By AOMEI / 最後の更新 2019年12月20日

クローンの必要があるのはなぜ?

私たちの日常生活では、何らかの理由で、Windows Server 2019/2016/2012(r2)/2008(r2)/2003でHDDのクローンを作成することが普通です。ファイルの損失や破損など、オペレーティングシステムのアップグレード後にいくつかの問題が発生する可能性があるため、システムをアップグレードする前に、HDDを外付けHDDにクローンしたほうがいいと思います。

また、アプリケーション、ユーザー設定、システムの再インストールなどを避けたい場合は、HDDのクローンが直接作成できます。より良いパフォーマンスが必要な場合は、古いHDDをSSDにクローンすることもできます。

プロなディスククローンソフトウェア

HDDのクローンを作成するには、専門のディスククローン作成ソフトウェアを選択するのが最高です。高品質のソフトウェアを使用すると、クローン作成後にブートの問題を避けることができます。ここでは、この信頼性が高く、強力なディスククローンソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverを紹介します。

AOMEI Backupper Serverは、その簡潔なインターフェースと簡単な操作のため、どのユーザーにとっては親しいソフトウェアです。初めて使用する場合でも、安易に把握できます。クローン機能に関しては、ディスククローンはインテリジェントクローン(デフォルト)をサポートしており、大きなドライブを小さなドライブに簡単にクローンできます。

さらに、Windows Server HDDをSSDにクローンする場合、「SSD 4Kアライメント」機能を確認することができます。ソフトウェアは、SSDの読み取りおよび書き込み速度を向上させ、その使用期限を延長します。

無料体験 Win サーバ&PC向け
安全かつ高速ダウンロード

詳しいステップはここ!

まず、次の準備を行う必要があります。

● ターゲットディスクをWindows Serverコンピューターに接続し、検出できることを確認してください。

● ソースディスクがターゲットディスクにクローンされると、ターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされます。したがって、重要なデータがある場合、事前にファイルを外付けHDDにバックアップしてください。

次に、AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。

ステップ 1. 「クローン」、「ディスククローン」をクリックしてください。システムのみクローンする場合、「システムクローン」をクリックしてください。

クローン選択

ステップ 2. クローンするディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

ステップ 3. 別のディスクをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ターゲットディスク

ステップ 4. ターゲットディスクがSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」を選択してください。ソースディスクとターゲットディスクの設定を確認し、「開始」をクリックして、実行を始めます。

アライメント

開始

ご注意:小さなディスクを大きなディスクにクローンする場合、「パーティションを編集」ボタンをクリックしてください。ディスク全体を使用できるように、3つのオプションを使用してパーティションのサイズを変更することができます。

パーティションサイズ

● このバージョンは最大5台のコンピューターのみサポートします。データとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。これは無制限のPCまたはサーバーで使用できて、とても評判になっています。