By AOMEI / 最後の更新 2019年09月25日

ユーザーからの問題

「失礼します。投稿を見てもらいませんか。うちにはフォルダ共有として使用されるDell(デル)Server 2008 sp2がありましたが、サーバー自体がもう死んでしまいました。でも、ハードウェアにそっくり似っているサーバーと、外付けHDDのバックアップイメージがあります。パソコンリカバリを使用して、Server 2008を元に復元できますか?助けてくれれば感謝します。」というメッセージが届いてきました。

Windows Complete PC復元は何か?

Windows Complete PC復元は、Windows VistaおよびWindows Server 2008の機能であり、内蔵バックアップツールによって作成されたシステムイメージのバックアップが復元できます。Windows Vistaでは、バックアップと復元センターが使用できます。Server 2008では、Windows Serverバックアップも使用できます。ただし、この機能はデフォルトではありませんから、手動で追加する必要があります。

VistaまたはServer 2008のWindows Complete PC復元は、コンピューターを元に復元するのに役立ちますが、頻繁に使用することはできません。この操作はデータの損失に及ぼす可能性があるためです。また、インストールされたプログラムはコンピューターから削除される恐れもあります。

Windows Serverのバックアップは他のハードウェアに復元できますか?

理論によれば、新しいコンピューターが古いコンピューターと同じハードウェアを備えている場合、復元できます。そうでない場合、復元後にコンピュータが起動できなくなる可能性があります。

市場にはサーバーを復元するのに役立つソフトウェアが様々ですが、AOMEI Backupper Serveのような信頼性の高いソフトウェアの使用を是非検討してくだい。

Server 2008でWindows Complete PC復元を使用する方法は?

Server 2008でWindows Complete PC復元を取得するには、インストールディスクとベアメタルバックアップが必要です。また、ベアメタル回復は、システムがオフラインのときしか実行できません。

次に、引き続きを見て参照して、詳細な手順を学びましょう。

ステップ 1. Server 2008のインストールディスクを挿入し、BIOS(バイオス)に移動してディスクの起動優先度を設定し、任意のキーを押して、ツールを起動してください。

ステップ 2. スタートシーンで言語とその他の設定を選択し、「次へ」をクリックしてください。

設定する

ステップ 3.コンピューターの修復」をクリックしてください。

選択する

※ご注意:バックアップデータがDVDメディアに保存されている場合は、リカバリーDVDを取り出し、バックアップデータが保存されているDVDメディアに入れ替えてから「Windows Complete PC 復元」を選択してください。

ステップ 4. デフォルトのオペレーティングシステムを選択し、「次へ」をクリックしてください。オペレーティングシステムがない場合は、「ドライバのロード」をクリックして、必要なドライバがロードされるまでお待ちください。

ドライバのロード

ステップ 5. Windows Complete PC復元」をクリックしてください。

Windows Complete PC復元

ステップ 6. 次に、Windowsがコンピューターのスキャンを開始し、コンピューター上のイメージを見つけます。ただし、バックアップイメージが外付けHDDまたはネットワークドライブにある場合、次のプロンプトが表示されます。ディスクを接続して「再試行」をクリックし、「利用可能な最新のバックアップを使用する」または「特定のバックアップを復元する」をオープンして、「次へ」をクリックしてください。

利用可能な最新のバックアップを使用する

ステップ 7. 復元するバックアップデータが保存されているドライブを任意に選択し、「次へ」をクリックしてください。

ステップ 8. 復元するバックアップデータを選択し、「次へ」をクリックしてください。

ステップ 9. 最後に、設定を確認し、「完了」をクリックして復元が開始します。プロンプトが表示されたら、「はい」をクリックして続行します。終了すると、サーバーが再起動し、Windowsがロードされます。

別のバックアップと復元の代替方法

AOMEI Backupper Serverによって作成されたシステムイメージのバックアップがある場合、Server 2008そのバージョンを別のコンピューターに復元できます。

Windows Serverバックアップと異なり、AOMEI Backupper Serverにはいくつかの利点があります。「ユニバーサル復元」機能を使用して、異なるハードウェアの復元が実行できます。また、システムバックアップだけでなく、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップが作成できます。さらに、システム、ディスク、パーティションのクローンを作成する機会を与えるディスククローン作成ソフトウェアです。無制限のパソコンとサーバーを保護したい場合、またはインストールディレクトリのポータブルバージョンが必要な場合は、AOMEI Backupper Tech Plusが検討できます。

AOMEI Backkupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。イメージを含むドライブを新しいサーバーに接続し、認識できることを確認してください。以下を参照して、別のコンピューターへのWindows Server PC復元の代替方法を手に入れてください。

ステップ 1. 復元」、「タスクを選択」をクリックしてください。

Select Task

ステップ 2. バックアップイメージを選択し、「次へ」をクリックしてください。

Select System Backup

ステップ 3. バックアップ全体または一部を選択して復元し、「次へ」をクリックしてください。

全体選択

ステップ 4. 以下の操作概要をプレビューし、「ユニバーサル復元」にチェックマークを付けて、「開始」をクリックしてください。

ユニバーサル復元

まとめ

「Windows Complete PC復元」は、同じハードウェアでServer 2008を復元するのに役立ちます。コンピューターサーバーが他のバージョンである場合は、システムイメージの回復が可能です。ネーム以外は「Windows Complete PC復元」と同じ機能です。

しかし、Windows Server 2008/2008 R2 / 2012/2016/2019バックアップを実行して別のハードウェアに復元する場合、AOMEI Backupper Serverなどのサードパーティ製のバックアップおよび復元ソフトウェアしか使用できません。あらゆる種類のサーバーベースのオペレーティングシステムに適しています。ウィザードのようなインターフェイスがあり、すべての手順は非常に簡単です。

関連記事

● WindowsでブータブルCompactFlashカードを簡単にクローンする方法

● 簡単にブータブルUSBからHDDをクローンする方法

● WD CloudをGoogle ドライブにバックアップしたい、どうする?

● Windows 7/8/10でEFI システムパーティションをバックアップおよび復元する方法