By Comnena / 最後の更新 2021年06月11日

XCopyで新しいファイルまたは変更されたファイルのみをバックアップ

1

Xcopyは、複数のファイルまたはディレクトリツリー全体をあるディレクトリから別のディレクトリにコピーしたり、ネットワークを介してファイルをコピーしたりするためのコマンドラインユーティリティです。また、新しいファイルまたは変更されたファイルのみをコピーすることができます。Windows 7/8/10/XP/VistaおよびWindows Server 2003/2008/2012/2016/2019で使用されています。

XCopyを使用して変更されたファイルのみをコピーすると、時間とディスク容量を大幅に節約できるため、多くのユーザーは更新されたファイルのみをコピーすることをいとわないでしょう。以下はその一例です。

次のコマンドを使用してファイルをWindows7からServer2008にコピーしますが、すべてがコピーされます。

xcopy C:\source X:\destination /s

これらのファイルは非常に大きいため、XCopyコマンドを使用して新しいファイルのみをコピーしたいと思います。日付を指定せずに、新しいファイルまたは更新されたファイルを具体的にコピーする方法はありますか?任意の提案をいただければ幸いです。

- YAHOOユーザから

ステップワイズガイド:XCopyは新しいファイルのみをコピー

XCopy構文を理解

XCopyを使用して変更されたファイルのみをコピーする前に、使用する構文といくつかのパラメーターを理解する必要があります。

XCopyコマンドラインの構文:

Xcopy [source] [destination] [/w] [/p] [/c] [/v] [/q] [/f] [/l] [/g] [/d [:MM-DD-YYYY]] [/u] [/i] [/s [/e]] [/t] [/k] [/r] [/h] [{/a | /m}] [/n] [/o] [/x] [/exclude:FileName1[+[FileName2]][+[FileName3]] [{/y | /-y}] [/z] [/b] [/j]

★オプション:
/s 空の場合を除き、ディレクトリとサブディレクトリをコピーします。/Sを省略した場合、xcopyは1つのディレクトリ内で機能します。
/y 既存の対象ファイルを上書きするかどうかを確認するメッセージを表示しません。
/l コピーするファイルの一覧を表示します。
/e 空の場合でも、すべてのサブディレクトリをコピーします。/S および/t コマンドラインオプションと共に/e を使用します。
/d [: MM-DD] 指定した日付以降に変更されたソースファイルをコピーします。MM-DD-YYYY値を指定しない場合、xcopyでは、既存のコピー先ファイルよりも新しいすべてのソースファイルがコピーされます。このコマンドラインオプションを使用すると、変更されたファイルを更新できます。
すべてのヘルプについては、Microsoftのxcopyコマンドを参照してください。

XCopyで更新されたファイルのみをコピーするには、オプション/s /d、オプション/i /d /yの2つがあります。そして、知っておく必要があることがあります:

>>この最初のオプションは、日付を指定せずに/dパラメーターを使用すると、ターゲットフォルダーに存在しないファイルをコピーします。これを回避するには、/uスイッチを追加します。

>>2番目のオプションは、デフォルトで新しいディレクトリを無視します。新しいディレクトリを含むすべてをコピーするには、/eスイッチを追加する必要があります。

XCopyで新しいファイルのみコピーする手順

それでは、以下を参照して詳細な手順を学んでください。ディレクトリ名にスペースがある場合は、引用符を使用する必要があることに注意してください。

ステップ 1. 検索ボックスに「cmd」と入力して選択してください。

ステップ 2. XCopyで更新されたファイルのみをコピーするには、次のコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

set SourceDir=D:\Source

set TargetDir=K:\Target

xcopy %SourceDir% %TargetDir% /s /d

または

set SourceDir=D:\Source

set TargetDir=K:\Target

xcopy %SourceDir% %TargetDir% /i /d /y

注:「D:\Source」と「F:\Target」をファイルのパスに置き換えることを忘れないでください。

XCopyで新しいファイルのみコピー

ステップ 3. 変更されたファイルをコピーするには、ターゲットパスにのみ存在します。次のコマンドを入力して、Enterキーを順番に押します。

set SourceDir=D:\Source

set TargetDir=K:\Target

xcopy %SourceDir% %TargetDir% /s /d /u

ステップ 4. 新しいディレクトリを含むすべてをコピーするには、次のコマンドを入力して、Enterキーを順番に押します。次のパス「D\My Source\stuff」と「F:\My Backup\stuff」を忘れずに置き換えてください。

Set SourceDir=”D:\Source\copy files”

Set TargetDir=”K:\Target\files copied”

xcopy %SourceDir% %TargetDir% /i /d /y /e

すべてをコピー

ステップ 5. exitと入力し、Enterキーを押してこのウィンドウを終了します。

ステップバイステップ:Robocopyは新しいファイルのみをコピー

Robocopy構文を理解

Robocopyは、新しいファイルのみをコピーするのにも役立ちますが、Xcopyよりも多くのオプションがあり、優れた代替手段と見なされています。使用する前に、使用できる構文とオプションを学習してください。

Robocopyコマンドラインの構文:

robocopy [source] [destination] [[file][ ...]] [options]

