By Machi / 最後の更新 2022年03月28日

Windows Server 2012 R2のバックアップの必要性

 

私は現在Windows Server 2012 R2を実行しているサーバーを持っており、Windows Serverバックアップで毎晩フルバックアップを作成するか、フルバックアップを1つだけ作成して、増分バックアップを行いたいと考えています。それは可能でしょうか?もし可能でないなら、何かおすすめのWindows Serverバックアップソフトがありますか?手助けいただければ嬉しいです。お願いいたします。

---ある電子掲示板からの質問

Windows Serverは、中小企業の間で広く利用されており、例えばWindows Server 2012 R2は、ITインフラ全体を1つのサーバーで運用することが可能です。これは、IT部門やデータセンターのない中小企業には非常に便利です。

windows server 2012 r2

しかし、サーバーは、システムクラッシュ、ハードディスク故障、ウイルス攻撃などの影響を受けやすく、最終的に個人データや顧客情報、業務プロファイルなどの業務文書を含む大量のデータを損失してしまう可能性があります。そのため、Windows Server対応のバックアップソフトを使ってWindows Server 2012 R2をバックアップする必要があります。

Server 2012 R2に最適なバックアップソフト-AOMEI Backupper Sever

前述のように、Windows Serverには、Windows Server バックアップというバックアップソフトが搭載されています。しかし、Windows Server バックアップは同じ場所に1つのバックアップファイルしか保存しないや、システム状態のバックアップに失敗することなどの制限にがっかりすることがあるかもしれません。

したがって、Windows Server バックアップの最高の代替ソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。このソフトはWindows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムに対応しています。

このソフトはインターフェースがシンプルでわかりやすい、操作も簡単で、いくつかのクリックだけでWindows Server 2012 R2をバックアップできます。もし、サーバーに何か問題が発生した時、別のドライブにイメージを復元することで、短時間でデータを取り戻すことができます。

複数のバックアップモードに対応ディスク、システム、パーテイション、ファイルバックアップの4つのバックアップモードに対応しています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。
様々なストレージデバイスに対応Windows Server 2012 R2を内蔵/外付けハードディスク、USBドライブ、クラウドドライブ、NAS、共有フォルダなどのストレージデバイスにバックアップできます。
自動バックアップ自動バックアップを設定できます。5つの自動バックアップモードに対応しています。
省容量機能バックアップファイルの圧縮、増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップの自動削除をサポートしています。ターゲットディスクに十分な空き容量があることを確保できます。

AOMEI Backupper SeverでWindows Server 2012 R2をバックアップする方法

Server 2012 R2をバックアップする前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

1. Windows Server 2012 R2を外付けハードディスクにバックアップしたい場合、あらかじめ外付けハードディスクをサーバーに接続し、検出できることを確認します。そうでなければ、それをバックアップ先として選択できません。

2. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールします。30日間無料体験版なので、安心に使いましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

では、AOMEI Backupper Serverで、Windows Server 2012 R2のシステムバックアップを作成する方法をご案内しましょう。☆⌒(*^-゜)v

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを起動し、「バックアップ」タブをクリックし、必要に応じて、「システムバックアップ」「ディスクバックアップ」「ファイルバックアップ」「パーテイションバックアップ」を選択できます。ここでは、「システムバックアップ」を例に説明します。

システムバックアップ

ステップ 2. 他のタスクと区別するには、タスク名を変更できます。デフォルトで、Windows Server 2012 R2の起動に必要なドライブが既に選択されるので、矢印の下にあるボックスの逆三角形アイコン/フォルダーアイコンをクリックし、バックアップ先を選択すればよいです。

保存先を選択

ステップ 3. 下部にある3つのオプションをクリックし、バックアップをカスタマイズできます。すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

オプション:バックアップファイルの分割/圧縮レベル、不正アクセスを防止するバックアップの暗号化、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」、バックアップ完了後のメール通知を設定できます。

オプション

スケジュール:自動バックアップできます。毎日/毎週/毎月/イベントトリガー(サインイン/サインアウト、システム起動/シャットダウン)/USB挿入の5つの自動バックアップモードをサポートしています。

スケジュール

バックアップスキーム:フルバックアップ、前回のバックアップから変更された部分のみバックアップする増分バックアップ、最初のフルバックアップから変更された部分のみバックアップする差分バックアップを設定できます。また、バックアップファイル数/時間/日数、週数、月数により、古いバージョンのバックアップの自動削除を設定できます。

バックアップスキーム

そして、バックアップが完了するまで待ちます。バックアップタスクが「ホーム」タブに表示されているかどうかを確認します。イメージを復元するには、「復元」オプションを選択するだけで、開始できます。

なお、Server 2012 R2を起動できない場合にシステムを復元するには、事前にWindows Server 2012 R2のリカバリーディスクを作成しておくことを強くお勧めします。

まとめ

Windows Server 2012 R2には、Windows Server バックアップというバックアップツールが搭載されていますが、同じ場所に1つのバックアップファイルしか保存できないので、複数のバックアップファイルを保存しておき、必要に応じてどれか1つを復元したい方には非常に不便です。

このような問題を回避するには、サードパーティー製のプロのバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。このソフトは同じ場所に複数のバックアップファイルを保存できますし、自動削除機能もあるので、多すぎるバックアップファイルによる容量不足の問題を心配する必要がありません。

AOMEI Backupper Serverはバックアップ、復元に加えて、クローン、同期、ディスク消去など高度な機能も備えています。様々な面からユーザーのデータを持続的に保護します。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速