By Machi / 最後の更新 2022年03月15日

 

Windows Serverバックアップについて

Windows server

Windows ServerバックアップWSB)は、Windows Serverが標準で備える機能です。この機能では、サーバー全体(すべてのボリューム)、選択したボリューム、システム状態、または特定のファイルやフォルダーをバックアップしたり、ベアメタル回復用のベアメタルバックアップを作成したりすることができます。

Windows Serverバックアップは、中小企業や大企業に基本的なバックアップソリューションを提供するために開発されていますが、小規模な組織やIT 専門家ではない個人でも使えます。

PowerShellでWindows Serverバックアップをインストールする方法

Windows Serverの日常の管理作業に、Windows Serverバックアップの実行は非常に重要な部分です。作成されたバックアップによって、ハードウェア障害、ソフトウェア障害、人為的ミス、ウイルス感染などの災害から失われたデータを回復することができます。

サーバーをバックアップするには、まずWindows Serverバックアップをインストールする必要があります。インストール後、PowerShellでは、Windows Serverバックアップ用のコマンドレットが使用できるようになります。では、Windows Serverをインストールする方法をご紹介します:

手順 1. 検索ボックスに「powershell」と入力し、一番上の結果「Windows PowerShell」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

管理者として実行

手順 2. 「Windows PowerShell」で、「Install-WindowsFeature Windows-Server-Backup」と入力し、「Enter」キーを押します。その後、インストールが完了するまで待ちます。

入力

PowerShellでWindows Serverバックアップを実行する方法

#1. Windows ServerバックアップのコマンドレットスナップインをPowerShellに追加する

①Windows PowerShellで、次のように入力します:

add-pssnapin windows.serverbackup

②スナップインが追加されたことを確認するために、Windows PowerShellプロンプトで、次のように入力します:

get-pssnapin

これが完了したら、Windows Serverバックアップのコマンドレットが使用できるようになります。

get-pssnapin

#2. PowerShellコマンドレットでWindows Serverバックアップをスケジュール・実行する

以下に、一部のWindows Serverバックアップのコマンドレットの説明と構文についてご紹介します。他のコマンドレットについては、こちらをご参照ください。

構文 説明
Add-WBBackupTarget バックアップポリシーにバックアップターゲットを追加します。
Add-WBBareMetalRecovery ポリシーを使用したバックアップがベアメタル回復を実行できるよう、項目をバックアップポリシーに追加します。
Add-WBSystemState バックアップポリシーに、システム状態コンポーネントを追加します。
Get-WBBackupSet 指定した場所からサーバーのバックアップを取得します。
Get-WBBackupTarget バックアップポリシーの一部として指定したバックアップ保存場所を指定します。
Get-WBJob 現在のバックアップ操作を取得します。
Remove-WBBackupSet ターゲットカタログ、システムカタログ、もしくはその両方からバックアップを削除します。
Remove-WBBackupTarget バックアップポリシーからバックアップターゲットを削除します。
Start-WBBackup 1回限りのバックアップ操作を開始します。
Start-WBFileRecovery ファイルの回復操作を開始します。

これから、PowerShellコマンドレットでWindows Serverのワンタイムバックアップを作成する方法をご案内します。

手順 1. Windows PowerShellを「管理者として実行」で起動します。

手順 2. 以下のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後に「Enter」キーを押します。

①最初のコマンドは、新しいバックアップポリシーオブジェクトを作成し、「$Policy」という変数に格納します。

PS C:\> $Policy = New-WBPolicy

②このコマンドは、「$Policy」のバックアップポリシーに、現在のシステム状態コンポーネントを追加します。

PS C:\> Add-WBSystemState $Policy

③このコマンドは、「$Policy」のバックアップポリシーに、ベアメタル回復を実行する機能を追加します。

PS C:\> Add-WBBareMetalRecovery $Policy

④このコマンドは、Eのドライブレターを持つボリュームに、バックアップターゲットオブジェクトを作成し、このオブジェクトを「$BackupLocation」という変数に格納します。

