By Machi / 最後の更新 2022年03月15日

Windows Server 2022の新情報

Windows Serverの最新版であるWindows Server 2022は、多くの新機能を追加しています。

高度なマルチレイヤ―のセキュリティ:「セキュアコアサーバー(Secured-core server)」と「セキュアコネクティビティ(Secure Connectivity)」による多層的な防御で、システムをより安全に保護することができます。

Azureとのハイブリッド機能の強化:Azure Arcに接続することで、ローカルのWindows Server 2022のクラウドサービスを利用することができます。また、SMB圧縮などのファイルサーバーの機能強化により、より快適なファイル転送が可能になります。

柔軟なアプリケーション基盤:Windows Server 2022は、柔軟なアプリケーション基盤を提供し、拡張性の向上の要求が厳しいアプリケーションに活用することが可能です。

Windows Server 2022

なぜWindows Server 2022でCドライブをクローンするのか?

Windows Server 2022でCドライブをクローンする理由は、次の3つに要約されます。

1. OSの性能を向上させます。小さくて古いハードディスクで長い間動作しているシステムは、動作が遅くなることがあります。CドライブをSSDにクローンして、起動時間を短縮し、システムの性能を向上させることができます。

2. システムを別のパソコンに移行します。Windows Server OSを新しいパソコンに移行する必要がある場合、Cドライブをディスクにクローンし、クローンしたディスクから新しいパソコンを直接起動することができます。

3. システムを守ります。パソコンを使っている間に、様々な問題が発生する可能性があります。できるだけ早めに問題を解決するには、CドライブをHDD/SSD/USBにクローンすることができます。もし、システムに突然問題が発生したら、クローンしたシステムをバックアップとして使用することができます。パソコンをシステムが保存されているデバイスから直接起動し、前の仕事をやり続けられます。

Windows Server 2022でCドライブをクローンする最適なソフト

Windows Server 2022でCドライブのクローンを作成するには、Windows Server対応のクローンソフトが必要です。Windows Serverにはクローン機能がなく、どうしても標準機能を使いたい場合は、「Windows Serverバックアップ」というバックアップ&復元ツールを使えます。しかし、この機能を使えば、バックアップしてから、復元する必要があるので、直接クローンを作成することより少し面倒くさいです。

Server

そのため、プロのシステムクローンソフトウェアを使って、直接Cドライブをクローンすることがオススメです。クローンした後、復元せずにクローンしたディスクからパソコンを直接起動して、システムを正常に使用することができます。

数あるソフトでも、Windows Server向けのプロのシステムクローンソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。このソフトは次のようなメリットがあります:

直接起動クローンが完了した後、クローン先のディスクからシステムを直接起動することができます。
インテリジェントクローンデフォルトでは、使用されているセクターのみをクローンするので、大容量ディスクから小容量ディスクにCドライブを簡単にクローンすることができます。
バックグラウンドで実行クローン作業がバックグラウンドで実行することができます。そのため、クローン作業中もコンピュータを使い続けることができます。
SSD 4Kアライメントクローン先のディスクはSSDである場合、この機能を有効にすると、クローンが完了した後、SSDの読み取りと書き込み速度を向上させることができます。
様々なストレージデバイスに対応内蔵/外付けHDD、SSD、USBドライブ、NAS、ネットワーク共有フォルダなどのストレージデバイスに対応しています。
全ServerとWindows PCに対応Windows Server 2022に加えて、Windows Server 2019/2016/2012/2011/2008/2003(R2含む)、SBS 2003/2008/2011とWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPにも対応しています。

Windows Server 2022でCドライブをクローンする方法

これから、AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Server 2022でCドライブをクローンする方法をご案内します。クローン作業を始める前に、いくつかの準備作業を行う必要があります:

ターゲットディスクをコンピュータに接続し、検出できることを確認します。
クローンした後、ターゲットディスクのすべてのデータが上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしてください。
最高のWindows Server向けのクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Serverをダウンロードして、インストールしてください。
Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを開きます。「クローン」→「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

ステップ 2. デフォルトで、Windows Serverの実行に必要なドライブが既に選択されるので、ターゲットディスクだけを選択すればよいです。

ターゲットディスク

ステップ 3. ターゲットディスクがSSDである場合、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れます。すべての設定を確認して、「開始」をクリックします。

開始

セクター単位のクローンクローン先の容量がクローン元と同じか大きい場合、このオプションにチェックを入れると、使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをターゲットディスクにクローンします。
容量を最大限に活用未割り当て領域をシステムパーティションに追加して、ターゲットパーティションの容量を最大限に活用します。

クローンしたディスクから起動する方法

Windows Server 2022のCドライブをターゲットディスクにクローンした後、そこからシステムを起動するには、ターゲットディスクを起動ドライブとして設定する必要があります。詳細については、読み続けてください。

ステップ 1. コンピュータを再起動し、メーカーのロゴが表示されたら、メーカーによって特定のキー(F2、F3、F8など)を押し続けて、「BIOS」に入ります。

ステップ 2. 「Boot」タブに移動し、クローンしたディスクを最初に起動するドライブとして設定します。

boot

ステップ 3. 「F10」キーを押して、変更を保存して終了します。

まとめ

この記事では、プロのクローンソフト-AOMEI Backupper Serverを使用してWindows Server 2022のCドライブのクローンを作成する方法をご紹介しました。このソフトで、いくつかのクリックだけで、システムをクローンすることができます。クローンした後、クローンしたディスクからシステムを直接起動し、通常通り使用することができます。

また、システムクローンに加えて、パーティション/ディスククローンにも対応しています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速