どのようにHDD/SSDにシステムをクローンしますか?

システムクローン/移行について

名前が示すように、システムクローン/移行は、ソースと全く同じオペレーティングシステム(OS)をハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)などの記憶装置にコピーすることを指します。

【重要】システムクローンは、Windows OSだけでなく、システムドライブにインストールされているアプリケーション、Windows Update(更新プログラム)やカスタム設定などもコピーされます。

そのため、システムクローン/移行はシステムバックアップに似ているかもしれません。

なぜシステムクローンが必要ですか?

以下の状況で、システムクローンが必要とされるかもしれません。

  • より良い性能を得るために:現在使用しているHDDのアクセスが遅くなります。データの高速書き込み(読み込み)、静音、低故障率や省電力などの性能を向上させるためにHDDから高性能であるSSDに換装したいかもしれません。


  • 新しい大容量HDDへアップグレードするために:時間が経つにつれて、キャッシュ、一時ファイル、またはその他のプログラム、ますます多くのデータが保存され、ディスク領域を占用しているため、ディスクの空き容量が不足している可能性があります。こういう場合、お使いの小容量HDD(またはSSD)を新しい大容量HDDへアップグレードしたいかもしれません。


  • パソコン動作の快適さを取り戻すために:パソコンの起動が遅くて、またはパソコンの動作が突然重くなってしまう時、システムを異なるハードウェアまで移行することで古いパソコンを新しいパソコンに買い換えたいかもしれません。

HDD/SSD交換にシステムディスク内のすべてのデータをコピーしてHDDまたはSSDに貼り付けるのはかなり時間がかかるし、特定のデータがコピー&貼り付けできません。システムのみクローン/移行は、OSを再インストールせず、コピー先のHDD(またはSSD)でPCが正常に起動、今までどおりに使用できるので素晴らしい解決策だと思います。

AOMEI Backupperを使用してシステムをクローンします

AOMEI Backupperは、強力なバックアップソフトだけでなく、優れたクローンツールです。そのクローン機能を使って、実行中のプログラムを停止することなく、ターゲット(クローン先)ディスクにシステム、パーティション/ボリューム、ディスクのクローンを簡単に作成することができます。

HDD/SSDにシステムをクローンするには、Windows10、8、7、XP、Vista向けAOMEI Backupper Professionalの「システムクローン」機能を利用することができます。

また、企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。

システムクローンを実行する前の準備:

  • クローン先としての記憶装置 - コンピュータに別のHDDまたはSSDを接続し、それが認識されることを確認してください。一般にノートパソコンの場合、SATA USB3.0変換アダプタが必要です。


  • システムクローンソフトウェア - AOMEI Backupperをダウンロード します。無料のAOMEI Backupper Standard版は「システムクローン」機能をサポートしませんが、その「システムバックアップ」機能を使用してシステムイメージを作成し、そしてそれをターゲットディスクに復元することで、間接的にシステムクローンを完成させることができます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Proをインストールして起動します。ソフトをライセンスコード入力で登録します。そして「クローン」タブの「システムクローン」オプションを選択します。

システムクローン

ステップ 2. 時にはユーザーはシステムクローンにどのパーティションを選択するかよく分かりません。これはクローン後のシステムが起動できないことを起こすかもしれません。そのため、このプログラムは自動的にソースパーティションを選択します。大容量HDD/新しいSSDをクローン先のディスク(ここではディスク1)として選択します。「次へ」をクリックします。

SSDを選択

注意:ターゲットディスクの上に既存のパーティションがある場合、パーティションの削除が要求されます。重要なデータがあれば、まず「いいえ」をクリックし、操作をキャンセルしてパーティションをバックアップしておいてください。

ステップ 3. 操作概要画面が表示されます。それを確認し、問題なければ「開始」をクリックしてシステムクローンを実行します。

Windows 10をSSDに移行する

ヒント:セクター単位のクローン」オプションをクリックすると、それが使用されたか否かに関係なく、システムパーティションのすべてのセクタをコピーします。しかし、それはより多くの時間を要します。また、クローン先のディスクがSSDである場合、「SSD 4Kアラインメント」オプションを選択してSSDのパフォーマンスを最適化します。

ステップ 4. システムクローンの進行状況が100%に達すると、完了をクリックします。

System Clone Progress

システムクローンが終了したら、ターゲットディスクからコンピュータを直接起動しないでください。新しいHDDまたはSSDでWindowsを起動できるように、システムクローンの作成が完了した後、コンピュータをシャットダウンしてください。そして、ソースディスクを取り外し、ターゲットディスクをソースディスクのソケットに接続します。ソースディスクは、補助記憶装置として別のソケットに挿入することができます。もし、ディスク全体を他のディスクにクローンしたいなら、「ディスククローン」を選択してください。