By Akira / 最後の更新 2022年05月25日

復元ポイントとは何ですか?

復元ポイントは、Windowsシステムの復元ツールの一部です。これは、システムの復元ポイントとも呼ばれます。復元ポイントを作成すると、PCはその特定の時間にすべてのデータのバックアップを作成します。

Windows Update、ドライバー、またはファイルシステムに問題がある場合は、復元ポイントを使用してシステムを復元し、問題を解決できます。ただし、以前の状態に復元するためにのみ使用できます。システムまたはディスクに問題がある場合、復元ポイントは役に立ちません。

windows server 2022

Windows Server 2022復元ポイントを作成できますか?

Windows Server 2022で復元ポイントを直接に作成することはできません。ただし、オペレーティングシステムをバックアップできます。つまり、システムの復元ポイントを作成することは、システム状態のバックアップを作成することに似ています。

PCに問題がある場合は、システムを復元するための復元ポイントとして、完全なシステムバックアップイメージを使用できます。あらゆる災害(起動の失敗など)からPCを効果的に保護することもできます。

Windows Server 2022復元ポイントを作成する方法

次に、Windows Server 2022の復元ポイントを順番に作成する3つの方法を紹介します。コマンドライン、Windows Serverバックアップ、および専門的なサードパーティソフトウェアAOMEI Backupperを使用できます。必要に応じて、一つの方法を選択できます。

1. コマンドラインでWindows Server 2022復元ポイントを作成

最初の方法は、Wbadminコマンドラインツールを使用してWindows Server2022復元ポイントを作成することです。具体的な手順は次のとおりです。

手順 1. 「スタート」メニューをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力して、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

手順 2. 次の構文に基づいてコマンドを入力し、Enterキーを押してシステム状態のバックアップを実行します。

wbadmin start systemstatebackup -backuptarget:X:-quiet

コマンド

ヒント:
X:バックアップを保存するパーティションのドライブ文字を指します。
-quiet:バックアップを開始する前に確認プロンプトを抑止することができます。つまり、-quietパラメータを入力(指定)しないと、「バックアップ操作を開始しますか?」という対話式のプロンプトが表示されます。この操作を確実に実行するには、Yを入力する必要があります。

2. Windows Server BackupでWindows Server 2022の復元ポイントを作成

Windows Serverバックアップは、ユーザーにバックアップおよび復元機能を提供する組み込みツールです。組み込みツールですが、このソフトウェアはデフォルトではインストールされません。最初にサーバーマネージャーを使用してWindows Serverバックアップをインストールしてから、以下の手順に従ってシステム状態のバックアップを作成する必要があります。

手順 1. 「スタート」>「管理ツール」>「Windows Serverバックアップ」をクリックし、そのメインページに移動して、バックアップ(1回限り)ウィザードを選択します。

バックアップ(1回限り)

ヒント:システム状態のバックアップを定期的に作成する場合は、「バックアップスケジュール」オプションを選択できます。

手順 2. 「別のオプション」を選択して「次へ」をクリックします。

別のオプション

手順 3. このウィンドウで「サーバー全体」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。サーバーデータ、アプリケーション、システム状態が含まれています。

サーバー全体

手順 4. バックアップを保存する宛先パスを選択します。ローカルドライブを選択するか、ネットワーク共有に保存できます。

ローカルドライブ

手順 5. ドロップダウンリストをクリックして、バックアップを保存するドライブを選択します。

保存するドライブ

手順 6. 必要に応じて詳細オプションを指定します。その後、すべてのオプションを確認し、バックアップの「開始」をクリックします。

システムが起動できない場合は、Windows Serverバックアップの完全復元を試すことができます。ただし、回復環境で実行するには、修復ディスクまたはインストールディスクを使用する必要があります。これらの2つのディスクがない場合でも、心配しないでください。方法3に進むと、この問題を簡単に解決できます。

3. AOMEI BackupperでWindows Server 2022復元ポイントを作成

方法3は、専門的なサードパーティソフトウェアAOMEI Backupper Serverを使用してWindows Server 2022復元ポイントを作成することです。PCが起動できるかどうかに関係なく、問題が発生したときに、以前に作成したシステムバックアップを使用してシステムを復元するのに役立ちます。

PCが起動できない場合は、このソフトウェアを使用して起動可能なディスクを作成し、通常どおりに復元できます。システムイメージを別のハードウェアを搭載したPCに復元する場合でも、そのユニバーサル復元機能が役立ちます。また、以下の利点があります。

4つのバックアップソリューション:さまざまなニーズを満たすために、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供します。
さまざまなバックアップパス:ローカルディスク、外部ディスク、HDD、SSD、USBドライブ、ネットワークなど、さまざまな場所にシステムをバックアップできます。
バックアップのスケジュール:スケジュールには、デーリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入の5つのモードとフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの3つのバックアップタイプがあります。

次に、以下の手順に従ってWindows Server 2022の復元ポイントを作成しましょう。

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動します。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

手順 2. メインページで、「バックアップ」>「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

手順 3. このプログラムは自動的にシステムバックアップに要求されたパーティションを選択します。システムイメージを保存する場所(バックアップ先)を選択するだけです。

保存する場所

手順 4. すべての操作を確認し、「開始」をクリックしてWindows Server 2022のシステムバックアップを作成します。システムに問題がある場合は、Windows Server 2022を復元するための復元ポイントとして使用できます。

開始

ヒント:
オプション:コメントを書き込んだり、圧縮レベルと分割方法を選択したり、バックアップの電子メール通知を設定したりできます。
スケジュール:ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入など、バックアップのスケジュールを実行する5つの異なる方法を選択できます。
スキーム:この機能は、古いバックアップを削除することでディスク容量を節約するのに役立ちます。

まとめ

この記事では、Windows Server 2022復元ポイントを作成する3つの方法について説明します。コマンドラインを使用してシステムをバックアップする操作が複雑であるため、IT技術者に適しています。組み込みのツールWindows Server Backupは、システムのバックアップに役立ちますが、PCの起動に失敗したときにシステムの復元を実行できないことに注意してください。

最も安全で簡単な方法が必要な場合は、PCが起動可能かどうかに関係なくシステムバックアップを復元するのに役立つ専門的なソフトウェアAOMEI Backupper Serverを選択できます。異なるハードウェアを搭載したPCにシステムバックアップを復元したい場合でも、そのユニバーサル復元機能を使用できます。

さらに、社内の台数無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusが適しています。それを利用して、クライアントに有償技術サービスを提供できます。より多くの機能を探索するためにそれをダウンロードすることができます。