By Machi / 最後の更新 2022年03月21日

Cドライブについて

Cドライブ

Cドライブとは、Windowsでドライブレターが「C」の場所で、通常OSがここにインストールされています。そのため、Cドライブの空き容量が少なくなると、システムが不安定になったり、重くなたっりする場合があります。

CドライブをSSD/HDDにクローンする必要のある場合

Cドライブのクローンを作成する場合、システム予約済みパーティション、インストール済みアプリケーション、Cドライブの個人設定などもクローンされます。でも、どんな場合にCドライブをクローンする必要がありますか?代表的なものを以下に挙げていきます。

1. 新しいHDDに交換します。ますます多くのデータが保存されて、Cドライブがほぼいっぱいになってしまいます。古いHDDを新しいHDDに交換したいですけど、OSとすべての必要なアプリケーションの再インストールに時間を省きたい場合は、Cドライブをより大きな新しいHDDに直接クローンできます。

2. SSDへアップグレードします。SSDにアップグレードする。コンピュータを長時間使用していると動作が遅くなる場合は、ハードドライブをアップグレードしてパフォーマンスを向上させることができます。SSDは可動部がないので、起動とデータアクセスの速度を明らかに向上させることができます。そのため、Cドライブを新しいSSDにクローンして、それを起動ディスクとして使用するのは良いアイデアです。 

Cドライブをクローンするための最高のソフト-AOMEI Backupper

AOMEI Backupper Professionalは、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP向けのプロで信頼性の高いシステムクローンソフトウェアです。そのクローン機能で、Cドライブを元のディスクからターゲットディスクに移行できます。クローン完了後、復元せずにターゲットディスクから直接起動できます。

このソフトは、次のようなメリットがあります:

多様なクローンモードシステムバックアップに加えて、ディスククローン、パーティションクローンにも対応しています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。
全メーカー製、全種類のSSD/HDDに対応Crucial、SAMSUNG、東芝、Sandisk、Kingstonなど全メーカー製のSSD/HDDに対応しています。SATA/M.2/mSATA SSD、外付けSSD/HDDなど全種類のSSD/HDDをサポートしています。
大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンが可能デフォルトで、クローン先に使用されているセクターのみクローンする「インテリジェントクローン」でクローンを実行するので、大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンが可能です。また、この機能は不良セクターをスキップできます。クローンにかかる時間を節約できますし、クローン完了後の正常起動も確保できます。
SSDのパフォーマンスを向上「SSD 4Kアライメント」という機能をサポートしています。ターゲットディスクがSSDである場合、この機能を有効にすると、クローン完了後、SSDの読み込み速度と書き込み速度を向上させることができます。
操作簡単数回のクリックだけでクローンを実行できます。初心者でも気軽に使えます。
バックグラウンドで実行クローンはバックグラウンドで実行できるので、クローンしている時に、パソコンを通常通り使えます。

AOMEI Backupperで再インストールせずにCドライブをクローンする方法

クローンを作成する前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

1. ターゲットドライブとしてのSSD/HDDをコンピューターに接続します。ノートパソコンの場合、USB変換ケーブルが必要です。

USB-SATA

2. ターゲットドライブはシステムパーティションを保存するのに十分な容量があることを確認します。

3. クローン作成後、ターゲットディスク上のすべてのデータは上書きされるので、ターゲットディスクに重要なデータがある場合、あらかじめそれらのファイル/フォルダをバックアップします。

4. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールします。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. 「クローン」→「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

▶ 注意:Cドライブだけをクローンしたい場合、「パーティションクローン」を選択し、Cドライブを手動で選択することができます。しかし、OSをクローンするため、Cドライブをクローンしたい場合、「システムクローン」をご利用ください。さもなければ、クローン完了後、クローンしたディスクからシステムを起動できない場合があります。

ステップ 2. デフォルトで、システムおよびブート関連のパーティションは既に選択されているので、先に接続されたSSD/HDDをターゲットドライブとして選択すればよいです。

ターゲット場所を選択

ステップ 3. ターゲットドライブはSSDである場合、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れます。問題がなければ、「開始」をクリックします。

アライメント

ヒント:
容量を最大限に活用(デフォルトで有効になっている)未割り当て領域をシステムパーティションに追加して、ターゲットパーティションの容量を最大限に活用します。
セクター単位のクローン使用されているかどうかにかかわらず、空白セクターと不良セクターを含むすべてのセクターをターゲットディスクにクローンします。この機能を使用するには、ターゲットディスクの容量はソースディスクと同じまたはより大きい必要があります。*暗号化されたドライブはデフォルトで、「セクター単位のクローン」でクローンを実行します

クローンしたSSD/HDDからシステムを安全に起動する方法

クローン完了後、クローンしたSSD/HDDからシステムを起動するには、あと1つの作業を行う必要があります。それは、「BIOS」で起動順位を変更することです。詳細については、読み続けてください。

ステップ 1. パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、メーカーによって特定のキーを押して、「BIOS」に入ります。

BIOS起動キー

ステップ 2. 「Boot」タブに移動し、クローンしたSSD/HDDを最初に起動するドライブとして設定します。

boot

ステップ 3. 「F10」キーを押して、設定を保存し、終了します。

これで、パソコンは新しいSSD/HDDから起動します。

おまけ:クローンされたSSD/HDDの再利用/処分

1. クローンされたSSD/HDDをバックアップ保存用ディスクとして使い続けたい場合、AOMEI Backupperの「バックアップ」機能の使用をお勧めします

その「バックアップ」機能は、ディスク、システム、パーティション、ファイルバックアップの4つのバックアップモードに対応しています。自動バックアップもサポートしています。毎回手動でバックアップする手間を省きます。また、古いバージョンのバックアップの自動削除や、増分バックアップなどの省容量機能があるので、ターゲットディスクに十分な空き容量を確保できます。

バックアップ

▶ 注意:バックアップを復元したい場合、「復元」機能をご利用ください。

2. クローンされたSSD/HDDを廃棄したり、他人に譲たりしたい場合、AOMEI Backupperの「ディスク消去」ツールの使用をお勧めします

ゴミ箱を空にするような方法で削除されたファイル/フォルダは、復元ソフトを使用して、簡単に復元できます。個人データの流出を防止するには、SSD/HDDを処分する前に、「ディスク消去」ツールを使用して、ディスク全体/特定のパーティションを徹底的に削除しましょう。

ディスク消去

まとめ

Cドライブのクローンを作成するには、プロで信頼性の高いソフトウェアを選択することが非常に重要です。数あるソフトでも、AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。このソフトで、Cドライブを別のドライブにクローンするのに3つのステップで完了します。さらに、バックアップ、復元、同期、ディスク消去など複数の強力な機能を備えています。様々な面からデータを保護きます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianをご利用ください。AOMEI Backupper Technicianには、「AOMEI Image Deploy(イメージ展開ツール)」というツールが利用可能です。この機能によって、ネットワーク経由でLAN内の複数のパソコンにイメージを展開できます。企業ユーザーには非常に便利です。