By Machi / 最後の更新 2022年03月08日

リカバリディスクとは?

リカバリディスクとは、パソコンを初期化とリカバリする際に使用するディスクです。パソコンが何らかの事情で起動しなくなる場合や、調子が悪い場合に、このディスクを使用して、パソコンを購入時の状態に戻すことができます。リカバリディスクがなければ、初期化を行えません。

リカバリディスク

リカバリディスクからWindows 10/11を復元する方法

方法1:「ドライブから回復する」でWindows 10/11を復元する

Windows10/11の回復ツールである回復ドライブは、回復USBからWindows10/11を復元するのに役立ちます。コンピューターの復元を開始する前に、最初にWindows10/11のリカバリディスクを作成する必要があります。

パート1:Windows10/11回復ドライブを作成する

手順 1. USBドライブをコンピューターに接続します。

手順 2. 検索ボックスに「回復ドライブ」と入力し、検索結果から「回復ドライブ」を選択します。

回復ドライブ

手順 3. そして「コントロールパネル」から、「システムとセキュリティ」を選択します。

システムとセキュリティ

手順 4. 「システムとセキュリティ」の「セキュリティとメンテナンス」を選択してから、「回復」をクリックします。

回復

手順 5. 「高度な回復ツール」より、「回復ドライブの作成」を選択します。

回復ドライブの作成

手順 6. ユーザーアカウント制御のポップアップが表示されたら「はい」をクリックします。

確認

手順 7. 「システム ファイルを回復ドライブにバックアップします。」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。プロセス中にこのオプションにチェックマークを付けない場合、このPCをリセットし、ドライブからの回復はシステム回復環境で使用できませんから、ご注意ください。

メッセージ確認

▶ 注意:Windows 10/11のUSB回復ドライブのサイズは16GB以上である必要があります。そうでない場合、リカバリドライブが作成できないというエラーメッセージは表示される場合があります。

手順 8. USBフラッシュドライブを選択し、「次へ」をクリックします。選択されたドライブ上の全てのデータが削除されるのでご注意ください。必要があるなら、あらかじめ重要なファイルをバックアップしておいてください。

usbドライブの選択

手順 9. 下記の画面より「作成」をクリックすると、回復ドライブの作成が始まります。回復ドライブの作成には大量のファイルをコピーする必要があるため、完了まで時間がかかります。

作成

手順 10. 「回復ドライブの準備ができました」というメッセージが表示されたら、「完了」をクリックして、回復ドライブの作成が終了します。

完成までお待ちする

パート2:「ドライブから回復する」でWindows 10/11を復元する

手順 1. 回復ドライブの正常起動後に「キーボード レイアウトの選択」が表示されます。そして、ディフォルトの「Microsoft IME 」をクリックします。

imeをクリック

手順 2. 「オプションの選択 」 が表示され、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 3. 「トラブルシューティング 」が表示され、「ドライブから回復する」をクリックします。

ドライブから回復する

手順 4. 「ドライブから回復する」が表示され、「ファイルの削除のみ行う」をクリックします。

ファイルの削除のみ行う

手順 5. 「回復処理」を開始するに当たり、削除対象となるファイルなどの注意項目が表示されます。内容を確認して、「回復」をクリックします。再インストールには 60 ~ 120 分ほどかかります。

回復

回復作成中

手順 6. 自動的に「回復処理 」が開始され、引き続き「再インストール処理」が実行されます。

手順 7. Windowsの「再インストール処理」完了した後「 Cortana(コルタナ)」とのセッションが始まります。

コルタナ

手順 8. 最後に、デスクトップ画面が表示され、「Windows 10/11の再インストール」が完了します。エクスプローラの表示画面で標準的な構成に戻されていることが確認できます。

