By AOMEI / 最後の更新 2019年08月19日

Windows Server 2019でブータブルUSBを作成しますか?この記事に従って、最も簡単な方法で操作を完了できます。

ブータブルUSBは何のために使われますか?

ブータブルUSBとは、USBによってPCと接続し、PCの起動(ブート)を行う機能のモノです。または、そのような機能を搭載した記憶装置です。ブータブルUSBは、USBで接続されるハードディスクや、USBフラッシュメモリなどで実現されています。

深刻なシステムエラーが発生しましたので、コンピュータの起動に失敗しました。そのため、起動可能なディスクからシステムの復元を実行する必要があります。

お使いのパソコンは再起動ループに陥り、Windowsの[トラブルシューティング]で解決することはできません。こんな場合、ブータブルUSBを使用して回復を実行することでエラーを修正できます。

実際には、ブータブルUSBは多くの起動エラーの修正に重要な役割を果たしています。本当に便利ですので、作成者が多いです。では、どのようにWindows Server 2019でブータブルUSBを作成しますか?

強力なユーティリティ→簡単にWindows Server 2019でブータブルUSBを作成

適切なツールを選択して、簡単にWindows Server 2019でブータブルUSBを作成することができます。ここで強力なソフトーーAOMEI Backupper Server版を強くお勧めします。

Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003などすべてのWindows Serverオペレーティングシステムをサポートします。

このソフトを使用すると、LinuxブートディスクとWindows PEブートディスクの2種類のブータブルディスクを作成できます。LinuxブートディスクとWindows PEブートディスクは、どちらもWindows Server 2019で直接作成できます。

ただし、Server 2003/2008などのような古いサーバーシステムでWindows PEブートディスクを作成すると、事前にWindows AIKをインストールする必要があります。CDとUSBメモリの両方をブータブルメディアとして使用できます。

AOMEI Backupperを使えば、ただ数回クリックだけでブータブルメディアを作成できます。さぁ~AOMEI Backupper Serverの無料試用版をいますぐダウンロードして、お使いのServer 2019搭載パソコンにインストール、実行しましょう~!

ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC向けAOMEI Backupper Technician版と台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Backupper Technician Plus版をお勧めします(*クライアントに有償技術サービスを提供できる)。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

いますぐダウンロード

数回クリックでServer 2019ブータブルUSBを作成!

AOMEI Backupper Server版が正常にインストールされたら、以下の手順に従ってServer 2019でブータブルUSBを作成できます。

ステップ 1. USBメモリをサーバーに接続します。AOMEI Backupperを起動し、左ペインの[ユーティリティ]をクリックして、[ブータブルメディアの作成]を選択します。

ブータブルメディアを作成する

ステップ 2. 表示された画面でブータブルディスクの種類を選び、[次へ]をクリックします。AOMEI Backupperの全機能を利用できるように、Windows PEを選択することをお勧めします。

Windows PEを選択

ステップ 3. この画面で起動モードを選択し、[インターネットからWinPEの作成環境をダウンロード]をチェックして[次へ]をクリックします。

起動モードを選択

ヒントお使いのシステムがUEFI起動モードならば(システムがGPTディスクにインストールされている場合も)、[UEFIブータブルディスクの作成]を選択できます。お使いのシステムがレガシBIOS起動モードならば(システムがMBRディスクにインストールされている場合も)、[レガシーなブータブルディスクの作成]を選択する必要があります。

ステップ 4. USBブートデバイス]を選択して[次へ]をクリックします。USBメモリをフォーマットするようなメッセージが表示されます。[はい]をクリックしてブータブルメディアの作成を開始します。

ブータブルメディアの作成を開始

注:ブータブルUSBドライブからPCを起動するには、BIOSで起動優先順序を変更する必要があります。ログインすると、AOMEI Backupperがロードされます。必要に応じて、表示されたメインインターフェースからオプションを選択するだけで、発生した問題を解決できます。

    

まとめ

AOMEI Backupper Server版を使用すると、Server 2019ブータブルUSBを簡単に作成できます。この方法はWindows Server 2016にも適用されます。

[ブータブルUSB/CDの作成]以外に、AOMEI Backupperはバックアップ、復元およびクローン作成の機能を提供しています。

Windows Server 2019でファイルをバックアップすることができますし、Windows Serer 2016を修復することもできます。では、今すぐダウンロードして、一緒により多くの高度な機能を体験しましょう~

[Server 2019]Cドライブを簡単にクローン 超簡単!Windows Server 2019をバックアップ!すぐ完了~ 簡単!Windows Server 2019でファイルをバックアップする方法