリ エディター」を起動します。

regedit

手順 6. 以下のキーに移動します。

☛ HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vsock

手順 7. そして、「ImagePath」をダブルクリックし、値を以下に変更します:

☛ System32\DRIVERS\vsock.sys

System32\DRIVERS\vsock.sys

手順 8. Windows Server バックアップでシステム状態のバックアップを再度実行して、問題が解決されたかどうかを確認します。

Windows Server 2022/2019/2016でシステム状態をバックアップする簡単な方法

より安定した方法を探している方には、サードパーティ製のプロのバックアップソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。このソフトは、Windows Server 2003(R2)/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019/2022とWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。AOMEI Backupper Serverはビジネスに継続的なデータ保護を提供し、データのバックアップと災害復旧をより簡単に実現できます。

また、このソフトは、操作が非常に簡単で、数回のクリックだけで、バックアップを実行することができます。パソコンに精通していない方でも、気軽に使えます。プロのバックアップソフトとして、このソフトは以下の利点があります:

複数のストレージデバイスに対応しています。サーバーを外付けHDD、NAS、ネットワーク共有フォルダ、クラウドドライブなどのストレージデバイスにバックアップすることができます。
複数のファイルシステムのパーティションのバックアップに対応しています。NTFSに加えて、FAT32/FAT16/exFAT/ReFS/Ext2/Ext3/Ext4及び他のファイルシステムでフォーマットされたパーティションのバックアップに使用することもできます。
フル/増分/差分バックアップの3つのバックアップ方法に対応しています。増分/差分バックアップを使用すると、最初にフルバックアップを実行し、その後は変更・追加された部分だけをバックアップします。バックアップが常に最新バージョンを保持できますし、バックアップ時間も節約できます。
Microsoft VSSとAOMEIバックアップサービスの2つのバックアップサービスに対応しています。Microsoft VSSが動作しない場合でも、AOMEIバックアップサービスを使用して続行することができます。

このソフトでWindows Serverのシステム状態をバックアップすると、バックアップ中にエラーを回避することができます。では、以下の手順に従って、Windows Serverのシステム状態をバックアップしましょう:

手順 1.AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールします。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

手順 2. AOMEI Backupperを開きます。「バックアップ」→「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. デフォルトでは、サーバーの実行に必要なドライブは既に選択されます。保存先だけを選択すればよいです。

保存先

手順 4.(オプション)左下にある3つのオプションをクリックして、バックアップをカスタマイズすることができます。

設定

オプション:このオプションでは、バックアップにコメントを追加したり、バックアップイメージの圧縮/分割、バックアップの暗号化、インテリジェントセクターバックアップ、VSSなどを設定したりすることができます。

オプション

✽ スケジュール:自動バックアップの実行を設定することができます。毎日/毎週/毎月/USB挿入/イベントトリガーの5つの実行方式をサポートしています。

スケジュール

スキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップを自動的に削除することを設定できます。

スキーム

手順 5. 最後に、「開始」をクリックして、バックアップを始めます。

開始

まとめ

以上、Windows Server 2016でWindow Server バックアップを使用して、システム状態のバックアップに失敗する問題について詳しくご紹介しました。パソコンに疎い方には、このエラーを修復することが少し難しいかもしれませんね。

もしこのような問題を避けたいなら、この記事で紹介したAOMEI Backupper Serverを使って、サーバーを保護することをお勧めします。また、このソフトで、Windows Server 2022の回復ドライブを作成することもできます。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速