完成

方法2:「システムの復元」でWindows 10/11を復元する

手順 1. 回復ドライブをPCに接続して、電源を入れ、回復ドライブから起動します。

手順 2. 「キーボード レイアウトの選択」が表示され、「Microsoft IME」をクリックします。

手順 3. 「オプションの選択」が表示され、「トラブルシューティング」をクリックします。

手順 4. 「トラブルシューティング」が表示され、「詳細オプション」をクリックします。

手順 5. 「詳細オプション」が表示され、「システムの復元」をクリックします。

手順 6. 「システムの復元」が表示され、「Windows 10」または「Windows 11」をクリックします。

手順 7. 「システムファイルと設定の復元」が表示され、「次へ」をクリックします。「復元ポイント」一覧が表示されます。

復元ポイント

手順 8. 復元したい復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。「復元ポイント」 の詳細を確認して、「完了」をクリックします。

復元ポイントを選択

復元ポイントを確認

手順 9. 復元処理開始のため、最終確認メッセージが表示されます。「はい」をクリックします。

中断できません

手順 10. 復元処理が開始されます。長時間を必要としますのでしばらく待ちます。

手順 11. 処理終了後、システム復元完了のメッセージが表示されます。選択した「復元ポイント」に相違ないことを確認し、「再起動」をクリックします。

再起動

手順 12. PC が再起動し、サインイン画面が表示されます。パスワードまたは PIN コードを入力してサインインします。

手順 13. デスクトップ画面に「システムの復元は正常に完了しました。... 」のメッセージが表示されます。「閉じる」をクリックし、復元処理を終了します。

閉じる

Windows 10/11を復元するための一番簡単な方法

以上のリカバリUSBからWindows10/11を復元する方法は本当に面倒くさいし、行いにくいと思っていますよね。もし、復元しているときにミスが発生したら、データは紛失または損傷になるかもしれません。

でもAOMEI Backupper Professionalを使用するなら、そんな心配は必要ありません。ブータブルメディアを作成することができるし、ストレージデバイスとして、USBドライブだけでなくCD / DVDも使用できます。今すぐダウンロードし、インストールしましょう:

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

詳細については、読み続けてください。

手順 1. ブータブルメディアまたは、システムイメージが含まれているUSBドライブをコンピューターに接続します。パソコンを起動し、メーカーのロゴが表示されると、メーカーによって「DEL」など特定のキーを押し続けて、「BIOS」に入ります。「Boot」タブに移動し、接続されたドライブを最初に起動するドライブとして設定します。「F10」を押して設定を保存し、「BIOS」を終了します。

BIOS

手順 2. AOMEI Backupperのインターフェースが表示され、「復元」タブ→「イメージファイルを選択」をクリックします。

イメージファイルを選択

手順 4. 復元したいバックアップイメージを選択し、「次へ」をクリックします。

タスクを選択

手順 5. 「このシステムイメージを復元」または「システムイメージからパーテイションを復元」を選択し、「次へ」をクリックします。

設定を確認

手順 6. 復元先を選択し、「次へ」をクリックします。そして、「開始」をクリックして操作を実行します。

ターゲットを選択

開始

下部にある3つのオプションをクリック/チェックすれば、復元を設定することができます。
パーテイションを編集ターゲットディスクの容量がソースディスクより大きい場合、このオプションをクリックし、ターゲットディスクのパーティションのサイズを手動/自動で調整することができます。
SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDである場合、このオプションをチェックし、復元後、SSDの読み書き速度を向上させることができます。
ユニバーサル復元このオプションをチェックし、システムイメージを異なるハードウェアの別のPCに復元することができます。

それでは、わずか6つの手順でシステム復元を完成しました。複雑の操作はいらなく、初心者でも気軽に使えます。

まとめ

この記事では、リカバリディスクからWindows10/11を復元する方法を3つご紹介しました。最初の2つの方法はOS標準機能を使用してWindowsを復元しますが、ちょっと面倒くさいと思っているでしょうね。より簡単な方法を探している方には、3番目のAOMEI Backupperの復元機能を使用する方法をお勧めします。

AOMEI Backupperは復元に加えて、バックアップ、クローン、同期、ディスク消去など様々な機能を備えています。様々な面から、ユーザーのデータを守ることができます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速