★オプション:
/XO コピー元ディレクトリのコピーより古い既存のファイルを除外します。
/maxage: n: ファイルの最大有効期間を指定します(n日または日付より前のファイルを除外します)。
/xc 同じタイムスタンプを持つが、ファイルサイズが異なる既存のファイルを除外します。
/xn コピー元ディレクトリのコピーよりも新しい既存のファイルを除外します。
/XD dirs [dirs] 指定した名前とパスに一致するディレクトリを除外します。
/s コピーのサブディレクトリです。このオプションは、空のディレクトリを自動的に除外します。
/z 再開可能モードでファイルをコピーします。再開可能モードでは、ファイルコピーが中断された場合、Robocopy は、ファイル全体を再コピーするのではなく、中断した場所を取り出すことができます。
/fft FAT ファイル時間(2 秒の精度)を想定します。
/mir ディレクトリツリーをミラー化(に相当 /e plus パージ/)。このオプションを/eオプションおよびdestinationディレクトリと共に使用すると、宛先ディレクトリのセキュリティ設定が上書きされます。
またはMicrosoftのRobocopyコマンドを参照してください。

Robocopyで変更されたファイルのみをコピーするには、2つのオプションがあります。つまり、オプションmaxage: nまたはオプション/XO /maxage: nを使用します。ただし、新しいファイルがない場合は、ターゲットディスクにすべてのサブフォルダーを作成したくないユーザーもいます。この場合、空のフォルダを除外するためにスイッチ/Sを追加する必要があります。

Robocopyで新しいファイルのみコピーする手順

次に、次の手順を実行して、新しいファイルのみをコピーします。

手順 1. 管理者優先度でコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを順番に押します。

robocopy D:\folder1  E:\folder2  / maxage:7

または

robocopy D:\folder1  E:\folder2  /XO /maxage:7

Robocopyで新しいファイルのみコピー

手順 3. 空のフォルダを除外して新しいファイルをコピーするには、次のコマンドを入力して、Enterキーを順番に押します。

robocopy D:\folder1  E:\folder2  /s /maxage:7

または

robocopy D:\folder1  E:\folder2  /XO /s /maxage:7

新規または変更されたファイルのみをコピーする簡単な方法

上からわかるように、XCopyまたはRobocopyのどちらを使用する場合でも、構文といくつかのパラメーターを学習する必要がありますが、ホームユーザーにとって簡単なものはありません。それでは、変更されたファイルまたは新しいファイルのみをコピーする方法はありますか?

答えは「はい」です。AOMEI Backupper Professionalのようなプロフェッショナルなファイルバックアップソフトウェアを使用できます。それは増分または差分バックアップと毎日/毎週/毎月のスケジュールバックアップの助けを借りてWindows 7/8/8.1/10/XP/Vistaで変更されたファイルのみをバックアップすることを可能にします。サーバーからサーバーにファイルをコピーするには、AOMEI  Backupper Serverを使用できます。

増分または差分バックアップは完全バックアップに基づいていますが、完全に同じではありません。違いについては、下の比較表をご覧ください。

  フルバックアップ 差分バックアップ 増分バックアップ
バックアップ速度 最も遅い 適度 最も速い
ストレージスペース 最も多い 適度 最も少ない
復元速度 最も速い 適度 最も遅い

さらに、このソフトウェアはユーザーにより高度な機能を提供します。

✦ 通常または高圧縮レベル:小さいファイルでイメージファイルを圧縮できるため、ディスク容量を節約できます。圧縮レベルが高いと、より多くのバックアップ時間が必要になることに注意してください。
✦ バックアップスキーム:特定の役割を持つ古いバックアップイメージを削除して、ディスク領域を解放することができます。
✦ USB挿入:ファイルを柔軟にバックアップしてどこにでも持ち運べるように、「USB挿入」機能を使用してスケジュールバックアップを作成できます。
✦ スケジュールタスクを実行するためにコンピューターをスリープ解除:スケジュールタスクが開始する2分前にコンピューターをスリープ解除できます。オフピーク時にファイルをバックアップする必要がある場合に非常に便利です。

次に、以下を参照して、特定の手順を学習します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして起動してください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「バックアップ」、「ファイルバックアップ」をクリックしてください。

ファイルバックアップ

ステップ 3. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップするファイルまたはフォルダを選択してください。

ファイルまたはフォルダを選択

ステップ 4. ドロップダウンメニューをクリックして、バックアップのターゲットパスを選択してください。

バックアップパスを選択

ステップ 5. 時間を節約するため、「スケジュール」をクリックし、「詳細」で「増分スキーム」をチェックして、「はい」をクリックしてください。選択したすべての設定を確認し、「開始」をクリックしてください。

差分バックアップ

まとめ

ここを読むと、XCopyまたはその代替Robocopyを使用して新しいファイルのみをコピーする方法を知っているかもしれません。正直、どちらも一般ユーザーには不向きです。コマンドラインに触れることはめったにありません。

したがって、変更したファイルをAOMEIBackupperでコピーすることをお勧めします。明確なインターフェースとユーザーフレンドリーなデザインにより、すべてのステップが簡単になります。さらに、毎日の増分バックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップ、システムクローン、ディスククローン、ミラー同期など、より便利な機能があります。

それはその完全な解決策によってデータを保護するための最も強力なソフトウェアの1つです。今すぐダウンロードしてお試しください!