By AOMEI / 最後の更新 2020年04月21日

リカバリーディスクとは何ですか?

リカバリーディスクとは、パソコンを初期化とリカバリーする際に使用するディスクです。パソコンが何らかの事情で起動しなくなったり、調子が悪い時はパソコンを購入時の状態に戻すことができます。もし初期化しようというときに、リカバリーディスクがなければ作業を行うことができません。

詳細な復元方法は?

方法1:USB回復ドライブでWindows10を復元する

Windows10の回復ツールである回復ドライブは、回復USBからWindows10を復元するのに役立ちます。コンピューターの復元を開始する前に、最初にWindows10リカバリーディスクを作成する必要があります。

パート1:Windows10回復ドライブを作成する

手順 1. USBドライブをコンピューターに接続します。

手順 2. 検索ボックスに「回復ドライブ」と入力し、メニューから選択します。

回復ドライブ

手順 3. そして「コントロールパネル」から、「システムとセキュリティ」を選択します。

システムとセキュリティ

手順 4. 「システムとセキュリティ」の「セキュリティとメンテナンス」を選択してから、「セキュリティとメンテナンス」より「回復」をクリックします。

回復

手順 5. 「高度な回復ツール」より、「回復ドライブの作成」を選択します。

回復ドライブの作成

手順 6. ユーザーアカウント制御のポップアップが表示されたら「はい」をクリックします。

確認

手順 7. 「システムファイルを回復ドライブオプションにバックアップします」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。プロセス中にこのオプションにチェックマークを付けない場合、このPCをリセットし、ドライブからの回復はシステム回復環境で使用できませんから、ご注意ください。

メッセージ確認

ヒント:Windows 10のUSB回復ドライブのサイズは16GBである必要があります。そうでない場合、リカバリードライブが作成できないというエラーメッセージは表示される場合があります。

手順 8. USBフラッシュドライブを選択し、「次へ」をクリックします。回復ドライブに使用するUSBフラッシュドライブなどの外部ストレージは、ドライブ上の全てのデータが削除されますのでご注意ください。

usbドライブの選択

手順 9. 下記の画面より「作成」をクリックすると、回復ドライブの作成が始まります。「作成」をクリックするとUSBフラッシュドライブ上のすべてのデータが削除されますので、個人ファイルが保存されている場合は他のドライブやメディアへのバックアップをお勧めいたします。回復ドライブの作成には多数のファイルをコピーする必要があるため、完了まで時間がかかります。

作成

手順 10. 「回復ドライブの準備ができました」というメッセージが表示されたら、「完了」をクリックして、回復ドライブの作成が終了します。

完成までお待ちする

パート2:Windows 10でリカバリードライブを使用する

手順 1. 回復ドライブの正常起動後に「キーボード レイアウトの選択」が表示されます。そして、ディフォルトの「Microsoft IME 」をクリックします。

imeをクリック

手順 2. 「オプションの選択 」 が表示され、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 3. 「トラブルシューティング 」が表示され、「ドライブから回復する」をクリックします。

ドライブから回復する

手順 4. 「ドライブから回復する」が表示され、「ファイルの削除のみ行う」をクリックします。

ファイルの削除のみ行う

手順 5. 「回復処理」を開始するに当たり、削除対象となるファイルなどの注意項目が表示されます。内容を確認して、「回復」をクリックします。再インストールには 60 ~ 120 分ほどかかります。

回復

回復作成中

手順 6. 自動的に「回復処理 」が開始され、引き続き「再インストール処理」が実行されます。

手順 7. Windowsの「再インストール処理」完了した後「 Cortana(コルタナ)」とのセッションが始まります。

コルタナ

手順 8. 最後に、デスクトップ画面が表示され、「Windows 10の再インストール」が完了します。エクスプローラの表示画面で標準的な構成に戻されていることが確認できます。

完成

方法2:USBからシステムを復元

手順 1. 回復ドライブをPCに接続して、電源を入れ、回復ドライブから起動します。

手順 2. 「キーボード レイアウトの選択」が表示され、「Microsoft IME」をクリックします。

手順 3. 「オプションの選択」が表示され、「トラブルシューティング」をクリックします。

手順 4. 「トラブルシューティング」が表示され、「詳細オプション」をクリックします。

手順 5. 「詳細オプション」が表示され、「システムの復元」をクリックします。

手順 6. 「システムの復元」が表示され、「Windows 10」をクリックします。

手順 7. 「システムファイルと設定の復元」が表示され、「次へ」をクリックします。「復元ポイント」一覧が表示されます。

復元ポイント

手順 8. 希望する復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。「復元ポイント」 の詳細を確認して、「完了」をクリックします。

復元ポイントを選択

復元ポイントを確認

手順 9. 復元処理開始のため、最終確認メッセージが表示されます。「はい」をクリックします。

中断できません

手順 10. 復元処理が開始されます。長時間を必要としますのでしばらく待ちます。所要時間は PC の内容により異なります。

手順 11. 処理終了後、システム復元完了のメッセージが表示されます。選択した「復元ポイント」に相違ないことを確認し、「再起動」をクリックします。

再起動

手順 12. PC が再起動し、サインイン画面が表示されます。パスワードまたは PIN コードを入力してサインインします。

手順 13. デスクトップ画面に「システムの復元は正常に完了しました。... 」のメッセージが表示されます。

手順 14. 「閉じる」をクリックし、復元処理を終了します。

閉じる

もっと簡単な方法でWindows 10を復元

以上のリカバリーUSBからWindows10を復元する方法は本当に面倒くさいし、行いにくいと思っていますよね。もし、復元しかけるときにミスが発生したら、データは紛失または損傷になるかもしれません。でもAOMEI Backupper Professionalというソフトを使用するなら、そんな心配はなくなります。ブータブルメディアを作成することができるし、ストレージデバイスとして、USBドライブだけでなくCD / DVDも使用できます。

次に、詳細な手順を説明させて頂きます。

手順 1. ブータブルメディアとシステムイメージのバックアップを含むUSBドライブをコンピューターに接続します。次に、BIOSに入り、ブータブルメディアから起動します。

手順 2. AOMEI Backupperのインターフェースが表示され、「復元」をクリックします。

手順 3. 「イメージファイルを選択」をクリックして、USBドライブに作成されたシステムイメージバックアップを選択し、「次へ」をクリックします。

イメージファイルを選択

手順 4. 「System Backup」をバックアップタスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

タスクを選択

手順 5. バックアップ全体または一部を選択して復元し、「次へ」をクリックします。

設定を確認

手順 6. バックアップを復元するターゲットパスを選択し、「次へ」をクリックします。そして、「開始」をクリックして操作を実行します。

ターゲットを選択

開始

それでは、わずか六つの手順でシステム復元を完成しました。複雑の操作はいらなく、初心者でもうまくできます。それだけじゃなく、各種のクローンとバックアップもサポートします。ユーザー達のデータを守るのは、AOMEI Backupperの使命です。