VSSバックアップとは?VSSでバックアップを作成する方法?

VSSバックアップとは何なのか

VSSとは、ボリューム・シャドウコピー・サービス(Volume Shadow Copy Service)の略であり、VSS バックアップとは、Microsoft Volume Shadow Copy Service テクノロジーを使用して、スナップショットを作成して、そのスナップショットからバックアップイメージを作成する技術です。

データを直接バックアップするものではないので、システムやアプリケーションを稼働したままバックアップすることができます。つまり、VSSバックアップを行いながら、パソコンで別の操作を実行できます。

VSSバックアップを作成する方法

※方法1・Windows内蔵ツールでVSSバックアップ(シャドウコピー)を作成

VSS(ボリュームシャドウコピー)は、ボリュームシャドウコピーサービスと呼ばれるWindowsサービスとして実装されていて、バックアップなど用ボリュームシャドウコピーを管理するツールである。VSSサービスを停止すると、シャドウコピーでバックアップできなくなります。だから、VSS(シャドウ コピー)でバックアップを作成するには、まずWindows 10/8/7でボリュームシャドウコピー(VSS)を有効にする必要があります。

まず、ボリュームシャドウコピー(VSS)を有効にする ⇒ VSSバックアップのため

1 . ここでWindows 10を例として解説します。ボリュームシャドウコピー(VSS)を有効にするには、[スタート]メニューの隣にある検索ボックスに「サービス」と入力、Enterキーを押します。

2 . 表示された画面をスクロールし、[Volume Shadow Copy](VSS)を見つけ、右クリックし、ドロップダウンメニューから[開始]をクリックします。

ロカールサービス

3 . 最後、サービス画面を閉じます。

次に、Windows内蔵ツールを利用しVSSバックアップを作成しましょう

Windows 10/8/7でシャドウコピー機能(VSS)を設定しておくと、パソコンで別の操作を実行しながらバックアップを作成できます。では、Windows内蔵ツールを利用しVSS(ボリュームシャドウコピー)でバックアップを作成方法を見てみましょう。

1 . [スタート]メニューから[コントロールパネル]、[システムとセキュリティ]、[バックアップと復元]の順にクリックし、「バックアップと復元」画面が表示され、[バックアップの設定]をクリックします。

バックアップと復元

2 . [バックアップの設定]が表示され、ウィザードの手順に従い、バックアップ先(ここで推奨ディスクを例とする)を選択し、[次へ]をクリックします。

バックアップの設定

3 . 「バックアップの対象」画面が表示されます。ここで2つのオプションがあります:[自動選択(推奨)]と[自分で選択する]。1つ選び、次へ進みます。

バックアップの対象

4 . バックアップ設定の確認画面が表示されます。上の操作が問題なければ、[設定を保存してバックアップを実行]をクリックし、バックアップを実行します。

バックアップ設定の確認

注:シャドウコピーサービス(VSS)でシャドウコピーを作成、保存するためにファイルシステムがNTFSとなる必要があります。必要あれば、FATをNTFSに変換する用専門ソフトのAOMEI Partition Assistantをお勧めします。

Windows内蔵ツールでVSSバックアップ(シャドウコピーバックアップ)に失敗した場合、ボリュームシャドウコピーからWindowsバックアップを読み込めないこと、またはシャドウコピー(VSS)のための容量不足などのエラーが表示されるかもしれません。こんな場合に心配しないで、次の方法を使って試してみよう。

では、VSS(シャドウ・コピー)の代替方法でパソコンをバックアップしましょう。

※方法2・AOMEI Backupper StandardでVSSバックアップ(シャドウコピー)を作成

AOMEI Backupper Standard版は、VSSバックアップ用の専門ソフトである。この専門ソフトはVSSバックアップ(シャドウコピーバックアップ)だけでなく、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップやファイルとフォルダのバックアップをもサポートします。バックアップ先は外部ハードディスクと内部ハードディスクをサポートします。

ここではHDDバックアップを例として解説します。

ステップ1 . AOMEI Backupperを無料ダウンロード、インストール、起動します。[バックアップ]タブの[ディスクバックアップ]を選びます。

バックアップの選択

ステップ2 . [1]をクリックしてバックアップしたいディスクを選択し、[2]をクリックしてバックアップ先を選択します。

バックアップしたいディスクを選択

ステップ3 . 左下の[オプション]をクリックし、バックアップの設定が表示されます。ツールバーのVSSをクリック、2つの選択から一つ選びます。

VSSバックアップ

NOTE:VSS機能(ボリュームシャドウコピーサービス)を使用しないなら、プログラムは自動的にAOMEIの内蔵技術を使用してバックアップします(あなた様の作業を中断しないし、パソコンも再起動しない)。

ちなみに、その他の設定も行えます。例えば、[普通]でバックアップの暗号化、電子メール通知を有効にしますし、圧縮でバックアップの圧縮レベルを選択します。

スケジュール:ディリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガーやリアルタイム同期という5つのモードで自動バックアップを作成できます。[詳細]をクリックし、増分および差分バックアップをも作成できます。

他の設定

スキーム:ディスク容量を管理することができます。自動的に古いバックアップを削除し、新たなバックアップを保存することをサポートします。ただし、スキームはPRO版のみの機能であり、高度なプレミアム機能を体験してみると、AOMEI Backupper PRO版をダウンロード~

他の設定

ステップ4 . これで[開始]をクリックし、バックアップを実行します。少し待ってください。

VSSバックアップ開始

結論

ここまで、VSSバックアップ(シャドウコピー)とはなのか、VSSベースバックアップの2つ方法を紹介してしまったのです。上記のように、AOMEI Backupperは、Windowsの内蔵ツールよりも強力です。マイクロソフトが提供しているVSSを使用できない場合は、強力な専門バックアップソフトのAOMEI Backupperを試してみましょう。無料ですから、お見逃しなく~

AOMEI Backupperは、VSSバックアップソフトだけでなく、ディスククローンと復元用のソフトウェアです。AOMEIソフトで作成したイメージを使用すると、システム、パーティションやディスクを簡単に元の状態に復元できます。HDDからSSDにWindowsを移行することも、ディスククローン機能で簡単に操作できます。

で、Windows 7/8/10/XP/VisaなどのWindowsシステムをサポートします。問題あれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

以上で終わりです。ご参考になれば幸いです。

関連記事(万が一に備えて、以下の記事がオススメです)

解決済み:ボリュームシャドウコピーサービスエラー(VSSエラー)

Windows 10で回復パーティションを作成する方法

Windows Serverで仮想マシンに復元し、バックアップする