By AOMEI / 最後の更新 2019年11月29日

Windows Server 2012のバックアップはなぜ必要?

Windows Server 2012は主に、中小企業の管理者及び大企業のIT専門家によって使用されています。なので、Server 2012には個人のドキュメントとファイルだけでなく、クライアントの重要な情報と商業データも含まれています。したがって、Windows Server 2012を新しいHDDまたはネットワークドライブにバックアップしてイメージ化することは非常に重要です。

Serverをバックアップしたら、ウイルスの攻撃、偶発的なシステムクラッシュ、またはコンピューターの障害が発生しても、パニックりません。Windows Serverのバックアップを作成するほとんどの場合、そのシステムのバックアップを実行します。これには、システム状態、設定、およびServer 2012のすべての重要なアプリケーションが含まれます。

サーバー2012r2

システム状態は、Active Directory、システムボリューム(ドメインコントローラーの場合)、証明書サービス(証明機関のみ)、クラスターデータベース(クラスターノードのみ)、ブートファイル、レジストリ、パフォーマンスカウンター構成情報、およびコンポーネントで構成されます。緊急事故が発生した場合、Windows Server 2012システムイメージを使用して、サーバーのダウンタイムを短縮し、ビジネスの継続性を確保することができます。

組み込みツールでWindows Server 2012をバックアップする方法

頭に浮かぶ最初のソリューションは、Windows Server 2012に組み込まれているバックアップツールです。

手順1.「サーバーマネージャ」より「管理」、「役割と機能の追加」ウィザードから「Windows Server バックアップ」機能を追加します。

ステップ1

手順2.「サーバーマネージャ」より「ツール」、「Windows Server バックアップ」、「ローカル バックアップ」から起動します。

ステップ2

手順3. 「はじめに」ページに「次へ」を選択します。

ステップ3

手順4. バックアップの構成を選びます。「サーバー全体」を選択して「次へ」を押します。

ステップ4

手順5. バックアップの時間の指定をして、「次へ」を押します。

ステップ5

手順6. 作成先の種類の指定では、「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」、「ボリュームにバックアップする」、「共有ネットワークフォルダーにバックアップする」三つの種類が選択できます。今回は推奨の「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を選択します。

ステップ6

手順7. 「作成先のディスクの選択」を押します。「すべての使用可能なディスクを表示」をクリックし、選択可能なディスクを選択します。「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を使用するには、空っぽのディスクが必要になります。

ステップ7

手順8. ターゲット先のディスクにボリュームがある場合このメッセージが表示されます。「OK」を押します。

ステップ8

手順9. メッセージを確認して、「はい」を押します。

ステップ9

手順10. バックアップジョブ内容を確認し、「完了」を押します。

ステップ10

Windows Serverバックアップユーティリティの制限

でも、このツールにはいくつかの制限があります。

サイズの制限。Windows Serverバックアップを使用して、2040 GB(または2 TB)を超えるボリュームのファイルとフォルダをバックアップすることはできません。

ファイルシステムの制限。FAT32でフォーマットされたディスクにバックアップを保存することはできません。Windows Serverバックアップはシャドウコピーを使用してバックアップバージョンを維持するため、ディスクはNTFSでフォーマットする必要があります。

ターゲットパスの制限。USBフラッシュドライブまたはペンドライブにバックアップを保存することはできません。

許可の制限。Windows Serverバックアップを使用するには、Backup OperatorsまたはAdministratorsグループのメンバーであるか、適切な権限を持っている必要があります。

非常に多くの制限により、サーバーが思い通りに管理できない場合があります。USBフラッシュドライブまたはWindows Server 2012の増分バックアップなどのより高度な機能が必要な場合は、Windows Serverバックアップの代替ソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverを推薦します。

バックアップユーティリティでバックアップ

AOMEI Backupper Serverはプロのバックアップ、災害復旧及びディスククローンソフトウェアであり、初心者とIT専門家の両方に向けの多様的な機能を備えています。このソフトでは、スケジュールバックアップ、増分バックアップと差分バックアップ、コマンドラインバックアップ、パーティション/ファイルバックアップなどを実行することができます。

そもそも、AOMEI Backupper Serverの無料試用版を入手して試してみてください。

詳細な操作を行う前に事前に新しいHDDを接続してください。

手順 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動してください。「バックアップ」、「システムバックアップ」の順に選択してください。

システムバックアップ

手順 2. 必要に応じて「タスク名」を編集し、そして新しいHDDをターゲットディスクとして選択してください。

ターゲットディスク

手順 3. 「開始」をクリックして、バックアップを始めます。

開始

結論

どうですか?伝統的な方法より、AOMEI Backupperのほうが簡単でしょう。3つのシンプルな手順で、Windows Server 2012を新しいHDDにバックアップできます。もし災害が発生したら、新しいHDDのイメージを使用してWindows Server 2012を復元することができます。この方法はWindows Server 2003のCドライブのバックアップにも使用できます。

実際、AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2012以外に、Windows Server 2003/2008(R2)/ 2012 R2、2016、2019及びSBS 2011/2003/2008(32ビットと64ビットの両方)など各種のPCオペレーティングシステムをサポートしています。SSD、HDD、CD / DVD / BD-R / RW、USB、PCカード、NASなどの一般的なストレージデバイスも認識できます。

社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusを選択してください。クライアントに無制限の請求可能な技術サービスを提供する上に、ポータブルバージョンを作成するためにインストールディレクトリをコピーすることもできます。

AOMEI Backupperは、いつも世界中のデータを守ります。