By Akira / 最後の更新 2022年06月24日

Windows Server 2022の新機能は何ですか?

Windows Server 2022は、Windows Server 2019の強固な基盤の上に構築されており、セキュリティ、Azureハイブリッドの統合と管理、アプリケーションプラットフォームの3つの主要テーマで多くの革新があります。

windows server 2022

▶セキュリティ

他のWindowsの最新バージョンと同様に、Windows Server 2022のセキュリティが重視されています。Windows Server 2022の新しいセキュリティ機能は、Windows Serverに搭載されている他のセキュリティ機能と複数の分野で組み合わせ、高度な脅威に対する多層防御を提供します。Windows Server 2022は、「セキュリティで保護された接続」と「セキュアドコアサーバー」の2つの重要なセキュリティ機能を提供します。

▶Azure ハイブリッドの機能

Windows Server 2022の組み込みのハイブリッド機能を使用して、以前よりも簡単にデータセンターをAzureに拡張でき、効率性と機敏性を向上させることができます。

Windows Server 2022を備えたAzure Arc対応サーバーを使用すると、オンプレミスとマルチクラウドの Windows ServerをAzure Arcを含むAzureに移行できます。この管理エクスペリエンスは、ネイティブの Azure仮想マシンの管理方法と整合するように設計されています。ハイブリッドマシンは、Azureに接続されると接続済みマシンになり、Azure内のリソースとして扱われます。

Azure Automanageの一部であるHotpatchは、Windows Server 2022 Datacenter: Azure Editionでサポートされています。ホットパッチの適用は、新しいWindows Server Azure Editionの仮想マシン(VM)に更新プログラムをインストールするための新しい方法であり、インストール後に再起動を必要としません。

▶アプリケーションプラットフォーム

Windows Server 2022では、Windowsコンテナのプラットフォームに多くの改良が加えられています。主な改善点としては、Windowsコンテナイメージのサイズを最大40%削減することで、起動時間を30%短縮し、パフォーマンスを向上させています。

Windows Server 2022回復ドライブを作成する原因

Windows DVDから起動するときにWindowsの回復機能を使用できるように、パーティションと起動イメージを含む回復ドライブを作成するにはどうすればよいですか?

一般的に、パソコンを購入すると、インストールディスクと回復ドライブが付属しています。しかし、しばらく使用していると、さまざまな理由でインストールディスクと回復ドライブが失われることがあります。また、インストールディスクと回復ドライブがない場合もあります。

この時、システムクラッシュ、ハードディスクの故障、ウイルス攻撃などの問題が発生した場合、どうすればいいですか?これらの問題が発生すると、Windows Server 2022が起動できなくなる可能性があります。しかし、事前にWindows Serverの回復ドライブを作成しておけば、これらの問題を解決できます。

Window Serverの回復ドライブを作成する最も簡単な方法

AOMEI Backupper Serverは、Windows Serverユーザーにとって最も信頼できるバックアップと復元のソフトウェアであり、数回のクリックでWindows Server 2022の回復ドライブを作成することができます。

Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムをサポートします。
このソフトを利用して、ブータブルメディアを作成できます。そして、PCの起動に失敗したときにPCを起動し、以前に作成したバックアップイメージから復元できます。
完全なバックアップオプションとスキームを提供します。システムとデータを自動的にバックアップし、古いバックアップを削除し、バックアップスペースをインテリジェントに管理します。
ユニバーサル復元」の機能により、起動可能なディスクやUSBデバイスを使用して、Windows Server のバックアップイメージを異なるハードウェアのPCに復元できます。

次に、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2022のブータブルUSBを作成する方法を見てみましょう~

Windows Server 2022 の回復ドライブの作成

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードして、PCにインストールします。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 2. 次に「ツール」>「ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

ステップ 3. 「Windows PE-Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」を選択します。Windows PEに基づいてブータブルメディアはAOMEI Backupper Serverのすべての機能を使用できますが、Linuxに基づいてブータブルメディアは基本的な機能のみをサポートします。

Windows PE-Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成

ステップ 4. DVDドライブ、USBブートデバイス、ISOファイルをエクスポートからブータブルメディアを選択し、「次へ」をクリックしてタスクを開始します。

ブータブルメディア

ヒント:「ツール」→「回復環境」で回復環境を作成することもできます。そして、システムがクラッシュしたときに、システムバックアップの復元やその他のバックアップの復元操作を簡単に行うことができます。

Windows Server 2022のシステムバックアップの作成

サーバーユーザーがWindows Server 2022を復元するには、システムイメージが不可欠です。そのため、AOMEI Backupper Serverを使用してWindows Server 2022でシステムイメージを作成してください。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを起動します。「バックアップ」、「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. ソースパスは自動的に選択されますので、バックアップを保存する先のパスを選択するだけで結構です。外付けHDDにバックアップすることをお勧めします。これにより、システムのバックアップイメージを他のPCに復元することが簡単になります。

ターゲット先

ステップ 3. 「開始」をクリックして、実行します。

開始

✮その他の便利な機能:

スケジュール:ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入などのバックアップモードを設定することができます。

スケジュール

スキーム:バックアップディスク領域の管理、バックアップ計画などとも呼ばれています。この機能を利用して、不要になったイメージファイルを自動的に削除して、バックアップに使用するディスク領域を管理したり、節約したりします。

スキーム

回復ドライブからWindows Server 2022の復元

Windows Server 2022のブータブルUSBとシステムのバックアップイメージを作成したら、このバックアップからWindows Server 2022を簡単に復元することができます。Windows Server 2022の回復ドライブからPCを起動するだけです。そして、ロード後にAOMEI Backupper Serverのインターフェースが表示され、「復元」タブに移動し、「イメージファイルを選択」をクリックして、復元するシステムイメージを見つけます。

イメージファイルを選択

結論

AOMEI Backupper Serverを使用すると、Windows Server 2022の回復ドライブを簡単に作成できます。また、このソフトを利用して、Windows Server 2016でシステムの復元を実行することができます。さらに、会社内の台数無制限のPCとServerを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選ぶことができます。今すぐダウンロードして、自分でより多くの機能を探索しましょう~