PS C:\> $BackupLocation = New-WBBackupTarget -VolumePath "E:"

⑤このコマンドは、「$BackupLocation」にあるバックアップターゲットを、「$Policy」にある「WBPolicy」オブジェクトに追加します。

PS C:\> Add-WBBackupTarget -Policy $Policy -Target $BackupLocation

⑥このコマンドは、「$Policy」のバックアップポリシーに、ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)を有効にします。

PS C:\> Set-WBVssBackupOptions -Policy $Policy -VssCopyBackup

⑦このコマンドは、「$Policy」のバックアップポリシーを使用して、1回限りのバックアップを開始します。

PS C:\> Start-WBBackup -Policy $Policy

構文

最も信頼できるWindows Serverバックアップの代替ソフト-AOMEI Backupper

ご覧のように、コンピュータ技術に精通していない方には、PowerShellでWindows Serverバックアップを実行するのはちょっと面倒で難しいと思います。多くのコマンドレットを覚える必要がありますし、毎日同じ操作を繰り返すことも手間がかかります。

ここでは、より簡単なバックアップ方法をご紹介します。それは、安心安全なプロのバックアップソフト-AOMEI Backupper Serverを使うことです。このソフトはWindows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)およびすべてのWindows PCシステムに対応しています。このソフトを使えば、数回のクリックだけで、サーバーをバックアップすることができます。初心者でも気軽に使えます。

その強力な機能について見ていきましょう:

複数のストレージデバイスに対応しています。サーバーをQNAP NAS、外付けHDD、ネットワーク共有フォルダ、クラウドなどにバックアップすることができます。どんな問題が発生しても、これらの場所から作成されたバックアップを復元することができます。
増分バックアップ/差分バックアップに対応しています。この2つのバックアップ方法で、最初にフルバックアップを実行し、その後は変更・追加された部分だけをバックアップします。バックアップが常に最新バージョンを保持することを保証し、バックアップ時間も節約できます。
自動バックアップを設定することができます。毎日/毎週/毎月の間隔でバックアップを自動実行することを設定できます。また、イベントトリガー/USBプラグインのようなもっと柔軟的なオプションもサポートしています。

次に、AOMEI Backupper Serverを使って、サーバー上のデータをバックアップする方法をご紹介します。まず、このソフトをダウンロードし、インストールしてください。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupperを開きます。「バックアップ」→「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

注意:Windows ServerのOSだけをバックアップしたい場合、「システムバックアップ」を選択してください。「システムバックアップ」モードでは、Windowsの動作に必要なドライブ全体が自動的に選択されます。ドライブを選択する手間が省けます。

手順 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択し、「追加」をクリックします。

ディスクの追加

手順 3. バックアップの保存先を選択します。

保存先

手順 4. 問題がなければ、「開始」をクリックして、バックアップを開始します。

開始

オプション:ここでは、バックアップにコメントを追加したり、バックアップファイルの圧縮/分割を設定したり、暗号化を有効にしたりすることができます。
スケジュールここでは、バックアップを定期的に自動実行することを設定できます。
スキームここでは、バックアップ方法(フル/増分/差分バックアップ)や、古いバックアップイメージを自動的に削除することを設定できます。

まとめ

この記事では、PowerShellでWindows Serverバックアップをインストール・実行する方法をご案内しました。PowerShellコマンドレットを使用して、Windows Serverバックアップを実行し、サーバーのバックアップを取ることができます。この方法に加えて、本記事ではWindows Serverバックアップの代替ソフト-AOMEI Backupper Serverとそのバックアップ方法もご紹介しました。

ご覧のように、AOMEI Backupper Serverを使用してバックアップすることはより簡単です。それに、このソフトはバックアップだけでなく、クローン、同期、復元、ディスク消去など複数の機能が備えています。このソフトで、Windows Serverの回復ドライブを作成し、事故が発生した場合にそこから起動することができます。今すぐダウンロードし、データを守りましょう。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速